更新日 2019年10月03日

【プレスリリース考察】ワタベウェディングが写真にこだわるカップルのためのウェディングフォトサイト「Ushers-photo(アッシャーズ・フォト)」9月25日オープン

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、9/25に出た「写真にこだわるカップルのためのウェディングフォト専用WEBサイト 「Ushers-photo(アッシャーズ・フォト)」9月25日(水)オープン」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 ワタベウェディング株式会社
配信日時 2019年9月25日 16時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000404.000011086.html
タイトル 写真にこだわるカップルのためのウェディングフォト専用WEBサイト 「Ushers-photo(アッシャーズ・フォト)」9月25日(水)オープン

ワタベウェディング株式会社は、ウェディングフォト専用のWEBサイト「Ushers-photo(アッシャーズ・フォト)」(URL:https://www.ushers-photo.com/)を、2019年9月25日(水)にオープンいたします。
年々、増加傾向にある「ナシ婚」と言われる結婚式をしないカップルの内、75.9%が「ドレスや和装など婚礼衣装を着用して写真撮影」に興味があると回答しています(出典:「みんなのウェディング「ナシ婚」に関する調査2019」)。また、結婚式をしたカップルにおいても、2018年は全国の64.3%(推計値)がスタジオ・ロケーション撮影を実施していると回答しています(出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018首都圏」)。
「Ushers-photo」は、このような高まるウェディングフォトのニーズにより一層応えるべく、よりイメージをつけやすいように写真を多用したWEBデザインとなっており、実際の撮影の空き状況照会や予約などが可能なウェディングフォト専用のWEBサイトです。「Ushers」という言葉は結婚式や教会での案内役や先導役の意味を持っており、当サイトでは幸せを結ぶ道しるべになれるような写真を提案し、ウェディングフォトの魅力を広げていくことを目指しています。
当サイトには、多くのウェディングフォトの写真を掲載しており、まるでご自宅でアルバムを眺めるようにご覧いただけます。国内のロケーションフォトでは、人気の高い東京駅や、京都の竹林の中での和装などの写真、海外ロケーションフォトでは、リゾートらしい青い海や、異国情緒溢れるアジアの街中、歴史を感じるヨーロッパの風景、さらに国内のフォトスタジオやチャペル・神殿の写真など、当社だからこそできるウェディングフォトの多彩な商品を紹介しています。
また、衣裳やアクセサリー、写真を演出するフォトグッズ、撮影した写真を保存する様々なタイプのフォトアルバムもご覧いただくことができます。
さらに、フォトグラファーのポートフォリオを確認し、おふたりにあった撮影イメージを確認できるほか、スタイルやシチュエーションなどのイメージから具体的なフォトプランを探すことも可能です。ウェディングフォトを考え始めたばかりのお客様からこだわりを叶えたいお客様まで幅広い層へ対応しています。
当社では、結婚式の前撮り・別撮り、ロケーションフォト、アニバーサリーフォトなど様々なニーズに対応すべく、写真サービスを専門に取扱う店舗を全国に展開し、15万組以上のお客様にサービスを提供してまいりました。
今後もお客様のニーズに合わせた商品を通じ、顧客満足度の高い商品づくりをしてまいります。
—ここまでリリースから抜粋—
お問い合わせ先、フォトスタジオについては、詳しくはリリースをご覧ください。
 

ワタベウェディングの新フォトサイトオープンのリリースについて考察

と、上記のように新しいサイトをオープンしました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

サービス・サイトの概要について

ワタベウェディングが提供するフォトウェディングサービスの検索・予約ができるサイトです。予約導線は下記の3つ+1つ。

  • 電話
  • 来店予約
  • 問合せ
  • デジタルパンフ

ブライダル業界ではオーソドックスなサービスサイト設計だと思います。今後どのような集客導線をメインで考えているか次第ですが、デザイン性は既存のワタベウェディングのフォトページと比べるとかなり洗練されている印象なので、うまくセッション獲得できれば伸ばせるんじゃないかなと思います。

フォトウェディング市場の今後

フォトウェディング_googleトレンド
これ見てもらうとわかるように、ここ5年で「フォトウェディング」のgoogle検索数は2倍になっています。次の5年でさらに2倍になるかは怪しいですが、落ちていくことはないと思います。少なくとも維持はするかと。
その一方、今回のワタベウェディングやラヴィ・ファクトリーなどの大手だけでなく、他の企業もフォトウェディングに関するリリースやサービス展開がかなり増えてきていますので、競争環境はより厳しくなっていくと思います。
個人的な感覚ですが、マーケットの拡大・市場形成よりも参入者の増加の方がスピードが早いような感じがするので、大手は特にここ1年~2年でマジョリティを取れるかどうか、が勝負のポイントになってくると思います。
 

ワタベウェディングの新フォトサイトオープンのリリースについてまとめ

今回のサイトリリースは新サービスではなく、既にあるサービスが対象です。フォトウェディング市場の競争激化に伴い、集客経路をどのように広げ確保していくかは常に模索していく必要があります。新規ドメインのようなのでリリース直後の現時点でどうこうという話ではないですが、今後どのように伸ばしていくのか注目です。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事