更新日 2020年10月15日

【プレスリリース考察】T&Gの「アーフェリーク白金」グランドオープン

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、10/12に出た「都内最大規模のハウスウェディング会場が誕生 贅沢な大人の邸宅「アーフェリーク白金」グランドオープン」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
配信日時 2020年10月12日 13時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000012799.html
タイトル 都内最大規模のハウスウェディング会場が誕生 贅沢な大人の邸宅「アーフェリーク白金」グランドオープン

全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼最大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズは、2020年10月 東京・白金のプラチナ通りに都内最大規模のハウスウェディング会場「アーフェリーク白金」をグランドオープンいたしました。

パリのクレール通りに建つブティックホテルをコンセプトに設計されたアーフェリーク白金は、緑あふれる通り沿いに建つ、真っ白な建物に丸みを帯びたアーチ型の大きな窓が印象的な大人のためのゲストハウスです。

当会場は、高い天井から光が降り注ぐチャペルと、大規模な披露宴が実施可能な大型バンケットが最大の特長です。チャペルは高さ10mの縦長のトライアングルの造りで、木を多用していることから、落ち着いた温かみのある色が上質な雰囲気。そこへ天井から光が注ぎ、祭壇奥に流れ落ちる水に反射して輝きが広がります。さらに、バージンロードや祭壇はドレスのトレーン(裾)の先までキレイに見えるようにゲスト席より一段高くし、花嫁を美しく引き立てる計算しつくされた構造になっています。
バンケットは、都内のハウスウェディング会場としては最大規模の152名を収容可能な広さ。ドーム型の天井や、柔らかな自然光を取り込む幅14mの大窓がある開放感溢れるスペースです。また、バンケットに備えたオープンキッチンでは、料理を作る様子や香りも堪能でき、五感で楽しむおもてなしを提供します。
大窓を開放してバンケットと行き来が可能な隣接のプライベートガーデンには、プールと大階段をご用意。ガーデンからの階段入場やセレモニー、イルミネーションが煌めくナイトウェディングなど、多彩な演出を叶えます。
ラウンジはホテルのような空間で、プラチナ通りから差し込む光で明るいソファスペースと、こだわりのオーダーメイドの家具を配置したバーカウンターの2つの顔を持っています。ゆとりある空間で、ゲストは挙式までの時間をリラックスしてお過ごしいただけます。また、ブライズルームもゆったりと使える余裕のある造りです。

こだわりの設計とゆとりある空間が贅沢な邸宅で、上質な大人のウェディングを実現してみませんか。一軒家完全貸切のアーフェリーク白金なら、花嫁のワガママも、大切なゲストへのおもてなしも、きっとすべてが叶います。

■施設詳細
<チャペル>
花嫁のドレスをイメージして設計されたチャペルは湾曲させた壁が柔らかな印象で、天高10mから降り注ぐ光とふんだんに使われた木のぬくもりが特長。花嫁の姿を美しく見せるための一段上がったバージンロードと高さのある祭壇がドレスを一層引き立てます。また、2階に位置する聖歌隊や演奏者が奏でる生演奏がチャペル内に響き渡り、挙式をあたたかく包み込みます。

<バンケット>
都内最大規模の152名を収容する広々とした空間にはオープンキッチンを備え、ガーデンを一望できる大窓からは陽光が差し込みます。絨毯の床と、ヨーロッパのホテルをイメージした高さのあるドーム型の光天井が高級感を演出するバンケットで、最上のおもてなしを提供します。

<ラウンジ>
ブティックホテルを思わせるラウンジは、ヨーロッパの建築様式ならではの丸みを利かせたデザインで、天井柱やオーダーメイドの家具など様々な部分に曲線を取り入れて柔らかい印象にしました。高級感のあるバーカウンターでは、カクテルやフランスの「KUSUMI TEA」等こだわりのドリンクを提供し、挙式と披露宴の期待感を高めます。また、結婚式の余韻を楽しみながら、ラウンジで二次会を行うことも可能です。

<ガーデン>
階段からの入場やセレモニーなど、幅広い演出でお二人の憧れを実現するプライベートガーデンは、プールや大階段、シンボルツリーなど、どこを切り取っても写真映えします。ガーデンに装飾をしてフォトスポットにする演出もお勧めです。

<ブライズルーム>
明るく広いブライズルームでゆっくりと支度ができるのも、この会場の特長です。アーチ型の大きなガラス窓は、曲線が生む柔らかさと優雅な印象を与え、ハレの日の準備の時間を特別なものにしてくれます。

■「アーフェリーク白金」概要
会場:アーフェリーク白金(https://www.tgn.co.jp/hall/shirogane/as/
住所:〒108-0071東京都港区白金台4-19-19
電話番号:03-5449-0950
営業時間:平日12:00~18:00、土日祝9:00~19:00(※休館日 月曜・火曜)
アクセス:地下鉄白金台駅1番出口より徒歩5分
披露宴人数:70名~152名(着席)

■来館予約特典
公式HPから予約して来館するとAmazonギフト券を最大10,000円分プレゼント。
更に公式HP予約で成約いただくと結婚式総額の最低価格保証をいたします。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

T&Gの「アーフェリーク白金」グランドオープンのリリースについて考察

と、上記のようなチャペルでグランドオープンします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

リニューアルの概要と目的

チャペルをはじめとした施設の写真はリリース内にも掲載されているのでぜひご覧ください。

グランドオープンというよりはリニューアルで、これまでT&Gが実施してきたのリニューアルの方針に沿ったデザインやコンセプトになっています。都内なのにリゾート教会っぽいですよね。個人的にはパレスホテルのリニューアル後の集客大爆発以降、新しいチャペルはだいたい木のイメージです。

肩ひじ張らないリラックススタイルにも、静粛なスタイルにも合わせられるので、昔の白キラチャペのポジションにすっかり収まった感じですよね。

ハードの要素と集客チャネル

今回のリニューアルにいくらかかったかは不明ですが、それなりのコストはかかっていると思います。これまでのブライダル媒体を中心とした集客ではハードの要素(チャペルやバンケットなど)が影響が大きかったですが、今後SNSや自社集客がメインになっていったときにどこまでハードが重要になるかは未知数です。

そのためハードのリニューアルにどの程度のコストをかけるのか、そのリターンは何年で回収するのかの予測はこれまでよりも厳しめに見たほうがよさそうです。

 

T&Gの「アーフェリーク白金」グランドオープンのリリースについてまとめ

このリニューアルはおそらくコロナが流行する前に意思決定されていたものでしょう。ただ今後はそれだけの投資をするかどうか、そのリターン(主に集客)が見込めるかは現時点でかなり不透明なので、このトレンドは続くのかどうかは見ていきたいと思います。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事