更新日 2020年05月12日

【プレスリリース考察】スペサンが「HAPPY LINK PROJECT」始動

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、5/11に出た「テレワーク中の社員の幸福度を高める!「HAPPY LINK PROJECT」始動!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社スペサン
配信日時 2020年5月11日 11時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000019069.html
タイトル テレワーク中の社員の幸福度を高める!「HAPPY LINK PROJECT」始動!

コミュニケーション不足解消と心身の健康維持の為に企業の枠を超えた場づくりを。プロジェクトチームとして、株式会社アカツキ・サイボウズ株式会社が参画!
社員の幸福度を高めることで、企業の中長期的な成長を支援する「社外CHO(Chief Happiness Officer)」サービスを提供する株式会社スペサン(Special Thanks Inc.)は、新型コロナウィルスによって働き方が激変する中での、コミュニケーション不足の解消と心身の健康維持のため、想いに賛同してくださる企業の皆様と「HAPPY LINK PROJECT(ハッピーリンクプロジェクト)」を始動させました。
■プロジェクトの概要
プロジェクトの運営は、クローズドなFacebookグループ上で行われており、参画企業の社員は、オンラインで開催される様々なコンテンツに参加することが可能です。現在は、ストレッチ、ヨガ、瞑想などのコンテンツが提供されており、順次拡大していきます。
■プロジェクトの目的
①新型コロナウィルスにより激変する環境下での心身の健康を保つ
リモートワークが常態化すると、業務外の雑談的なコミュニケーションが減ってしまい、心に余裕が無くなったり、気がつけば1日中デスクに向かっていて肩こりや腰痛がひどくなったり、心身の健康を害する影響がしばしば見受けられます。本プロジェクトでは、自宅でできる簡単なアクティビティのレクチャーや、コミュニケーションが取れる場の提供を通じて、多くの人が直面しているこうした状況の解決を目指しています。
②社員の「幸せ」について考え、実践している仲間と繋がる
現在、社員のエンゲージメント向上や幸福度の向上に取り組んでいる企業も多いかと思います。実際に、幸福感の高い社員はそうでない社員に比べて、創造性は3倍になり、生産性は31%高く、売上は37%高いということが研究によりわかっています。(*)
企業の業績にも大きな影響を及ぼす、インナーコミュニケーション / インナーブランディングの領域ですが、それを担っている方同士の横のつながりはあまり作られていないと感じています。こういった領域に感度の高い企業が集い、社員同士が企業の枠を超えてつながることで、ノウハウを共有し、各企業の更なる成長に貢献できると考えます。本プロジェクトは、そのための交流の場になることも目指しています。
(*)参考
ソニア・リュボミルスキー / カリフォルニア大学
ローラ・キング / ミズーリ大学
エド・ディーナー / イリノイ大学・ギャラップ
■運営体制について
プロジェクト発足チームとして、株式会社スペサン、株式会社アカツキ、サイボウズ株式会社が参画しており、順次参画企業は増えていく予定です。運営は無料で行われており、グループ内のコンテンツは各企業が相互に提供しています。Facebookグループは非公開のため、参加を承認された企業に所属する社員の方々のみ参加可能となっています。
■提供されるコンテンツ
現在、以下のコンテンツを提供中です。(5/11 時点)
・ストレッチ
・ピラティス
・ヨガ
・ゴングメディテーション(瞑想)
今後も身体的なレッスンに限らず、共通の興味で集まっての座談会やオンライン飲み会など、コミュニケーションのきっかけになるものも含めて、コンテンツは随時拡充を予定しています。2020年4月15日にプロジェクトを企画し、既に15クラスが開催されており、参加者からはポジティブなコメントが寄せられています。
■プロジェクトへの想い
私たちはこの場を通じて、「社員がイキイキ働ける会社」「社員が安心して健康に働ける会社」「社員が幸せに働ける会社」を目指す企業と人を繋ぎ、その輪を広げることで、このメッセージをより多くの人に届けたいと考えています。幸せに働く社員が増えることは、企業の成長と、より良い社会の実現へと繋がっていくはずです。それぞれの想い・価値観に共感し合える人々が集まることで、大きなエネルギーを生み出し、その変化の一端を担えると信じています。
株式会社スペサンは、これからも社員の幸福度を高める「社外CHO(Chief Happiness Officer)」事業を通じて、企業の中長期的な成長と社会の幸福度の向上を実現すべく、邁進して参ります。
■お問い合わせ先
本プロジェクトについての取材やお問い合わせは、以下よりご連絡ください。
参画希望の企業様も、以下よりその旨ご連絡頂けますと幸いです。
なお、参画にあたってはいくつかの条件がございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせを頂きましたら、順次弊社担当よりお返事致します。
TEL:(原則リモートワーク中に付き、お電話での問合せをご遠慮頂いております)
MAIL:contact@sp-thanks.com
以下ウェブサイトのフォームからもお問い合わせ頂けます。
https://sp-thanks.com/cho/
■株式会社スペサンについて
株式会社スペサンは「人を幸せにする 心震える瞬間の創造」を経営理念とし、多くの人の幸せに貢献するための事業を展開しています。
・オーダーメイドサプライズプロデュース「Surprise Holic」
https://surprise-holic.com/
・大切な人たちに心から喜んでもらえるオリジナルウェディング「HAKU」
https://haku-cb.com/
・働く人を幸せにするインナーコミュニケーションコンサルティング「Special Thanks」
https://sp-thanks.com/cho/
ライフイベントをより心震える瞬間にして、大切な人たちとの絆を深めたい皆様、そして、社員の幸福度向上を通じて、中長期的な成長を目指す企業の皆様のお役に立てますよう、これからも邁進して参ります。
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

スペサンが「HAPPY LINK PROJECT」始動のリリースについて考察

と、上記のようなプロジェクトをスタートします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

プロジェクトの概要と目的

先日オンラインウェディングプロデュースのリリースを出したばかりのスペサンから立て続けのリリース。
テレワークの影響で運動不足など心身の幸福を保つことを目的にし、ストレッチ、ピラティス、ヨガ、ゴングメディテーション(瞑想)などのコンテンツをオンラインで提供していくプロジェクトです。ブライダルの側面で見るとプロデュース会社としての印象が強いスペサンですが、「人を幸せにする 心震える瞬間の創造」を経営理念としており、幅広く活動されていますね。

テレワークの浸透と弊害、そして今後

コロナウイルスの影響がきっかけでテレワークを取り入れる企業が増えた一方、コロナ離婚、コロナ鬱などネガティブな面での生活への影響も出てきています。仮にウイルスの社会への影響が落ち着いたとして今のようなテレワークが継続するのか、ある程度元に戻るのかはわからないですが、テレワークでも問題ないと感じた企業は沈静後も今のような働き方を継続する可能性は高いでしょう。Zoom飲みも登場初期ほどの勢いがなくなってきているように、オフラインで人と会ったり話したりすることの付加価値を再確認してきているように個人的には思います。
一方、多様な働き方が選択肢として世に生まれるのはいいことだと思っていて、今回のプロジェクトのように新しいスタイルを支えていくようなサービスも今後生まれていくでしょう。様々な選択肢があり自由に自分で選ぶことができる社会における新しいサービス、ビジネスモデルはこれからもどんどん作られていくんじゃないかなと思います。
 

スペサンが「HAPPY LINK PROJECT」始動のリリースについてまとめ

今回のプロジェクトがアカツキ、サイボウズとの共同であるように企業の垣根を超えたプロジェクトも生まれてきています。これまでのブライダル業界はどちらかと言えば閉鎖的でブライダル企業同士のつながりもほとんどなかったですが、今後は果たして…。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事