集客

結婚式場に直近希望者を集客するための方法まとめ

結婚式場で直近希望者を集客するための方法_サムネイル

3月末決算の会社では10月から下期に入りました。そろそろ今期業績の着地見込みも見えてくるころですが、最後の追い込みをかけたい会社もまだ多いのではないでしょうか?このタイミングから今期の業績をもうひと伸びさせるには今期での結婚式を希望するお客様の来館数を増やすか成約率を上げるかのどちらかが必要です。そこで、今回の記事ではこのうちの来館にフォーカスし、直近希望者を呼び込むための集客方法をまとめました。

続きを読む

結婚式のオペレーションに使えるかも?な便利ツールまとめ

結婚式のオペレーションで使えそうな便利ツールまとめ_サムネイル

近年では様々なツールやサービスが誕生しています。ブライダル業界でも業務生産性の向上やKPIの改善に課題を持っている会社は多いと思いますが、その一方で次から次へと出てくる新サービスをどのように取り入れたらよいのか、悩んでしまう方も多いと思います。そこで、今回の記事では結婚式場の各ユーザーフェーズのオペレーションごとに、取り入れられる可能性がありそうなツールをご紹介します。この記事が検討のきっかけになるとうれしいです。

続きを読む

ブライダル業界で働く人のためのよくわかる「ウェブマーケティング」講座

ブライダル業界で働く人のためのよくわかるウェブマーケティング_サムネイル

ゼクシィ一辺倒だった結婚式場集客の時代も終わり、特にここ10年はウェブを使ったマーケティングの優劣で結婚式場集客の勝敗が決まっていると言っても過言ではありません。しかし、ウェブマーケティングと一言に言ってもその定義は幅広く、何を、どこから、どのように取り組んでいけばよいのかわからない人も多いのではないでしょうか?そこで、今回の記事ではブライダル業界におけるウェブマーケティングの導入のきっかけにするべく、その概要と活用方法をウェブ広告運用を中心にまとめてみました。ウェブマーケに取り組みたいけど一歩目が踏み出せない方や、いろいろ試しているがうまくいっていない方などの参考になればと思います。

続きを読む

新郎新婦が結婚式場を公平に比較できるようにするならコンペ形式が最適だと思う話

結婚式場選びの基準を整えてフェアに選んでもらうとしたら_サムネイル

カップルが結婚式場探しするとき、ほとんどの場合「比較」しますよね?あっちの結婚式場がいいかな、やっぱりこっちがいいかな、と。これはよくある光景なわけですが、普通比較するときって「比較する基準」が必要です。それがないと、比較してもどちらがいいかの結論が出ないからです。ただ結婚式場の比較をする場合、比較の基準が超絶難しいと思うんですよね。そこで、今回の記事ではユーザーが比較しやすくなるためにはどんな条件が必要なのか?結論はコンペ形式の方がいいのではないか?ということを記事にしてみました。

続きを読む

ある結婚式場が「ゼクシィ撤退」1年で結婚式売上を急回復できた理由

ある結婚式場が1年かからず脱ゼクシィできた話

※タイトルは釣りです、すみません。

結婚式場の集客が年々厳しくなってきていることはみなさんご承知の通り。特にゼクシィの費用対効果が厳しくなってきているものの、出稿を止めたときのリスクが怖すぎてどうしても脱ゼクシィに踏み切エれない会場も多いのではないでしょうか?今回の記事はブライダル業界の実際の事例ではなく、他の業界での似たような事例の記事が紹介されていたので、それがきっかけで書いた記事です。強力な集客経路に依存している状態からいかにして抜け出すか、そんなヒントになると嬉しいです。

続きを読む

【プレスリリース考察】「ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西」を9/14(土)・15(日)大阪国際会議場で開催

【プレスリリース考察】「ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西」を914(土)・15(日)大阪国際会議場で開催_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、8/30に出た「人気式場が大集結!「ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西」を9/14(土)・15(日)大阪国際会議場で開催」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

続きを読む

価値観が多様化するこれからの時代でブライダルメディアに求められること

これからのブライダルメディアに求められる多様性_サムネイル

先日、ご縁があってIWAI OMOTESANDOを見学させていただく機会がありまして、会場のハードの要素もさることながら、そこ込められた意味やコンセプトもとても大切にされていて、とても衝撃を受けた時間でした。率直な感想としてはこういった価値観を持った人たちや会場がもっと世の中に広まるといいなと思ったのですが、逆に今の業界でこの会場の想いをどうやったらユーザーに広く深く伝えることができるのか?とも思ったんですよね。そこで、今回の記事ではこれからのブライダルメディアと結婚式場に求められることを、個人の視点でまとめてみました。雑記ブログです。

続きを読む

もしブライダル版のトリバゴを作るとしたらどうなる?

ブライダル版のトリバゴを作るとしたら_サムネイル

突然ですが、トリバゴというサービスをご存知ですか?トリバゴとは、さまざまなオンライン予約サイトが提供する宿泊施設の料金プランの料金比較検索サイトで、どのサイトから予約をすると一番お得になるのかが一目でわかる便利なサービスです。ちょっと前に独特なCMで話題にもなったこのサービスですが、実はブライダルでも同じような仕組みがあると便利なのでは?と思ったので、今回の記事ではもしブライダル業界でトリバゴのようなサービスを実現するとしたらどのようなモデルになるのか?ユーザーにとってどんなメリットがあるのかを考えてみました。

続きを読む

【プレスリリース考察】茂木商事が2019年8月1日「Wedding table(ウェディングテーブル)新潟」をオープン

【プレスリリース考察】茂木商事が結婚式場紹介サービスをオープン

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、8/1出た「【結婚式場探しの手間を省く!結婚式場紹介サービスが誕生!~結婚式場探しと一緒に衣裳選びもできる~ 2019年8月1日「Wedding table(ウェディングテーブル)新潟」オープン」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

続きを読む

結婚式場ホームページはどのようにつくっている?ブライダル大手9社のサイト構造を比較してみた

ブライダル大手9社の会場ホームページの構造を比較してみた_サムネイル

突然ですが、複数の結婚式場を経営している会社で働くあなたに質問です。自社の会場ホームページがどういう構造で作られているかご存知ですか?サイトのデザインや作り、写真素材などには皆さんこだわるのですが、サイトそのものの構造についてはあまりこだわっている方は多くないというのが私の印象です。そこで、今回の記事では、大手結婚式場運営企業がどのように結婚式場ホームページを作っているかを調べてみました。各社に違いがあって面白い内容になっています。

続きを読む