【プレスリリース考察】ハワイのウエディングベニューThe Terrace By The Sea (ザ・テラス バイ・ザ・シー)が初の卒花嫁イベントを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、9/4に出た「総計12,000組以上の挙式数を誇るハワイのウエディングベニューThe Terrace By The Sea (ザ・テラス バイ・ザ・シー)が初の卒花嫁イベントを開催」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。


プレスリリースの概要

発信者 TAKAMI HOLDINGS株式会社
配信日時 2019年9月4日 11時04分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000042262.html
タイトル 総計12,000組以上の挙式数を誇るハワイのウエディングベニューThe Terrace By The Sea (ザ・テラス バイ・ザ・シー)が初の卒花嫁イベントを開催

国内外のウエディングプロデュース、レストラン運営などホスピタリティを持って上質なライフスタイルを提案するTAKAMI HOLDINGS株式会社が運営するハワイのウエディングベニュー・The Terrace By The Sea(ザ・テラス バイ・ザ・シー)は、2019年9月1日(日)にオープン7周年を迎えるにあたり、卒花嫁様を対象としたイベント「The Terrace By The Sea 7th Anniversary Event “Mau Loa ~永遠の絆~”」を開催いたしました。

2019年9月1日(日)でオープン7周年を迎えたThe Terrace By The Seaは、今まで挙式をされた花嫁様に「ハワイのホーム」としてより身近に感じていただきたいという想いからホームパーティをイメージしたイベントを開催いたしました。

当日は、今まで当会場で式を挙げられた花嫁様とそのご家族総勢30名にお越しいただき、トロリーでカカアコ周遊や、立食パーティなどを開催いたしました。実際に当会場にもう一度足を運んでいただくことで、かけがえのない大切な思い出を振り返るとともに、ハワイの地をご家族とゆっくりお過ごしいただきました。

The Terrace By The Seaは、5年後も、10年後もみなさまの “ハワイのホーム” として、いつでも戻ってこられる場所であり続けるために、感動と至福の時間をご提供し、常に邁進してまいります。

当日のダイジェストムービーは、TAKAMI BRIDALのYouTubeチャンネルにて9月5日(木)以降に公開予定です。みなさまぜひご覧ください。

【TAKAMI BRIDAL YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCMd7Op4IM-quJzVjxOC0Egw

◇イベント開催概要
日程:2019年9月1日(日)
参加対象者:The Terrace By The Seaで挙式をされたおふたり、おふたりのお子様・ご家族
場所:The Terrace By The Sea
内容:トロリーにてカカアコ周遊、両チャペル無料開放にて見学・撮影など、パーティルームにて簡単なディナービュッフェ

—ここまでリリースから抜粋—

The Terrace By The Seaの会場概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

TAKAMIのイベント開催のリリースについて考察

と、上記のようなイベントを開催しました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

イベントの概要と狙い

今回開催されたイベントの対象者は過去この会場で結婚式を挙げた方、開催場所はThe Terrace By The Sea(ハワイ)なので、かなりクローズドなイベントだと言えます。また、リリースのタイミングがイベントの事後であることからも、これからのお客様の獲得を目的としていないことがわかります。あと、これは想定ですが、渡航費・滞在費は参加者持ちでイベント自体は無料での開催だったのではないかと思います。

この前提で考えると、純粋にこれまで結婚式を挙げてくれたユーザーに向けた、事後顧客満足度向上が目的のイベントなのだと思います。にしても、ハワイ開催で30名集まるというのもすごいですし、これまで結婚式を挙げてくれた過去7年分の顧客にアプローチができる、というのはけっこうすごいことだと思います。

挙式後のユーザーに対するCRM施策の可能性

このイベントの取り組みからは業績的な狙いはほとんど感じないですが、挙式後もユーザーと結婚式場がコミュニケーションを取り続けることでLTVの向上を狙おうという流れは少しずつ起こり始めています。個人的なイメージでは、テイクアンドギヴ・ニーズが最近いろいろ施策を打ってきているので力を入れているなぁという印象です(IR資料などにも明記されていますし、先日CRMツールの販売開始のリリースも出ました、下記参照)。

「結婚式で稼ぐ」というビジネスモデルだけでは限界に近づいてきており、結婚式を起点としたさまざまな展開が求められるようになっていくんじゃないかと思います。

 

TAKAMIのイベント開催のリリースについてまとめ

今回のリリースの目的はCSのみだと思いますが、こういった取り組みをする結婚式場は増えていくでしょうし、そこから次のマネタイズへどうにかつなげないと業績的にも厳しくなっていく企業は増えるでしょう。今後もこのような動向はチェックしていこうと思います。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル企業の課題を解決する!法人向けソリューションサービス一覧はこちら

ブライダル業界の課題を解決する様々な法人向けサービスをご紹介しています。

 ●集客改善ブライダルコンサルタント

 ●総合ブライダルコンサルタント

 ●ITシステムソリューション

 ●新規/打合せの担当・接客代行

など、今後も随時追加予定です。業績改善や新規事業の企画などにぜひご相談ください。


ブライダル業界の法人向けサービス一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*