【プレスリリース考察】スペサンが法人向け新サービス「Special Thanks」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、10/28に出た「はたらく人の幸福度を高める、法人向け新サービス「Special Thanks」リリースについて」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。


プレスリリースの概要

発信者 株式会社スペサン
配信日時 2019年10月28日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000019069.html
タイトル はたらく人の幸福度を高める、法人向け新サービス「Special Thanks」リリースについて

サプライズプロデュース事業「Surprise Holic」、オリジナルウェディング事業「HAKU」を運営する株式会社スペサンは、この度、法人向けインナーコミュニケーションコンサルティング事業「Special Thanks」を本格スタートし、新たにサービスサイトを公開致しました。

【新サービスサイト】

https://sp-thanks.com/cho/

これまで培ってきた感動づくりのノウハウとクリエイティブの強みを活かして、プランニングから制作・オペレーションまで、ワンストップで組織課題の解決をお手伝い致します。
イベントなどの特別な場のプロデュースだけでなく、我々が社外CHO(Chief Happiness Officer)となり、日常的な職場に働きかける施策を通じて、働く方々の幸福度向上を目指す伴走型のコンサルティングサービスです。

■サービス開始の背景
株式会社スペサンは「人を幸せにする 心震える瞬間の創造」を経営理念とし、多くの人の幸せに貢献するための事業を展開しています。

これまで、主には個人のお客様に対して、大切な人へのサプライズをより感動的に演出する「サプライズプロデュース事業」と、型にはまらない自由なスタイルで、大切な人たちに心から喜んでもらえる結婚式をつくる「オリジナルウェディング事業」の2つを運営してきました。
いずれも、多くのお客様の人生の大切な瞬間をお手伝いさせて頂き、事業も成長を続けて参りました。

しかし、「ワークライフバランス」という言葉があるように、人生には公・私の両面があります。
どちらか一方が人生なのではなく、両面が揃って人生であると考えた時に、私たちは「ライフ」の側面にしかアプローチしておらず、お客様の人生の幸せを実現するには不十分な状態であると思い至りました。
ワークとライフが揃って人生ならば、どちらかの幸せを諦めるのではなく、どちらも幸せにして、豊かな人生を送る人を増やしたい。ワークとライフを無理矢理バランスさせるのではなく、ワークもライフも幸せになれる機会を増やすことに貢献したい。こうした想いから、この事業は生まれました。

■サービスの目的
「Special Thanks」は、従業員の皆様の幸福度向上を実現することで、企業の中長期的な成長を支援することを目的としています。
実際に、働く人の幸福度が高まると以下のような効果が期待される事が研究の結果わかっています。(※1)

・生産性 30%アップ
・営業成績 37%アップ
・クリエイティビティ 300%アップ

また、人間の幸福感に影響を及ぼす唯一の要因は人間関係である、という研究結果もあり(※2)、インナーコミュニケーションの課題解決は、従業員の幸福と企業の成長に対して非常に大きな影響を及ぼすと考えられます。

私たちは、この課題解決を通じて、はたらく人々と多くの企業様に貢献していくことをこのサービスの目的としています。

■サービスの特徴
「Special Thanks」では、サーベイやグループインタビューの実施によって課題を把握し、それを解決する様々な施策をご提案していきます。

データ分析や打ち手のアドバイスだけでなく、アイテム・ツールのデザインからイベントのプロデュースなど、クリエイティブの強みを活かして施策の実行までワンストップでお手伝いできることが私たちの強みです。

これまでに培った感動づくりのノウハウを用いて、イベントなどの特別なシーンに限らず、日常的な職場での関係性改善を伴走型のコンサルティングでサポートします。

お客様の社外CHO(Chief Happiness Officer)として、社内の担当部署の皆様と定例ミーティングを設定し、随時PDCAを回しながら、幸福度向上を目指すことが特徴です。

※CHO(Chief Happiness Officer)とは?
近年、海外での成功事例から注目を集めているポジション。 組織内の幸福度向上や、企業文化の醸成をミッションとし、 その領域から企業の持続的成長に貢献する役割を担う。

■事例
先行してサービス提供を開始させて頂く中で、従業員の幸福度やエンゲージメントの向上といったテーマを大切にされている様々な企業様のお手伝いをさせて頂いております。
一部の企業様の事例をご紹介します。

サイボウズ株式会社 様
「人事部感動課」という、お客様社内の部署の皆様と1つのチームとなり、インナーコミュニケーション施策の企画立案から実行までを総合的にサポート。
定例会議において、進行中のプロジェクトのブラッシュアップを行いながら、新たなアイディア出しやツールのデザイン、イベントのディレクションなどをお手伝いし、社内の感動創出に一緒に取り組ませて頂いています。

株式会社アカツキ 様
人事部内Heartfulチームを支援。「ハートドリブンな世界へ」というビジョンに向かって、社内の理念浸透施策をサポート。社長が想いを語るセミナーを動画コンテンツとしてアーカイブし、各拠点のメンバーがいつでも何度でもその想いに触れられる状態を実現。
また全社オフサイトのコンセプトムービーならびにBGM全体をコーディネート。社員共通の価値観や言語を理解そして体感できる場作りも通じて、より強固な企業文化の実現をお手伝いしています。

—ここまでリリースから抜粋—

問い合わせ先、会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

スペサンの法人向け新サービス開始のリリースについて考察

と、上記のように新しいサービスを開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

法人向け新サービスの概要

社外CHO(Chief Happiness Officer)法人として、インナーコミュニケーションを解決するための伴走型のコンサルティングサービスです。

HAKUのようなウェディングプロデュースは新郎新婦を対象とした結婚式を作っていくわけですが、今回のサービスは法人が対象で、社内の様々な課題に対し、

  1. 調査
  2. コンセプト設計
  3. チーム組成
  4. アイディア提案から施策実行

という流れで解決するサービスですね。ウェディングプロデュースと流れは似ていますね。

ブライダルリソースを活用した業界外への展開の可能性

今回のリリースで出ている新サービスは「ブライダル事業のノウハウを活かして外部業界へ展開しているサービス」だと言えます。

有形無形問わず、また自己認識しているかどうかを問わず、ブライダル業界ならではのリソースはたくさんあります。一方、「結婚式を販売して稼ぐ」という単一のビジネスモデルの限界はすでに見えてきているので、こういったリソースを活用した新しいモデルの事業を作っていくことが急務だとも言えます。

  • 平日の結婚式場を利用した法人宴会利用やセミナー開催
  • 結婚式場で開催するイベントの出店企業募集
  • 結婚式場を利用した方へのCRM
  • プロデュースノウハウを利用した法人向けコンサルティング

などなど、まだ考えればいくつかありますが、このブログでもすでに取り上げたことがあるものだけでも上記のような切り口の施策はすでに多くの企業で取り組まれています。

 

スペサンの法人向け新サービス開始のリリースについてまとめ

ブライダルとは直接は関係ないリリースの紹介でしたが、ブライダル企業が今後どのような事業展開をしていくことが必要か、リソースを活用した外部行刑進出の一例だなと思ったので今回取り上げてみました。結婚式を販売する、というモデルの精度向上を目指すのはもちろん大事ではあるのですが、それ以外のマネタイズポイントづくりも必要だと思います。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」配信中!

メールマガジン「ブライダル業界の”裏”知恵袋」では、毎回1つのテーマやトピックについてブログでは書けない内容をより深く・本音でお送りしています。

メルマガの講読は完全無料で、毎週配信しております。

  • 新しい角度からブライダル業界について見てみたい
  • ブライダル業界について深く学びたい
  • アナロジーにについて知りたい

などの方は、ぜひご購読ください。

 


無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*