マーケティング戦略

結婚式場の商品は何か?

結婚式場の商品は何か?_サムネイル

ブライダル業界に携わる方にとって、今さら何を?というタイトルですが、結婚式場の商品は何でしょうか?特に新規営業をされている方にとって重要な内容になるわけですが、新規プランナーはお客様に対していったい何を売っているのでしょうか?この問いに対し、実は非常に多くの人が間違った認識を持っていると感じています。そこで、今回の記事では結婚式場の商品とは何か?について、あらためてまとめてみました。

続きを読む

新郎新婦が結婚式場を公平に比較できるようにするならコンペ形式が最適だと思う話

結婚式場選びの基準を整えてフェアに選んでもらうとしたら_サムネイル

カップルが結婚式場探しするとき、ほとんどの場合「比較」しますよね?あっちの結婚式場がいいかな、やっぱりこっちがいいかな、と。これはよくある光景なわけですが、普通比較するときって「比較する基準」が必要です。それがないと、比較してもどちらがいいかの結論が出ないからです。ただ結婚式場の比較をする場合、比較の基準が超絶難しいと思うんですよね。そこで、今回の記事ではユーザーが比較しやすくなるためにはどんな条件が必要なのか?結論はコンペ形式の方がいいのではないか?ということを記事にしてみました。

続きを読む

ある結婚式場が「ゼクシィ撤退」1年で結婚式売上を急回復できた理由

ある結婚式場が1年かからず脱ゼクシィできた話

※タイトルは釣りです、すみません。

結婚式場の集客が年々厳しくなってきていることはみなさんご承知の通り。特にゼクシィの費用対効果が厳しくなってきているものの、出稿を止めたときのリスクが怖すぎてどうしても脱ゼクシィに踏み切エれない会場も多いのではないでしょうか?今回の記事はブライダル業界の実際の事例ではなく、他の業界での似たような事例の記事が紹介されていたので、それがきっかけで書いた記事です。強力な集客経路に依存している状態からいかにして抜け出すか、そんなヒントになると嬉しいです。

続きを読む

「ブライダル業界の知恵袋式」新規事業発想法

ブライダル業界の知恵袋式の新規事業発想法_サムネイル

最近ブログカテゴリの記事投稿が多めになってしまっていますが、これまで「もしブライダル業界に●●があったら?」という内容や私が空想で書いた事業企画の記事などもけっこう書いてきました。そこで、今回の記事ではどういうきっかけでそういったアイディアが思い浮かぶのか、新規事業を始めようとした場合に最低限考えなければいけないことは何か?ということをまとめました。新規事業企画の担当者や、新しいことを始めたいと思うけどどうやって考えたらいいのかわからず悩んでいる方などの参考になればと思います。

続きを読む

価値観が多様化するこれからの時代でブライダルメディアに求められること

これからのブライダルメディアに求められる多様性_サムネイル

先日、ご縁があってIWAI OMOTESANDOを見学させていただく機会がありまして、会場のハードの要素もさることながら、そこ込められた意味やコンセプトもとても大切にされていて、とても衝撃を受けた時間でした。率直な感想としてはこういった価値観を持った人たちや会場がもっと世の中に広まるといいなと思ったのですが、逆に今の業界でこの会場の想いをどうやったらユーザーに広く深く伝えることができるのか?とも思ったんですよね。そこで、今回の記事ではこれからのブライダルメディアと結婚式場に求められることを、個人の視点でまとめてみました。雑記ブログです。

続きを読む

訳アリ施行枠を特別価格で販売する「結婚式のアウトレットモール」を作れないか?

もし結婚式のアウトレットモールを作るとしたら_サムネイル

最近よく「アウトレット」と見かける方も多いのではないでしょうか?一般的には余った在庫や訳アリ商品を格安で購入できるショップをイメージするでしょう。東京近郊だと三井アウトレットパークや御殿場プレミアムアウトレットなどが有名ですね。アウトレットには粗悪なものだけではなく、国内外の高級ブランド品などが売っていることもあり、人気は高いと言えます。さて、今回の記事では「結婚式特化型」のアウトレットは作れないか?という観点で考えてみました。

続きを読む

結婚式場の集客に広告宣伝費はどこまで突っ込んだらいいのか?

結婚式場の広告宣伝費はどこまで突っ込んでいいのか_サムネイル

ゼクシィの掲載費が高すぎる、ハナユメの手数料が高すぎる、広告宣伝費が多すぎる…、こういった悩みを抱えている結婚式場は多いと思います。その一方、広告宣伝費を削りすぎてもし来館がなくなってしまったらどうしよう…、という不安も同時にあり、何とか抑えたいと思うけど、どこまでどうやって出稿をコントロールしたらいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、今回の記事では結婚式場の広告宣伝費は何を基準にどこまで突っ込んだらいいのかについて、その考え方をまとめました。ブライダル経営者や式場責任者の方にとって参考になればと思います。

続きを読む

【プレスリリース考察】maricuruが結婚式場経営者・企画担当者向けオウンドメディア「maricuruブライダル塾」を新たに開始!

【プレスリリース考察】maricuruが結婚式場経営者向けオウンドメディアをオープン_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/18に出た「日本最大級の花嫁クチコミコミュニティ「maricuru」、結婚式場経営者・企画担当者向けオウンドメディア「maricuruブライダル塾」を新たに開始!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

続きを読む

【プレスリリース考察】ワタベウェディングが「結婚式準備.com」をオープン

【プレスリリース考察】ワタベウェディングが結婚式準備ドットコムをオープン_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/20に出た「会場選びからDIYまで、結婚式の準備に関するノウハウを網羅!結婚式準備専門情報サイト『結婚式準備.com』6月20日(木)オープン」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

続きを読む

CRAZYの事業展開に見る、今後ブライダル業界でシェアを取るため戦略とは?

CRAZYの事業展開に見るシェア拡大戦略とは

ブライダル業界はトップシェアの企業でもシェアは10%に満たず、市場規模がそれなりに大きい割には数多くの会社がシェアを奪い合っているという構図です。会場を建設するのに初期投資がかかる、会場を作っても土日祝日しか基本的に稼働しない、などいくつか理由があるのですが、同規模の他の業界と違い圧倒的なシェアを持つ会社が現時点でいないことは事実です(ゼクシィは除く)。ただ、CRAZY(プロデュース)がIWAI OMTESANDO(結婚式場)を出店したのをきっかけに、今後これまでの戦い方から大きな変化が起こるのではないかと思っています。そこで、今回の記事ではブライダル業界で今後シェアを取っていくために必要な戦略についてまとめました。経営企画など事業戦略に携わる方だけでなく、ブライダル業界で働く方にとって参考になればと思います。

続きを読む