更新日 2021年06月11日

【プレスリリース考察】TIPLOG CAREERがブライダル業界の在籍出向マッチングサービスを開始

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/7に出た「【ブライダル業界】在籍出向マッチングサービス『wetukuコネクト』を6月27日サービス開始!【株式会社TIPLOG CAREER】
コロナの打撃を受けている婚礼事業従事者の新しい働き方と学び方を創出する」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社TIPLOG CAREER
配信日時 2021年6月7日 14時05分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000051638.html
タイトル 【ブライダル業界】在籍出向マッチングサービス『wetukuコネクト』を6月27日サービス開始!【株式会社TIPLOG CAREER】
コロナの打撃を受けている婚礼事業従事者の新しい働き方と学び方を創出する

ウェディング業界で頑張る人の応援サイト「wetuku」 https://wedding-tuku.com/ と、ウェディング業界専門転職支援サービス「wetuku CAREER」https://wedding-tuku.com/career/lp/06 を運営するTIPLOG CAREERは、コロナで打撃を受けているブライダル業界を中心とした企業向けに在籍出向を支援するマッチングサービス『wetukuコネクト』を6月27日にサービスを開始する。
TIPLOG CAREERは、新型コロナウイルス感染拡大の打撃を受けているブライダル事業会社を中心としたホスピタリティ産業の人材を他業界や関連業界へ出向させるマッチングサービスを6月27日にサービスを開始しすることをリリースした。

ブライダル業界は新型コロナウィルスの影響により、2020年は約24万組の新郎新婦が結婚式を中止もしくは
延期することが決定。伴い、希望退職を募る企業ややむを得ず休業日を設けながら、従業員を何とか雇用を継続している企業が増えており、ブライダル業界従事者の活躍できるフィールドが縮小傾向にある状況。
未だ新型コロナウイルスの感染拡大の影響が消えない中、雇用調整助成金の支給が7月末に終わる予定である。未だ事業回復が完全でないブライダル業界では雇用の維持が厳しい企業が出てくることが予想される。

TIPLOG CAREERでは、ホスピタリティ人材を求める企業と所属企業を結びつけ一定期間出向するマッチングサービス「wetuku コネクト」のサービスでホスピタリティ人材の活躍の場を提供していく。

出向パターンは「レンタル型」と「ワークシェア型」の2種類がある。
レンタル型は1ヶ月単位で、出向先でフルコミットの形で働く通常の在籍出向となる。また、ワークシェア型は週末は所属企業の結婚式場でウエディングプランナーとして働き、平日は別業界で働くダブルワーク型の出向形態になる。

〜ウェディングプランナーの知られざるスキル〜
結婚式という商品は一生に一度の商品であり高級商材である。それらをコーディネイトするためにウェディングプランナーはセールス力、クリエイティブ力、計画実行力、ホスピタリティ力を兼ね備えている。

〜ブライダル人材の新しい学び方〜
これまで業界セミナーや企業内研修など様々な学びの方法があった。これからの時代、出向による学びを得ることができる。例えば、集客担当をしているメンバーをwebマーケティング企業に3ヶ月出向しwebマーケティングの知識を得たり、ウエディングプランナーがフラワー事業会社に出向しフラワーの知識を得るなどOJTによるスキルアップを図ることができる。また業界や企業を越えることにより企業の風土やオペレーションを学ぶこともできる。そのことにより閉塞化した業界に風穴をあけ、業界の底上げになる。

〜企業間の在籍出向の契約関連を全面サポート〜
在籍出向における企業間における契約関連は煩わしい部分がある。出向者の給与および保険関連、出向期間の福利厚生など様々な決め事が生まれてくる。それらの契約条件の調整をwetukuコネクトがサポートする。また労務・社会保険などの専門的な要素においては、ブライダル事業専門の総合法務サービスを提供するBRIGHTの提携社労士等がサポートをする予定。

〜在籍出向という雇用形態が新たな価値を生む〜
コロナ禍の現状では人件費削減の側面に注目しがちであるが、出向には【学び】という側面がある。出向先での別業界業務や会社の風土やオペレーションを学ぶことができる。今回の参画企業の中にもwebマーケティング企業へスタッフを一時的に出向をさせる計画が立っている。
いずれはブライダル業界内での相互出向を行うことでより良いサービスを作る仕組みも構築していきたいと考えている。

◆受入先参画企業(順不同)
株式会社ワイヤレスゲート(代表取締役社長CEO:濵 暢宏)
農業生産法人株式会社GRA(代表:岩佐大輝)
株式会社鳥善(代表取締役:伊達善隆)
株式会社目黒雅叙園
株式会社Connecting DOTs(旧社名 株式会社WeddingLive)

在籍出向およびワークシェアリングにご興味のある企業様ご一報ください
お問い合わせはこちらから
https://wedding-tuku.com/inquiries

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

TIPLOG CAREERがブライダル業界の在籍出向マッチングサービスを開始について考察

と、上記のようなサービスを開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

サービスの概要と目的

リリースの中でも詳しく書かれていますが、ブライダル企業に在籍する人材をレンタル型・ワークシェア型の2つのスタイルで業界外の企業へ出稿することができる、その仲介をするサービスです。

もともと人材紹介事業を運営していて、昨今の婚礼数減少に伴う人材の流動化が背景で、かつ同じ業界内に限らずなので、運営事業の拡張とニーズへの対応が狙いだろうなと思います。

働き方の多様化が進む

このような出向という形以外にも、正規雇用だけでなく独立や企業、副業など様々な形態があり、正規雇用以外のスタイルで仕事をする人も増えてきています。どれが正解というわけではなく、自信のライフステージやキャリアによって最適な方法を選択できれば良いのかなと個人的には思っています。

一方、正規雇用以外の方法での働き方は、ブライダル業界ではまだ環境が整っているとは言い難いです。法人対個人の契約をどのようにしたらよいか、業務委託での人材活用になれていない、などせっかく高いスキルを持った人材がいるのにそのパフォーマンスが発揮できないのは非常にもったいないのです。

今回のようなサービスが今後増えていくことによって(wetuku connectはちょっと趣旨違いますが)、そういった多様なスタイルの方が働きやすい環境が作られていくといいのかなと思います。

 

TIPLOG CAREERがブライダル業界の在籍出向マッチングサービスを開始についてまとめ

いいサービスだと思いますね。どれくらいの人や企業が利用するのかなぁ。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事