更新日 2020年05月22日

独立型チャペル

独立型チャペル

チャペルの種類のひとつ。パーティ会場やその他の施設とは別の建物として存在し、建物がチャペルのみの場合を指す。地方の会場はほとんどこのタイプが多く、広い敷地を持っている会場にとってはスタンダード。会場敷地の平均が狭い都心では価値ある条件となる。独立型であることにより、特別感や本格的な式の雰囲気などを醸成しやすい。“教会”に親しみのあるひとにとっては逆に結婚式会場内の一室が“チャペル”となっていることに違和感を感じることも少なくない。
 
ブライダル用語集
 
 
 
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。