【プレスリリース考察】夏のイベント特大号『ウエコレ』(vol.60)7月25日発行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】ウエコレがイベント特大号を発行_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、7/25に出た「夏のイベント特大号『ウエコレ』(vol.60)7月25日発行」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS
配信日時 2019年7月25日 14時40分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000397.000003515.html
タイトル 夏のイベント特大号『ウエコレ』(vol.60)7月25日発行

USEN-NEXT GROUPの株式会社 USEN Media(本社:東京都品川区、代表取締役社長:成内 英介)は、本日7月25日、ウェディング情報フリーマガジン『ウエコレ』(https://wecolle.jp/magazine/)最新号を発行しました。

今回のカバーブライドは、モデルに女優にと大活躍の高橋メアリージュンさん。中面の記事では、美しいプロポーションを保つ秘訣や、着用したドレスの感想などもインタビュー。これからの結婚式で流行しそうなヘアメイクやドレススタイリングも必見です。

◆結婚が決まったすべての花嫁へ ふたりらしい結婚式のカタチが見つかるウェディングイベントへ行こう!

これまでに7万人以上の方が来場されたウエコレ主催のウェディングイベントを8月24日(土)・25日(日)に開催!イベントのスペシャルゲストは後日発表いたします。続報をお楽しみに!
※イベントの詳細はこちら:https://wecolle.jp/event/

この夏開催のイベントは、結婚式自体をするか迷っているカップルから結婚式を間近に控えたカップルまで楽しめる内容が盛りだくさん。マガジンでは「結婚することが決まった」「結婚式はやりたい」「結婚式場は決まった」「結婚式の準備真っ最中」の4つの段階別に、イベントの楽しみ方を徹底解説します。結婚式以外でお祝いできるカタチを探したいというおふたりにもおすすめです。

◆巻頭特集

Make It Yours! -見つける、見つかる、ふたりらしい結婚式のカタチー

結婚式では、必ず挙式と披露宴をセットで行わなければいけないという決まりはありません。巻頭特集では、さまざまな結婚式のスタイルや、結婚式を行うにあたっていちばん大切にしてほしいコンセプトの見つけ方を詳しくご紹介しています。先輩カップルの素敵な結婚式の様子もお見逃しなく!

王道の「挙式&披露宴」や、ハネムーンを兼ねた「リゾートウェディング」、カタチに残すことにこだわる「フォトウェディング」など、さまざまな結婚のスタイルをご紹介。

また、これまで結婚式は「式場」から探すのが当たり前と思われていましたが、「衣裳」や「お花」という切り口から結婚式を考え始めるというのが、これからのスタンスに。どんなウェディングドレスを着たいかを決めてから、コンセプトを作っていくアイデアのひとつとして、人気ドレスショップのおすすめデザインを、なりたい花嫁スタイルごとに比較。

ウェディングの旬な情報満載のウエコレマガジンは、駅やお店のラックだけでなく、スマホから簡単お申込みで無料自宅配送も可能です。無料で最新情報をGETできるチャンスです。ぜひお手にとってご覧ください。

—ここまでリリースから抜粋—

媒体概要や会社概要など、詳しくはリリースをご覧ください。

 

ウエコレのイベント特大号発行のリリースについて考察

と、上記のように夏の特大号を発行します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

東京のブライダルイベント状況

私がブライダル企業でマーケティングを担当していた時は(今から4~5年前)は、東京のブライダルイベントと言えばウエコレのみでした。ウエコレはフリーペーパーなので発行部数もゼクシィに比べると多くもなく、またウェブからの集客力もそこまでなかったので、ウエコレに出稿する目的はほぼイベントからの集客獲得と言ってもいいくらいでした(当時は運営企業も今とは違いました)。

一方、ここ1~2年でハナユメ、ゼクシィなどの大手メディアが主催するイベントや、新興ブライダル企業のイベント、結婚式場が自ら主催するイベントも増えてきており(主にプラコレやmarryなどで集客できる媒体ができてきたことも一因だと思います)、かなりユーザーも分散してきている印象です。

ウエコレのイベントについて

最近のイベント集客状況は把握していないのでわかりませんが、以前の集客力はかなり大きかったと記憶しています。これだけの規模のイベントの割には結婚式場のプランナーが接客するブースがないので(その分、自社のスタッフで相談ブースの接客をしなければならない)、結婚式場側の目線だとこのイベントからの集客に対して取れるアプローチは特にありません。

おそらく、このイベント特大号に出稿していなければ紹介先の式場から外れる(イベント内の接客はウエコレを見ながら進めると思われるので)、なのでこの特大号に出稿する、これくらいかと思います。

ウエコレからすると、東京のユーザー数は増えないのに競合他社の攻勢が年々強くなってきて環境的には厳しくなってきていると思うのですが、まだまだ継続していいイベントにしてもらいたいなぁと思います。

 

ウエコレのイベント特大号発行のリリースについてまとめ

今回のリリースとは全然関係ないのですが、高橋メアリージュンさんは闇金ウシジマくんのイメージが強すぎて、ブライダル雑誌に出るとどうなるかイメージが付きません。。もし駅で見つけてみたら読んでみようって思います。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界のお役立ち資料集 無料ダウンロード

ブライダル業界で働く方にとって役に立つ資料を公開しています。無料ダウンロードできます。

 ●ブライダル媒体からの集客攻略法

 ●SEO施策の概要とブライダル業界のメディア事例集

 ●ブライダルビジネスの業績管理の方法(勉強用資料)

 ●ブライダルビジネスの基礎(勉強用資料)

 ●ブライダルサービス全25種のビジネスモデル図解集

 ●結婚式場の予算フォーマット(エクセル)

など、今後も随時追加予定です。業界知識の習得や新規事業の企画などにぜひご活用ください。


ブライダル業界のお役立ち資料集を無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*