業績予測

結婚式場の商品は何か?

結婚式場の商品は何か?_サムネイル

ブライダル業界に携わる方にとって、今さら何を?というタイトルですが、結婚式場の商品は何でしょうか?特に新規営業をされている方にとって重要な内容になるわけですが、新規プランナーはお客様に対していったい何を売っているのでしょうか?この問いに対し、実は非常に多くの人が間違った認識を持っていると感じています。そこで、今回の記事では結婚式場の商品とは何か?について、あらためてまとめてみました。

続きを読む

【ブライダル】新規接客のアサイン順序を決める時の考え方

新規アサインルールを決める時のポイント

結婚式場の新規のアサインは支配人やマネージャの方がされていることが多いと思いますが、目の前の接客の成約、長期的な視点でのプランナーの育成、あと1組でこのメンバーは目標達成だ!といった局所的な事情など、様々な状況を考慮しつつ決めていかなければいけません。そういった意味で難易度が高いうえに、中途半端であいまいな基準のアサインを繰り返すとメンバーの不信感にもつながってしまうので、なかなかうまく回せていないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回の記事では新規接客のアサインの考え方についてまとめました。新規マネージャや支配人の方にとって参考になればと思います。

続きを読む

結婚式場集客の適切な広告評価の方法とは?アトリビューション分析は可能?

結婚式場集客のアトリビューション分析は可能か

結婚式場集客においてユーザーが見学予約にたどり着くまでのルートは非常に複雑で、複数の広告媒体やSNS、卒花ブログなど様々な情報を照らし合わせながら検討しています。また結婚式場側も、複数のブライダル媒体に出稿して、公式ホームページも持ち、SNSアカウントも運用するなど多面的な集客施策を実施している会社がほとんどだと言えるでしょう。このように複数の施策を同時に展開することで幅広い属性のユーザーにアプローチすることができ、集客力を高めることができるわけですが、一方でどの媒体やホームページがどれくらい集客に貢献しているのか、どのように評価したらよいか難しいと感じている方も多いと思います。そこで、今回の記事では結婚式場集客の評価の方法やアトリビューション分析の可能性についてまとめました。集客担当者やIT担当者などにとって参考になればと思います。

続きを読む

業績やKPIなど「会社の数字」を見るときに持つべき大切な視点とは?

業績管理に必要な視点

営利企業であれば業績や会社の数字をしっかり把握することは経営層に限らず中間管理職や一般社員にとっても大切なことです。ただ、いくつものエクセルをつなぎ合わせたシートを使わなければならず数値を集計することが大変すぎる、KPIがたくさんありすぎてどれを意識して振り返ればいいかよくわからない、といったことはないでしょうか?業績管理は誤った方法で精緻化すると工数も跳ね上がりますし、数値だけが一人歩きして見ることに意味をなさなくなってしまうこともあります。そこで、今回の記事では業績管理をするときに陥りやすい注意点とその対策についてまとめました。経営企画部門の担当者や業績責任を追っている施設責任者などにとって参考になればと思います。

続きを読む

結婚式場運営に適した顧客管理システムの要件をまとめてみた

結婚式場のスムーズな運営のための顧客管理システムの要件とは

ブライダル業界はどちらかといえばアナログな業界ですが、今でも紙台帳や紙のファイルを使って顧客情報を管理している会社は情報管理の面でも業務効率の面でも時代遅れになっていると言えます。もしそうであるなら、早めにシステムを入れて結婚式場オペレーションの効率化、分析業務の効率化を図っていかなければいけません。ただ、一言で顧客管理システムといっても種類やツールはたくさんあり、どのような機能を持つシステムを導入するのが自社にとって最適なのか、判断が難しいケースも多いと思います。そこで、今回の記事では結婚式場運営に適した顧客管理システムの要件をまとめました。システム担当者や業務効率を改善したい現場責任者の方などにとって参考になればと思います。

続きを読む

管理・運用しやすさ抜群!広告宣伝費予算フォーマットの作り方

広告宣伝費予算フォーマットの作り方

3月末決算の会社では、そろそろ翌期の予算策定が始まる会社も多いのではないでしょうか。予算をどのように策定するかはその後の年間の事業運営に大きな影響を及ぼすだけでなく、評価や採用など多くのことに影響してきますので、誰にとってもわかりやすく、扱いやすく、理解しやすい予算を作ることが重要です。今回の記事では、マーケティング部門が担うことがほとんどの広告宣伝費予算のフォーマットの作り方を紹介します。正しいフォーマットで作成することで、事業の透明性や業務の生産性を高めることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

【保存版】明日から使える!結婚式場の予算の作り方

結婚式場の予算の作り方

結婚式場の経営者や運営者、または経営企画の担当者は毎年予算を作っていると思います。特に上場企業では予算と決算の公表が義務付けられていますし、株主期待を裏切らないためにも精度の高い予算策定が求められます。高い目標を掲げて気合と根性と営業力で押し通すような会社もありますが、本来予算とはその数値に基づいて一つ一つの意思決定がなされていく基準となる数値であり、サービス提供を受けるユーザーに対してはもちろん、働く社員や様々なステークホルダーに対して真摯に正確に作られるべきものだと思います。ただ、正確に作るにも意外と大変なのでどんぶりで作っている会社も多いようです。そこで、今回の記事では具体的な予算フォーマットを作りながら、結婚式場の予算を作るときのポイントについてまとめてみます(今回の記事の対象はPLすべてではなく売上予算まで、です。)。

続きを読む

【ブライダル】新規接客時の値引きロジックの作り方

【ブライダル】新規接客時の値引きロジック

結婚式場で新規接客しているときの値引きってどうやっていつも決めていますか?一定のルールに沿って決めている、その場の成約取れそうかの雰囲気で決めている、承認制にして都度申請している、月末の目標達成間近になってくると少しずつ値引増える、などなど、その決定や管理の方法は会場によって様々なのではないかと思います。一般的に「値引きが増えると成約率が上がって単価が下がる」、逆に「値引きを絞ると成約率は下がるが単価は上がる」傾向にありますが、いくらの値引きにすると結局売上が最大になるのか、という問いに対して自信を持って答えられるブライダル責任者は少ないのではないでしょうか?そこで、今回の記事では、売上最大化を目的とした際の、値引きを決めるロジックについてまとめてみようと思います。

続きを読む

打合せ担当のウェディングプランナーは、どんな基準で評価を行うべきか?

打合せプランナーの評価基準

打合せウェディングプランナーの公平な評価が難しい、と感じている経営者や人事担当者は意外と多いのではないでしょうか。新規ウェディングプランナー(お客様の初回来館から成約までの対応を主業務とするプランナーのこと)は業務実態がほぼ営業と言えるので、異業種同様に成約数や成約率などの営業成績で評価してもおおむね問題ないと思いますし、多くの企業がそのように設定していると思います。一方、打合せプランナーは営業の要素もありつつ顧客満足度の指標もある、なおかつ新規の影響も受けやすい、こういったところが難しいと言われている理由ではないかと思います。そこで今回の記事では、打合せの評価で使える「売上予測達成率」という指標について書いてみたいと思います。業界的にはあまり一般的ではないかもしれませんが、少しでも参考になればと思います。

続きを読む

営業~売上までの期間が長い業界で正確に業績予測する方法

業績管理ツール

ブライダル業界をはじめ、人材紹介業、不動産業界など、営業活動を行ってから売上が計上されるまでの期間が長い業界では、その期間をきちんと考慮した業績予測を行わないといけません。特に上場企業では年次予算を公表していますから、それに対する進捗はできるだけ正確に把握しておきたいものです。今回は、いつの営業活動の成果が、いつの売上となるのか、その関係性を考慮した業績の予測ツールについて、ブライダル業界を例に書いていきます。ちなみに、「結婚式場運営者」の視点での記事になります。

続きを読む