【プレスリリース考察】ゼクシィが結婚トレンド調査2019を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、10/29に出た「ゼクシィ 結婚トレンド調査2019」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。


プレスリリースの概要

発信者 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
配信日時 2019年10月29日 15時56分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000281.000025184.html
タイトル ゼクシィ 結婚トレンド調査2019

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが企画運営する結婚情報誌『ゼクシィ』では、新婚カップルの結婚スタイルについて詳細に把握するために、毎年「結婚トレンド調査」を実施しています。1994年に首都圏で開始した調査は、年々調査地域を拡大し、現在では北海道、青森・秋田・岩手、宮城・山形、福島、茨城・栃木・群馬、首都圏、新潟、長野・山梨、富山・石川・福井、静岡、東海、関西、岡山・広島・山口・鳥取・島根、四国、九州の15地域による全国規模の調査を実施しています。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

<挙式、披露宴・披露パーティに関する費用>

挙式、披露宴・披露パーティ総額は354.9万円。招待客1人あたりの費用は年々増加し、招待客に対するおもてなし志向が強まっている。
●挙式、披露宴・披露パーティ総額は354.9万円。
●披露宴・披露パーティの招待客人数は66.3人で、減少傾向。
●招待客1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用は6.8万円、1人あたりの料理+飲み物費用の合計は19.0千円で、ともに年々増加傾向。
●ご祝儀総額は224.3万円で、挙式、披露宴・披露パーティにおけるカップルの自己負担額は149.5万円。
●挙式、披露宴・披露パーティの費用として、親・親族からの援助があった人は72.0%。
援助総額は167.8万円。

<結婚式の捉え方の変化>

結婚式は“列席者に感謝を伝える場”としてはもちろん、“人生を振り返り、生き方を
再認識する場”として捉えられ始めている。

●結婚式に対する考え方<結婚式は列席者に感謝の気持ちを伝える場だ>と思う割合は93.3%で、2013年調査以降9割以上で推移。
●結婚式に対する考え方<結婚式は人生を振り返り、自分の生き方を再認識する場だ>と思う割合は67.6%で、2015年調査から3.7ポイント増加し、6割以上で推移。特に、妻の年齢が29歳以下は、30歳以上を上回り、約7割を占める。
<準備から当日を通じて親がうれしそうにしていたこと>
親が喜ぶポイントに変化の兆し。“結婚式の準備に直接関わること”が減少し、
“新郎・新婦の様子を通じて成長した姿を見守ること”が増加しつつある。

●結婚式の準備から当日を通じて親がうれしそうにしていたことにおいて、2013年調査から増加した項目は、「当日に向けて、自分がきれいになっていく姿を見せることができたこと」(5.2ポイント増)、「社会人として成長した自分を見てもらえたこと」(4.5ポイント増)など。
●一方、減少した項目は、「引出物を一緒に考え、選んだこと」(8.8ポイント減)、「ドレス・衣裳を親と一緒に選んだこと」(8.5ポイント減)など。

◆出版・印刷物へデータを転載する際には、“ゼクシィ 結婚トレンド調査2019 調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。
◆「結婚トレンド調査2019」の詳細は、弊社『ブライダル総研』サイト(http://bridal-souken.net/)より、ダウンロードいただけます。

—ここまでリリースから抜粋—

調査概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

ゼクシィの結婚トレンド調査2019のリリースについて考察

と、上記のように調査結果を公開しました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

ゼクシィの結婚トレンド調査とは?

言わずと知れたブライダル業界の統計データまとめ資料ですね。業界内で働いている人はもちろん、異業界の方やブライダル向けのアフィリエイターまで、幅広い人が参考にしているデータ集です。

  1. 仲人、結納・両家の顔合わせ、菓子まき・菓子配りについて
  2. 婚約記念品について
  3. 結婚指輪について
  4. 挙式会場・挙式形式について
  5. 披露宴・披露パーティ会場、披露宴・披露パーティ形式について
  6. 挙式、披露宴・披露パーティの費用
  7. 挙式、披露宴・披露パーティの演出について
  8. 衣裳について
  9. 結婚準備における美容ケア、ブライダルエステについて
  10. ギフトについて
  11. ブーケ、押し花、ドライ加工、会場装花について
  12. 招待状などのペーパーアイテムについて
  13. 写真撮影について
  14. ビデオ撮影について
  15. 二次会について
  16. 新婚旅行について
  17. 夫や妻自身、親の関与状況
  18. 結婚式やコミュニティに対する考え方、行動

掲載コンテンツ内容は、全データ版の場合だと上記の通りで、それぞれの質問に対するユーザーの回答結果、ならびに過去結果との比較が掲載されています。直近のユーザートレンドがわかるだけではなく、過去から現在までの変化を見られるので、非常に参考になります。

このアンケート結果の効用

トレンド調査2019を見てどんなことがポイントだと思うかについては別の記事でまとめようと思いますが、このトレンド調査を結婚式場運営者にとってどのように活用できるかについて簡単にまとめてみます。

  • ウェブコンテンツの引用として使える
    結婚トレンド調査はウェブ上での引用を許可しています(ただし、必ず「ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ」と記載すること)。特にコンテンツマーケティングなどに取り組んでいる場合、ブライダル業界だと統計データが極めて少ないので、こういった信用できるデータからこの記事を書いています、と言えることは非常にありがたいです。
  • 営業の時のエビデンスとして使える
    新規営業や打合せで商品提案などをしているときに、地域や全国の平均だとどういうアイテムが選ばれているのか?予算をいくらくらいかけているのか?という客観的な事実は強みになることも多いです。ゼクシィ本誌でもそういった特集が組まれていることはありますが、そういった使い方もできます。
  • 企画をするときのマーケットトレンドをつかむために使える
    新記事業やサービスの立上げを考えるときに、直接ユーザーヒアリングをすることも可能ですが、時間も工数もかかるのでまずは全体感を把握して仮説を立てることから始めることが多いでしょう。そういった場合にも使えるので便利です。

 

ゼクシィの結婚トレンド調査2019のリリースについてまとめ

毎年出している調査結果ですが、ようやく2019も出てきましたね。知っておくと業務でも使えることが多いので、ぜひ活用してみてください。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」配信中!

メールマガジン「ブライダル業界の”裏”知恵袋」では、毎回1つのテーマやトピックについてブログでは書けない内容をより深く・本音でお送りしています。

メルマガの講読は完全無料で、毎週配信しております。

  • 新しい角度からブライダル業界について見てみたい
  • ブライダル業界について深く学びたい
  • アナロジーにについて知りたい

などの方は、ぜひご購読ください。

 


無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*