【プレスリリース考察】ウエディングパークが「360°バナー広告」の販売を業界初でスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】ウエディングパークが360バナー広告スタート

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、5/21に出た「全方位をワンショットで撮影できる「RICOH THETA(リコーシータ)」を活用したディスプレイ広告「360°バナー広告」の販売を業界初でスタート」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社ウエディングパーク
配信日時 2019年5月21日 11時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000019494.html
タイトル 全方位をワンショットで撮影できる「RICOH THETA(リコーシータ)」を活用したディスプレイ広告「360°バナー広告」の販売を業界初でスタート

株式会社ウエディングパークが、株式会社リコー協力のもと、全方位をワンショットで撮影できる「RICOH THETA(リコーシータ)」を活用したディスプレイ広告「360°バナー広告」の販売を開始。この広告の取り扱いは、ブライダル業界初の試み。

ウエディングパークでは、2014年に業界初でブライダル業界向けに最適化したアドテク広告商品の販売を開始してから、継続的に商品数を拡大してきています。今回の新商品「360°バナー広告」は、クリック時に広告表示対象者自身が画像を動かし全方位を閲覧することができるので、静止画と比較して格段に多い情報量を伝えることが可能です。また全方位をワンショットで撮影できるカメラ「RICOH THETA」を活用しているので、手間や費用を抑え、導入しやすい価格設定となっているようです。

なお「360°バナー広告」は、「ディスプレイ広告」タイプの商品で、「ディスプレイ広告」という手法はインターネット広告媒体費の約40%を占めており、今後も更に拡大が予想されています。ウエディングパークではGoogle等のネットワークを活用しながら、ブライダル業界に最適化した手法で広告配信を行っており、本商品の自社テストでは、静止画バナー広告よりもクリック率2.75倍という結果になったようです。

 

「360°バナー広告」開始のリリースについて考察

と、上記のような広告メニューの販売を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

広告メニューについて

まず360度バナー広告について一言でいうと「360度画像を使ったインタラクティブな広告をGoogleなどの広告枠に表示するサービス」です。ディスプレイ広告ではあるのですが、画像が静止画ではなくクリックやスクロールで360°見ることが可能なバナーです。サンプルはこちらのリンクから見られるので、興味のある方は是非ご覧ください。

最近はバナー広告でも静止画だけではなく動画も流行っていますが、動画は制作コストがかなり高く高頻度でクリエイティブを回していくことが難しい。一方、この360°バナー広告は静止画と同じように運用できて高いCTRも実現できるところが大きなメリットとなります。

期待効果の考え方

この広告はバナー広告なので、基本的な考え方は以下のようになります。

  • 表示回数(imp)×クリック率(CTR)=クリック数(CT)
  • クリック数×CVR=CV(来館予約、ブライダルフェア予約、資料請求など)

課金方法は出稿するプランによって表示回数課金(imp課金)か要見積りらしいので詳細は分からないですが、基本的には表示回数を増やし、CTRを高め、CVRを高めると効果が大きくなる(=CVが増加する)というロジックで考えることができます。

それぞれのKPIに関わる要素をざっとまとめると、

  • 表示回数:予算、配信面の絞り込み具合(どのサイトのどの位置にバナー広告が掲載されるか)、ターゲティングの広さ(リマケ?オーディエンス?)
  • CTR:クリエイティブ、配信面、ターゲティング
  • CVR:LPの構成、フォームの使いやすさ、バナークリエイティブとLPのファーストビュー(FV)の相関性、など

このようになるので、360°バナー広告だからこそ変化がある(効果が期待できる)ポイントは

  • クリエイティブの違いによるCTRの向上

になるはずです。それ以外は一般的なディスプレイ広告、静止画のバナー広告と同じです。CTRが2.75倍とリリースには出ているのでそこはある程度信頼していいのでしょうが、マイナスな面でCVRにどのような影響があるのか?バナークリエイティブとLPのFVの相関性が下がると思うので直帰率が上がるのではないか?というところは懸念点だと思います。

もし私が結婚式場のマーケ担当者で営業を受けたとしたら?

詳しくは営業担当者に詳細確認してから判断になると思いますが、最初はやらないんじゃないかなーと思います。360°バナー広告だからやらないというより、結婚式場単体の集客にディスプレイ広告が相性悪いと思っているからです。

結婚式場単独の集客でもしディスプレイ広告を実施するとしたら、ターゲティングはほぼリマーケティングしかないと思います。オーディエンスターゲティングなりカスタムアフィニティなりでの配信も可能ですが、目標をCV獲得とするならば、その会場のハードなりお得感など相当強みがないとまず難しいでしょう。アニヴェルセル表参道とかTRUNKくらい有名で強みがないと厳しいのではないでしょうか。

となるとリマケで配信すればいいじゃないかとるわけですが、SEOやSNSをガチで取り組んでいない会場だと、せいぜい月間3,000セッション程度であることがほとんどなので(少ないところだと1,000セッションとかでもおかしくない)、そのユーザー数に対してリストを作り、そのターゲットに対してリマケ配信をしても、配信量もたかが知れていますしフリークエンシーの上限を外したとしても限界があるでしょう。

オーディエンスは期待薄、リマケだと配信量を出せない、となると使い道がないので、やらないんじゃないかなー、と。

もしやることを検討するなら、

  • 結婚式場単独の集客ではなく複数店舗まとめて1ブランドとしての出稿
  • 特定のお得なキャンペーン(複数会場で適用可能)LPへの誘導目的で出稿

このような使い方になるかなと。ただ、そうなるとわざわざ360°バナーにする必要がないので(この広告クリエイティブを使うなら、せっかくならハード訴求したいですよね?)やっぱり難しいかな…。

もし広告予算が余ってて使い道を探しているんだ、といった余力なある会場がもしあったとしたら、チャペルやバンケットの360°を取るんじゃなくて、新郎新婦目線の演出ショットの360°バナー撮ったら面白いんじゃないかなと思います。

ケーキ入刀したときの新郎新婦目線での360°とかのクリイティブとか。テキスト載せられるのかな?クリエイティブの仕様確認必要だけど。

 

ウエディングパークの360°バナー広告のリリースについてまとめ

360°バナー広告についてまとめました。まだまだ出来たばかりの広告メニューなので、今後どうなっていくかはわからないですが「ブライダルとの相性はよさそうだけど使い方が難しい」というのが素直な感想ですね。結婚式場というより、むしろウエディングパークのような媒体の方が活用の道はありそうだと思います。Criteoのクリエイティブ全部これにしたら結構インパクトあるのでは?とか。

CTRが静止画比で2.9倍はもちろん嘘ではないと思いますし、他の業界で成果が出ているのもほんとだと思いますが、結婚式場単独の集客で使うには、少し検討してからでも遅くはないと思います。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界のお役立ち資料集 無料ダウンロード

ブライダル業界で働く方にとって役に立つ資料を公開しています。無料ダウンロードできます。

 ●ブライダル媒体からの集客攻略法

 ●SEO施策の概要とブライダル業界のメディア事例集

 ●ブライダルビジネスの業績管理の方法(勉強用資料)

 ●ブライダルビジネスの基礎(勉強用資料)

 ●ブライダルサービス全25種のビジネスモデル図解集

 ●結婚式場の予算フォーマット(エクセル)

など、今後も随時追加予定です。業界知識の習得や新規事業の企画などにぜひご活用ください。


ブライダル業界のお役立ち資料集を無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*