【プレスリリース考察】ワタベウェディングが「結婚式準備.com」をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】ワタベウェディングが結婚式準備ドットコムをオープン_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/20に出た「会場選びからDIYまで、結婚式の準備に関するノウハウを網羅!結婚式準備専門情報サイト『結婚式準備.com』6月20日(木)オープン」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 ワタベウェディング株式会社
配信日時 2019年6月20日 11時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000033223.html
タイトル 会場選びからDIYまで、結婚式の準備に関するノウハウを網羅!結婚式準備専門情報サイト『結婚式準備.com』6月20日(木)オープン

ワタベウェディング株式会社は、結婚式の準備に必要な情報を網羅した結婚式準備専門情報サイト『結婚式準備.com』(URL:https://wed-junbi.com/)を、2019年6月20日(木)にオープンいたします。

当社は、60年以上の歴史を持つウェディングカンパニーとして、これまで60万組を超えるカップルの結婚式をお手伝いしてまいりました。その経験をもとにオープンする『結婚式準備.com』では、「結婚式の準備を楽しく便利に!ゲストも参加したくなる結婚式準備専門情報サイト」をテーマに、プロのウェディング専門ライターが執筆した「結婚準備の段取りマニュアル」(URL:https://wed-junbi.com/manual/)をはじめとする、プロポーズから結婚式までの準備に必要なノウハウを提供します。

本サイトでは、会場検索機能を設けているほか、記事コンテンツの内容に関連するウェディングのプロが選んだ会場を紹介しています。また、気になる会場はサイト内のお問い合わせフォームより、気軽に資料請求や来店予約をすることが可能です。また、結婚式準備が楽しくなるような「DIYウェディングアイテムの作り方動画」や、ゲストも参加したくなるような「演出アイデア特集」や「おもてなし作法」など、結婚式の準備がはかどるような幅広い情報をお届けいたします。

今後は、リゾートウェディングの準備に関する記事や、経験豊富なウェディングプランナーによるアドバイス、結婚準備をスムーズに進められる“卒花”からのリアルな情報提供など、当社の強みを活かしたコンテンツを拡充する予定です。

詳しくはリリースをご覧ください。

 

ワタベウェディングの「結婚式準備.com」オープンのリリースについて考察

と、上記のように新しいメディアを開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

新しいメディアの位置づけ

オープンしたサイトを見てみると、中にあるコンテンツは以下のような感じです。

  • /manual : 結婚準備についてのノウハウ集
  • /article : 記事コンテンツ
  • /hall : ワタベウェディングのチャペル、CV導線あり
  • その他 : カテゴリやタグなど

普通に考えると、/manualや/articleでSEO対策→自然検索流入を獲得、サイト内を回遊させて自社チャペルへの資料請求や来店予約などのコンバージョンへの誘導、が主な目的でしょう。ワタベウェディングはすでにリゾ婚ではトップシェアプレーヤーであり、検索面でも「エリア+リゾ婚」などすでに1位のKWが多いです。

ただ、テールKWの対策は十分とはまだ言えないと思うので、そのあたりを固めに行くことで集客の面を抑えに行くことが狙いかなと思います。国内結婚式場やプロデュースサービスではこのようなメディアを作っているところはいくつかありますが、リゾ婚領域だとまだるような主要なものはないので(大手媒体くらい)、うまく実例と絡めながら展開できると新しい集客ルートを作れるのではないでしょうか。

ブライダル業界のオウンドメディア事例

今回リリースで発表されたワタベウェディングのメディア以外にも、コンテンツからの流入獲得を目的としたメディアはいくつかあります。代表的なところだと

  • marry
  • HOW TO MARRY
  • 結婚スタイルマガジン
  • marrial(マリアル)
  • ウエディングニュース
  • ハナコレ
  • プレコレドレシィ
  • 結婚式のキセキ
  • 家族挙式のウェディング知恵袋

などがありますね。それぞれ運営者によって目的は異なりますが(広告収入を得ることだったり、自社サービスへの送客だったり)、いずれもそれなりにセッションを集めているサイトばかりです。これから後発で追いつき追い越すのはなかなかハードですが、アルゴリズムの変更があれば大きく立ち位置変わることもあるので、今後も注視していきたいところです。ちなみに、ブライダル業界のメディアについては、以下の記事で詳しくまとめてありますので参考にこちらもあわせてご覧ください。

marryやハナコレなどブライダル系の記事メディアについてまとめ

 

ワタベウェディングの「結婚式準備.com」オープンのリリースについてまとめ

リゾ婚業界最大手がコンテンツマーケティングにも取り組み始めました、というリリースでしたが、googleのアルゴリズムは日々変わっていますし(特に医療系のKWはWELQ以降ここ数年で激変しています)、しっかりキャッチアップしていけば大きく伸びる可能性はあるのではないかと思いました。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル企業の課題を解決する!法人向けソリューションサービス一覧はこちら

ブライダル業界の課題を解決する様々な法人向けサービスをご紹介しています。

 ●集客改善ブライダルコンサルタント

 ●総合ブライダルコンサルタント

 ●ITシステムソリューション

 ●新規/打合せの担当・接客代行

など、今後も随時追加予定です。業績改善や新規事業の企画などにぜひご相談ください。


ブライダル業界の法人向けサービス一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*