更新日 2020年09月01日

結婚式のキャプテンが持っておきたい心構えとは?

結婚式のキャプテンが持っておきたい心構えとは?_サムネイル

1組の結婚式を創りあげるにはたくさんの役割のスタッフがいて、その中の1つにキャプテン=結婚式当日の現場責任者があります。キャプテンの主な業務は、新郎新婦の動きのサポートや、結婚式全体の進行管理、タイムコントロール、スタッフへの指示出しなどであり、結婚式を円滑に施行するうえでは欠かせない存在のうちの1人です。会社によっては、ディレクターと呼んだり、プランナーが当日のキャプテンを兼任する場合もあるでしょう。今回の記事では、結婚式場でキャプテンを担当するうえで持っておきたい心構えについて、まとめました。少しでも参考になると嬉しいです。

キャプテンの担当業務

結婚式が作られるまでの一般的な過程は、まずウェディングプランナーが新郎新婦と打ち合わせをし、進行や演出、アイテムなどを決めます。そして当日、決まった進行をもとにサービスキャプテンが現場を取り仕切り、進行の管理や新郎新婦のご案内をすることで、結婚式が施行されるのです。

具体的な業務としては次のようなことが挙げられます。

  • 新郎新婦の案内:当日の新郎新婦の動きを近くでサポート。
  • 進行の確認:一つ一つの進行内容は何が行われるのか?どんなアイテムを使用するのか?プレゼントなどはあるのか?誰が関わるのか?対象の相手は会場内にいるのか?などを把握
  • タイムコントロール:時間通りに進行がちゃんと進んでいるのか?その時間の使い方は最適なのか?常に時間の意識を持つことが重要
  • スタッフ間コミュニケーション:各セクションのスタッフとコミュニケーションをとり、ミスが起きないよう連携できているのか?思い込みが大きなミスを生んでしまうこともある
  • 料理コースの確認;料理コースの品数や、料理内容に合わせて、適切なタイミングで進行を提供できているのか?進行と料理がうまく合わさることで、良い空間の提供が可能。

これらはキャプテンの代表的な業務の一部で他にもたくさんありますし、会社によってキャプテンの役割の幅は異なると思いますが、上記5点については、キャプテンの共通の役割だと思います。

 

キャプテンが持っておきたい心構え

当日までに新郎新婦とプランナーが創りあげてきた結婚式を、実際にカタチにするのがキャプテンの役割です。結婚式当日の成功のカギを握る存在と言ってもよく、そこには大きな責任が伴います。このキャプテンの役割や責任をしっかりと果たすにあたり、持っておきたい心構えが2点あります。

1.プランナーと同じ情報量を持つ

繰り返しですが、新郎新婦とプランナーが創りあげてきた進行を、カタチにするのがキャプテンです。飲食店オーナーがプランナーだとするならば、店長がキャプテンといった関係です。実際に現場で指揮を執るのはキャプテンなので、なるべくプランナーと同じだけの情報量を持ったうえで、施行に臨むということが理想です。

もちろん毎回の打ち合わせを共にしている訳ではないので、まったく同じ情報量というには限界がありますが、当日の指示出しや、ハプニングが起きた時に何を軸に判断をするべきか?しっかりと理解するためにも、普段からなるべく多くのお客様情報に触れておくことが大切です。

例えば、お打ち合わせご来館された時や、事務所でのプランナーの会話、電話でのやりとりなど、情報が取得できる場面は多々あります。アサインのタイミングもあるので事前に担当するお客様を知っていることはあまりないと思いますが、1組1組のお客様に興味をもって多くの情報を手に入れる心構えを持っておきましょう。

2.各セクションとのコミュニケーションを密にする

1組の結婚式を施行するには、多くのスタッフが関わります。ウェディングプランナー、キャプテン、サービススタッフ、料飲スタッフ、パティシエ、司会、音響、照明、挙式スタッフ、聖歌隊、牧師、クローク、お出迎えスタッフ、ヘアメイク、アテンド、などなど。挙げるときりはありません。

特に現場で指揮をとるキャプテンと、各セクションとの間に生まれる瞬間的なコミュニケーションは、結婚式のクオリティにも大きく影響します。当日しか顔を合わさない方も多くいるので、可能な限り量と質を上げる意識を常に持ちましょう。

 

キャプテンの心構えについてまとめ

キャプテンは結婚式当日の作業リストをこなすだけの存在ではなく、あなたが関わる価値を提供することが重要だと思います。

その為に大切な心構えとして、

  • 1プランナーと同じ情報量を持つ
  • 2各セクションとのコミュニケーションを密にする

この2つを普段から意識していることで、当日の動きと、結果が大きく変わってくるのではないでしょうか。この記事をきっかけに、些細なお客様の情報にまで耳を傾けていただけるようになってくれると嬉しいです。

 

アバター

この記事を書いた人
BRIDAL BASE ライター

CATEGORY同じカテゴリーの記事