更新日 2020年06月23日

【プレスリリース考察】「スマ婚」がサービスも刷新し、フルリニューアル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/22に出た「女優・モデルとして活躍する話題の八木莉可子さんを起用し、「スマ婚」がサービスも刷新し、フルリニューアル!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社メイション
配信日時 2020年6月22日 15時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000216.000014716.html
タイトル 女優・モデルとして活躍する話題の八木莉可子さんを起用し、「スマ婚」がサービスも刷新し、フルリニューアル!

株式会社メイションは、2020年7月1日、結婚式プロデュースサービス「スマ婚」のリニューアル・リブランディングをいたします。
スマ婚が誕生して11年。今や「結婚」や「結婚式」に対する生活者の考え方が急速に変化している時代。その中でも、生活者が普遍的に望み続けるものがあり、それは、「安くて、質のいい」結婚式をあげたいという願いです。その願いをより一層叶える為、サービスの刷新、ロゴの変更、ビジュアルが制作されました。

グラフィック
グラフィックでは、多数のドラマ出演、モデルとして活躍する八木莉可子さんを起用し、余計なものを削ぎ落とした青い空とウェディングで魅せる、古い常識に捕らわれず、これからの結婚式を作っていくスマ婚を表現しました。またキャッチコピーでは、今まで培ってきた安さに加え、様々なスタイルでの美しさを堂々と宣言いたしました。

八木 莉可子
2001年7月7日 滋賀県生まれ。
2015年エイジアクロスモデルオーディション「#THE NEXT」でグランプリを受賞し 14歳でデビュー。2016年雑誌「Seventeen」「ミスセブンティーン」グランプリ受賞し専属モデルとなる。日本テレビ「時をかける少女」、関西テレビ「僕たちがやりました」TBS「チア☆ダン」へのドラマ出演やCM、雑誌、ショー等、活躍の場を広げている。

■キャスト
Creative Director:藤野 良太
Art Director:我妻 晃司(YAR)
Photographer:石田 真澄
Stylist:一ツ山 佳子
Hair&Make:Kyoko
Model:八木 莉可子

■ロゴカラーに込めた想い

今までのスマ婚とは違い、美しさを兼ね備えたロゴデザインに変更しました。またカラーも今までのゴールドから、西洋のおまじないにある、サムシングフォーの中から”Something Blue”をロゴカラーとし、スマ婚を選択していただいた新郎新婦様の結婚式が成功するように、影ながら誠心誠意支えるスマ婚を象徴する色といたしました。

■サービスの拡充と統合

2009年にサービスを開始した「スマ婚」は、年間1,000組の新郎新婦様と、結婚式という人生の節目をともにしてまいりました。サービス開始以来、費用のことで結婚式自体をあきらめていただきたくない、という思いから、低価格でより多くの皆様に結婚式を挙げていただけるよう、費用、サービスともに改善を続け、今日に至ります。
また、昨今、少人数での結婚式や 1.5次会等、お客様のニーズが多様化していくことを受け、「スマ婚挙式」「1.5次会婚」「スマ婚リゾート」の各サービスを開始し、ニーズにお応えできるようなサービスの拡充を図ってまいりました。
そしてこの度、これらの新たなサービスを、「スマ婚」というブランドに統合。結婚式をご検討されている皆様にとって、より多くの選択肢をご提示し、ただ低価格なだけでなく、「安く」「美しく」そして、「自由な」結婚式を挙げていただけるよう、サービス自体の見直しをいたしました。

■各サービス紹介

「結婚式をみんなのものへ。お金や形式に縛られず、より自由にカジュアルに。」
マザーブランドとしての「スマ婚」は、各サービスのコンセプトの象徴であるとともに、スタンダードな国内挙式と披露宴を展開するサービスです。

「ご家族で、心温まる結婚式を。」
ふたりだけの結婚式から、ご家族・ご親族を招待する 20 名様以下での結婚式をご希望の新郎新婦様向けのサービスです。

「ゲストの負担なく、アットホームな結婚式を。」
会費制とすることで列席者の金銭的負担を抑えたいという新郎新婦様や、リゾート挙式・神社挙式等のアフターパーティーをご希望の新郎新婦様向けのサービスです。

「憧れのハワイ挙式を手軽に、スマートに。」
スマ婚のノウハウを活かして低価格リゾート挙式をご提供する、ハワイでの結婚式をご希望の新郎新婦様向けのサービスです。

「プロにお任せで、最高のパーティーを。」
株式会社メイションとして2003年より手掛け、累計3万組のプロデュース実績がある「2 次会くん」を、スマ婚ブランドでもご利用いただけるようにいたしました。

■スマ婚Webサイト
https://smakon.jp/

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

「スマ婚」のサービス刷新、フルリニューアルのリリースについて考察

と、上記のようなリブランドを実施します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

リブランドの概要と目的

  • モデルの変更
  • サービスの刷新
  • ロゴの変更
  • ビジュアルが制作

具体的な内容は上記の通りで、「スマ婚」というブランドの下に様々なウェディングスタイルのサービスが紐づくようなブランド構成になるようです。

このブランド構成はプロデュースサービスとしては一番わかりやすいと個人的には思っていて

  • スマ婚=安い、美しい、自由

このブランドコンセプトがあってそれにリゾート、少人数、会費制などニーズ毎にユーザーを獲得していくというのが効率的だと思うからです。

  • スマ婚 リゾート=安く美しく自由なリゾート婚
  • スマ婚 少人数=安く美しく自由な少人数婚
  • スマ婚 会費制=安く美しく自由な会費制結婚式

例えば他の業界だと、

  • ライザップ=結果にコミットする
  • ライザップ ゴルフ=ゴルフの結果にコミットするスクール
  • ライザップ 英会話=英語が話せる結果にコミットするスクール

みたいにすぐにサービスイメージとコンセプトを想起できるからですね。なのでスマ婚とは?というブランディングが今後は重要な

イメージキャラクターの小話

結婚式場で芸能人などをモデルとして起用しているケースは少ないですが(実際に自社の式場で結婚式を挙げたなどの場合は別)、今回のスマ婚などプロデュースやメディアは起用しているケースも多いですね。

  • ゼクシィ:歴代ゼクシィガール
  • ハナユメ:渡辺直美
  • マイナビウエディング:吉川 愛/新田 真剣佑

などなど。自分はこういった企画や実行をやったことがないので正誤は定かではないですが、ブライダルの場合は自分事化しない人がいいみたいです。ゼクシィガールの出演時年齢が20歳前後なのはそのためだと思います。20代の人も30代の人もそれだけ若ければ敵としてみないですからね。

 

「スマ婚」のサービス刷新、フルリニューアルのリリースについてまとめ

リリースの内容に絡めてブランドについても少し書きました。リニューアルは7/1からということでこの記事を書いた時点ではまだ変わっていませんでしたが、今後どのように展開していくのか楽しみですね。

 

おわり

 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事