更新日 2020年05月12日

【プレスリリース考察】東郷記念館が新スタイルの結婚式の販売を開始

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、5/10に出た「東郷LIVE WEDDING~オンラインで祝言を~2020年5月6日(水)発売開始」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社東日
配信日時 2020年5月10日 12時41分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000048562.html
タイトル 東郷LIVE WEDDING~オンラインで祝言を~2020年5月6日(水)発売開始

株式会社東日が運営する原宿東郷記念館は、2020年5月6日(水)に新スタイル結婚式の発売を開始しました。当商品は、2020年5月4日に、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で発表された「新しい生活様式」における「冠婚葬祭」項目に留意した『安全・安心』を最優先とした商品となります。

  • 商品概要

9名以下の挙式・会食の様子(「換気の徹底」、「社会的距離の確保」など安全最優先の内容)を遠隔の親族・ゲストに映像配信します。披露宴中に召し上がるお料理(ハレの日御膳)を親族・ゲスト宅に事前にお届けすることで、「食」を通じた感謝の表現、一体感の創出も可能です。
コロナ不安が解消した後に、アフターパーティを特別価格で行うことも可能です。ご高齢やご病気の親族がいらっしゃるなど、特別の事情を抱えるお客様にお勧めの商品です。

  • 原宿東郷記念館と安全衛生について

「東郷LIVE WEDDING~オンラインで祝言を~」を発売する原宿東郷記念館は、40年以上の歴史をもつ結婚式場です。長年の安全・衛生の知見を生かし、以下の規定の下に、同商品の提供をお約束いたします。
①従業員の出退勤時の健康管理の実施及びマスクの着用。
(検温・発熱以外の自覚症状の有無・近親者の健康状況・2か月以内の外国訪問の有無の確認)
②エレベーターボタン・宴会場等のドアノブの毎日、複数回の消毒。
③ロビー及び会場等での「次亜塩素酸水」の噴霧。
④個室での美容・着付けの同時間帯の人数2名以下の制限実施。
⑤新婦メイクについて、パフ・スポンジ・メイクブラシ等の道具について個別にご購入いただき、
使いまわしを禁止。ヘアブラシは、お客様使用後、滅菌消毒を行い管理を徹底。
当面の間、列席者メイクの承りは安全が確保されるまで休止。
⑥東郷神社本殿、及び当館宴会場において、「3密防止」の為、『換気状況を可視化するセンサー』 を設置。
お客様の入室から退出までモニタリングを行い、適切な換気の実施。
⑦当社従業員は定期「衛生講習会」に参加して、知識を向上。就業時の、手洗い、うがいの励行。
⑧ご来館のゲストにおかれましても、入館時の検温、健康調査の実施と、洗面所および各会場に設置して
います、「アルコールスプレー」にて、適宜、手の消毒にご協力をお願いしております。
【定休日】  火曜日
【URL】 http://www.togo.co.jp/
【本件に関する問い合わせ】
株式会社東日 担当者:小川
電話番号:03-3403-1431
メールアドレス:ogawa@togo.co.jp
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

東郷記念館が新スタイルの結婚式の販売を開始のリリースについて考察

と、上記のような新スタイルの結婚式を販売します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

東郷LIVE WEDDINGの概要と目的

少人数会食+LIVE配信というパッケージで、先日発表された「新しい生活様式」に沿って設計された商品です。どのようなスタイルであれば施行の実現が可能かというのを考えて企画された商品のように思います。感染を起こさないような取り組みはリリース内にも明記されているよう感染防止施策を徹底したうえで会食が開催されるようです。
オンラインウェディングやLIVE配信など、ここ2ヶ月で各社から様々なオンライン系の新サービスが出てきていますが、オフラインの結婚式の在り方も今後変わっていきそうです。

今後のウェディングスタイルの変化

先日レムデシビルの承認がおり、ワクチン開発も進むとなると長期的な視野で見ればコロナウイルスはいずれ落ち着くでしょう。ただそれが来月なのか半年後なのか2年後なのかはわかりません。仮にワクチンや治療薬が市場に出回ったとしても、しばらくの間は以前のような結婚式を何も気にせず実施するのは難しいと思います。
そうなると、今回の新サービスのように少人数婚は今後増えてくると思います。少人数でゆったりと空間をとり、密にならないように気を付けながら施行を実施すれば感染確率をかなり下げることができます。あと1年くらいはそうなるんじゃないかなとは思います。
 

東郷記念館が新スタイルの結婚式の販売を開始のリリースについてまとめ

緊急事態宣言が延長されまだ結婚式の再開可能な時期は見えていませんが、再開してもは少人数で感染リスクを最小限に抑えての開催になるのではないかと思います。今回のリリースのように新しい商品の開発と販売、そして試行錯誤を繰り返しながらという状況はしばらく続くでしょう。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事