更新日 2020年10月13日

【プレスリリース考察】T&Gが結婚式場でのお子様の撮影会を開催

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、10/2に出た「T&Gが運営するママ向けコミュニティFunFenFantから新イベント登場! 結婚式場でのお子様の撮影会『FunFenFantフォトツアー』」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
配信日時 2020年10月2日 13時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000110.000012799.html
タイトル T&Gが運営するママ向けコミュニティFunFenFantから新イベント登場! 結婚式場でのお子様の撮影会『FunFenFantフォトツアー』

全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズは、結婚式場でのお子様の撮影イベント『FunFenFantフォトツアー』を、2020年10月5日のヒルサイドクラブ迎賓館 (札幌)を皮切りに、全国の会場で順次実施いたします。なお、本イベントは当社コミュニティ「FunFenFant」による企画・運営です。

当社は2018年より、結婚式場という非日常空間でママと子供が一緒に楽しめるイベント「FunFenFantマルシェ」を展開しており、これまでに24回実施し、延べ3.5万人の方々にお越しいただきました。今回、マルシェ内でも人気の高いコンテンツであったプロのカメラマンによるお子様の写真撮影を、単独イベントとして全国で展開いたします。

本イベントは1日11組の限定で、ご家族毎に貸切の形で行います。当社の会場を知り尽くしたプロのウェディングフォトグラファーが、会場内に設置した当イベントオリジナルのフォトブース、チャペル、ガーデンなどでお子様を撮影。会場では自由にお使いいただける衣装やオリジナル小物も用意し、ご家族も撮影に参加可能です。撮影後は約30カットのデータを後日お渡しし、ご自宅でゆっくりご覧いただけます。

結婚式場という洗練された非日常空間で、お子様の「今」をカタチに残してみてはいかがでしょうか。ハレの日を撮り続けるプロカメラマンがおさめた、いつもとちょっと違う写真は、きっと家族の新しい思い出になるはずです。

■「FunFenFantフォトツアー」概要
開催日時:2020年10月5日(月)~
※会場毎の開催日時は、HPをご覧ください
会場  :テイクアンドギヴ・ニーズの全国の結婚式場
※実施会場は、HPをご覧ください
料金  :15,000円(税込)
申込方法:イベントHPよりお申込みください/要予約
https://fff.tgndoors.com/phototour/20201005hcs/
所要時間:各回約25分
定員  :11組/日
データ :約30カットを後日専用URLよりダウンロードしていただきます
参加特典:オリジナルのバースデーボードにお子様のお名前を入れてプレゼントいたします
その他 :撮影用の衣装やオリジナル小物を用意しております

■実施スケジュール
10月5日(月):ヒルサイドクラブ迎賓館 札幌
10月12日(月):アーククラブ迎賓館 新潟
10月19日(月):アーセンティア迎賓館 浜松
10月26日(月):アーヴェリール迎賓館 岡山
11月9日(月):アーククラブ迎賓館 福山
11月16日(月):アーフェリーク迎賓館 岐阜
11月30日(月):アクアテラス迎賓館 大津
※12月以降のスケジュールは、決定次第HP内でご案内いたします

【「FunFenFant(ファンファンファン)」について】
「日本で一番花嫁のことを考え、想い、寄り添ってきた企業だからこそ、ママになってもその先も。」をコンセプトに、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズが運営するコミュニティで、今回のイベントも当コミュニティが企画・開催。結婚式場という非日常空間で、子どもの心のようにワクワクし無邪気に楽しめるイベントを、年間を通じて提案しています。
FunFenFantサイトhttps://fff.tgndoors.com/

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

T&Gのお子様撮影会を開催のリリースについて考察

と、上記のような親子イベントを開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

イベントの概要・目的

T&Gの式場を利用して、お子様・ご家族の撮影会を開催、プロのカメラマンによる撮影会を行うと同時に、個人事業主によるブース出展も行い撮影+ブースを楽しめるイベント。バースデーボードプレゼント、パックプレゼントなどの参加特典も開催日ごとにあり、参加する側は、とても満足度が高いイベントかと思われます。企業側の目的は結婚式が行われていない平日の会場をイベント開催により有効活用するほか、結婚式以外でも式場にお客様を呼び会場を知ってもらうということになるかと思います。

結婚式場の平日利用の期待効果

結婚式の開催のメインは週末の土曜日、日曜日です。平日も新規接客や、新郎新婦の会場での打合せは行われているものの、空いている時間は多くあります。

例えば今回の企画のように広いガーデン・キラキラとしたチャペル、華やかなロビー・披露宴会場・・・などのリソースを活用して、結婚式だけではなく平日も多くのイベントで使っていくことでマネタイズをしていくのは今後の検討項目の1つになると思います。

地域から愛される式場へ

結婚式場に足を運ぶ人はもちろん結婚式に関係ある方々です。自身が結婚式を挙げる時か、誰かの結婚式に呼ばれなければ入ることはほとんどないでしょう。お子様の大切な瞬間の撮影を行うことで、その式場で結婚式を挙げた方は、また思い出が刻まれ、挙げてない方も新たな思い出の場所になり、地域から愛される式場になるでしょう。

 

T&Gのお子様撮影会を開催のリリースについてまとめ

自宅を飾り付け、お子様に可愛い服を着させて誕生日に写真を撮影するご家族や、フォトスタジオでプロのカメラマンに撮影をしてもらうご家族など、お子様の「今」を残したいという方は多いはずです。お子様の撮影だけでなく、お友達同士で撮影する、結婚50年の金婚式の撮影など撮影の幅も広がっていったら素敵だなと思いました。

SakaiAyana

この記事を書いた人
SakaiAyana

ブライダル専門キャリアアドバイザー。大学卒業後大手ブライダル企業に入社し、一貫担当制ウェディングプランナーを経験。その後ブライダル系専門学校でクラス担任、イベントの企画運営を経験。

CATEGORY同じカテゴリーの記事