更新日 2019年12月01日

【プレスリリース考察】入場無料・予約不要!ゼクシィフェスタ首都圏 開催決定

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、11/22に出た「入場無料・予約不要!首都圏の人気式場が大集合♪ ゼクシィフェスタ首都圏 開催決定」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
配信日時 2019年11月22日 12時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000280.000025184.html
タイトル 入場無料・予約不要!首都圏の人気式場が大集合♪ ゼクシィフェスタ首都圏 開催決定

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが企画制作を行う結婚情報サービス『ゼクシィ』は、「ゼクシィフェスタ首都圏」を2020年2月15日(土)・16日(日)の2日間、渋谷ヒカリエの「ヒカリエホール」で開催します。
「ゼクシィフェスタ首都圏」は、首都圏の人気結婚式会場が多数出展し、1日で効率よく結婚式会場を検討でき、「ぴったりの結婚式が見つかる!選べる!」イベントです。また、おしゃれな最新ドレスはもちろん、艶やかな和装もたくさん登場するウエディングドレスショーも見どころとなっています。他にも、結婚式を控えたカップルさんに好評のDIY体験やジュエリー試着、結婚準備の段取りをゼクシィがお伝えする結婚準備ダンドリセミナーなど結婚準備に役立つコンテンツも充実。来場者へのプレゼントもたくさんあり、結婚が決まった方々には、いいとこ尽くしのイベントです。本イベントは入場無料・予約不要となっており、カップルでも友だち同士でも、お気軽に来場いただけます。
■ゼクシィフェスタ首都圏のみどころ
【結婚式のイメージがつかめる!】

人気ショップのドレスが数多く登場するウエディングドレスショーでは、各ドレスが間近で見られるので、その魅力を存分にチェックいただけます。また、ドレスだけでなく和装も登場するので、そちらにもご注目ください。ヘアスタイルやアクセサリーのコーディネートも見どころです。ドレス展示やアイテム展示、ジュエリー試着もあり、ご自身の結婚式のイメージ作りに役立つコンテンツとなっています。
「ふたりで予定を合わせるのが大変で、なかなかブライダルフェアにいけない…。」ゼクシィフェスタは、そんな方の強い味方です。首都圏の人気の結婚式・披露宴会場が多数出展し、会場のスタッフに直接、プランや見積もりの相談ができるので、1日で会場の検討が一気に進みます。
【人気のDIYやセミナーが楽しめる!】
結婚式にも使えるキュートな手作りアイテムコーナーは、花嫁さんに人気のコーナーです。ゼクシィによる結婚準備ダンドリセミナーでは、これから結婚準備を始める方のために、結婚準備にかかるお金の話、なにをどんなスケジュールで検討するのか等を徹底レクチャーします。来場者に大好評のコンテンツです。
▼ゼクシィフェスタ首都圏の詳細はこちら https://zexy.net/xy/fessk/
■イベント概要(入場無料・予約不要・入退場自由)
●日時   2020年2月15日(土)10:00~18:00 / 16日(日) 10:00~17:00
●場所   渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール
●アクセス 「渋谷駅」15番出口直結 (東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線)、「渋谷駅」2階連絡通路で直結 (JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線)
※ ペットの入場はお断りいたします。
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

ゼクシィの首都圏イベントのリリースについて考察

と、上記のようにイベントを開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

イベントの概要と目的

数年前までゼクシィは首都圏ではイベントを開催していませんでしたが、最近ではプチフェスタを含めてかなりの頻度で開催するようになってきていますね。それなりの規模のイベントを開催するための箱代やイベントスタッフなど運営にかかるコスト、交通広告など集客にかかるコスト単価が他地域よりも大きく採算が見合わあいからじゃないかなぁとは思っていましたが、だいぶ手ごたえをつかんできているのだと思います。
さて、主催者のゼクシィは媒体なので、ゼクシィがイベントに新郎新婦を集客し、そこにブース出展した結婚式場が接客して来館予約を獲得する、これが基本フローになります。主催者側はブース出展料+このイベント経由で成約したカップルの成功報酬が売上になり、結婚式場側はかかるコストと獲得できる来館予約が見合えば成功となる、というモデルですね。

東京エリアのブライダルイベント状況

このブログで紹介しているのはプレスリリースが出されているものだけですが、他にもmarryやプラコレなどのメディアを見ていると、リリースは出していないが開催されているイベント(もしかすると単にイベントやフェスという名称を付けているだけのただの来館予約かもしれないですが…)もかなりの数あります。
東京に限っても大規模のものから小規模のものまで、少なくとも月に1回、多いと月に数回は開催されているでしょう。そのくらい、「ブライダルイベント」、「ブライダルフェス」という単語は一般化してきてしまっています(悪い意味で)。かつてブライダルフェアという催しが特別だった時代もありましたが、みんなそれを使うようになった結果、今はほぼ毎日開催されるようになってしまいましたよね。
さすがにイベントやフェスという単語は他の業界でもよく使われるので毎日イベント開催中とかにはならないとは思いますが(ただ、パチンコ屋とかは毎日イベント実施中!とかよく言ってますけどね…)、これまでよりはイベントを開催しても集客力は落ちていくんじゃないかなと思います。
 

ゼクシィの首都圏イベントののリリースについてまとめ

先日書いた別のリリース記事でもあるのですが、ゼクシィ首都圏イベントの翌週は名古屋のイベントなんですよね。今年の秋はハナユメも3か月連続でイベント開催していましたし、ブライダル媒体社はイベントに力を入れてきているように思いますね。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事