更新日 2020年05月19日

【プレスリリース考察】ウエディングパークが「#ミライケッコンシキ」をスタート

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、5/18に出た「「結婚あした研究所 by Wedding Park」結婚式場などブライダル企業の新たなチャレンジをオンライン取材し応援する新企画「#ミライケッコンシキ」をスタート」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社ウエディングパーク
配信日時 2020年5月18日 11時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000192.000019494.html
タイトル 「結婚あした研究所 by Wedding Park」結婚式場などブライダル企業の新たなチャレンジをオンライン取材し応援する新企画「#ミライケッコンシキ」をスタート

株式会社ウエディングパークは、自社が運営する、結婚の“今”と“未来”を考えるメディア「結婚あした研究所 by Wedding Park」にて、新企画「#ミライケッコンシキ-ミライの結婚式のためにイマ私たちができること-」をスタートいたします。この企画では、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言等の影響を受け、様々な変化が求められる今、新たな取り組みにチャレンジしている結婚式場をはじめとするブライダル企業の方々をオンラインで取材し、「結婚あした研究所」内で紹介、6月上旬より情報発信をしてまいります。
https://kekkon-ashita.weddingpark.co.jp/970
■スタートの経緯
今、新型コロナウイルス感染拡大により世の中が大きく変わろうとしています。
働き方、遊び方、お金の使い方など、個人の価値観が変化し、それに伴って様々なサービスがアップデートされるなか、これからウエディング業界にも変化が生まれていくことは想像に難くありません。
未来の結婚式はどうなっていくのでしょうか。
その答えはまだ誰にもわかりません。
未来が見えないから、不安に思われている方もいるかもしれません。
これからも、カップルに幸せな結婚式を提供し続けていくために、変わりゆく世の中の価値観に耳を澄ませ、自分たち自身をアップデートしていくために、業界全体で「未来の結婚式」について、考え、語り、発信していくことが大切なのではないか、それをやるべきなのは「結婚あした研究所」なのでは、との想いから#ミライケッコンシキ の企画に辿り着きました。
ウエディングパークには「結婚を、もっと幸せにしよう。」という経営理念があります。
それは、結婚に関わるすべての人が最高に幸せを感じる瞬間を創るために新しい価値を提供するということ。
結婚式をしたいと願う人たちが、幸せな結婚式を挙げられるように、
結婚式をサポートする全ての人たちを応援していきたい。
オンラインで取材し、情報発信していくことで、ブライダル業界の皆様と一緒に結婚式の未来をつくっていきたいと考えています。
ウエディングパークは、ブライダル業界のインターネットリーディングカンパニーとして、さらなるサービスの向上に努めてまいります。
【結婚の今と未来を考えるメディア「結婚あした研究所 by Wedding Park」】
https://kekkon-ashita.weddingpark.co.jp/
「結婚を、もっと幸せにしよう。」という経営理念に基づき、 2012年からスタートした様々な調査や、実際のカップル・専門家・企業などへの取材を通して 結婚の“今”と“未来”について考えるきっかけとなる多様な情報を提供しているメディアです。
公式Twitter:@kekkon_ashita(https://twitter.com/kekkon_ashita
公式Instagram:@kekkon_ashita(https://www.instagram.com/kekkon_ashita/
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

ウエディングパークが「#ミライケッコンシキ」をスタートのリリースについて考察

と、上記のような企画をスタートします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

企画の概要と目的

もともとウエディングパークが運営していたメディア「結婚あした研究所」の中で、ブライダル業界で働く人へのオンライン取材のレポートを今後公開していきますよという企画で、背景はリリースに書いてある通りです。
メディア自体はC向けの記事とB向けの記事が両方あるので(だと思う…、違ったらすみません)、どういったスタンスの取材コンテンツになるのかちょっと予想がつかないですね。また、このサイト自体もマネタイズの導線が見つからないので(アドセンスもなく、目立ったサービスサイト導線などもなく…)、広報活動の一環として運営されているものなのかなとは思います。ちょっとわからないです。

ブライダル業界のB向けの認知獲得の方法

ブライダル業界のB向けの認知獲得って意外と難しいなと思っています。画一的に届ける方法が意外と少ないんですよね。
業界紙であれば、ブライダル産業新聞、ウェディングジャーナル、プロフェッショナルウェディング、ホテレス、などがあるので、そこに取材を掲載しって記事掲載してもらうまたは広告を掲載する、それかブライダル産業フェアに出展するのが王道かなと思います。それ以外に何か認知取りたいときはプレスリリースを出すなどですよね。
当社もコンサルティング、HRサービスともにブライダル業界のB向けサービスを運営しているのでリードの獲得は必要になるのですが、個人的にはB向けSEOはそんなにプレーヤーいないんじゃないかなと思っています(ただボリュームもそんなにないけど…)。先ほど書いたように雑誌やイベントなどオフラインでの認知獲得が主なので、それならオンラインで攻めてみようという背景からこのブログを書いています。
今回のメディアの内容を見ると結構B向けの記事もあるので他サイトも含めて私が知らないだけかも知れませんが、ノウハウとかもっと情報が世の中に出てきてもいいような気はしています。
 

ウエディングパークが「#ミライケッコンシキ」をスタートのリリースについてまとめ

後半はリリース内容とはあまり関係ない話になってしまいましたが、業界内の情報が広く公開されていくことは長期的にはいいことなんじゃないかなと思います。実際に記事がアップされ始めるのがいつからかはわからないですが、出たらまた読みに行きたいです。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事