更新日 2021年02月12日

【プレスリリース考察】サトミノワールがClubhouseでトークルームを開催!

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、2/3に出た「日本初!話題の『Clubhouse』でウエディング相談!5000組のカップルを担当したウエディングプランナーがカップルの質問に答えるトークルームを開催」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社Satomi Noir
配信日時 2021年2月3日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000070011.html
タイトル 日本初!話題の『Clubhouse』でウエディング相談!5000組のカップルを担当したウエディングプランナーがカップルの質問に答えるトークルームを開催

2021年のカップル応援企画!
コロナ禍の影響で結婚式会場の見学や式の打合せに足を運べず、自分の思ったとおりの結婚式の実現に不安を持っているカップルが増えています。
そんなWithコロナ時代のカップルの悩みに答えるため、話題の招待制メンバー限定オーディオアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」でカップルの質問に答えるトークルームを開催します。

「その先の人生を照らし続ける光でありたい。」を企業理念に掲げ、ウエディング事業を展開する株式会社サトミノワールは、日本初そして結婚式業界初の試みとして、オーディオアプリClubhouse(クラブハウス)でWithコロナ時代のカップルが抱える問題解決のためのトークルーム(https://www.joinclubhouse.com/event/mZrOylnd)を開催します。

‏Clubhouseとは、トークルームというヴァーチャルな舞台で、モデレーターと参加者が会話をするオーディオアプリ。ルーム内でモデレーターが参加者に発言を促し、ある種のパネルディスカッションのように会話をすることができます。
この自由なディスカッションの場という機能を活かして、withコロナ時代のカップルが抱えている疑問や悩みを直接受け取り、その場で解決のヒントをご提供することがねらいです。

・2021年の結婚式トレンドは、”家族ファースト”の少人数婚!

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2度目の緊急事態宣言が出され、結婚式の開催を悩む夫婦が増えている中、コロナ対策を万全にした上で少人数で挙げる結婚式が注目されています。最新の調査(eMariageが2020年11月に20〜30代男女1,000人へ実施した結婚式の規模に関するインターネット意識調査)では、「Q.2020〜2021年に結婚式をするならどちらを選びますか?」という質問に対して、「少人数の家族とリッチに過ごす」と回答した人が90.4%と大多数を占め、「大人数のゲストと楽しく過ごす結婚式」と回答した人がわずか9.6%にとどまりました。
調査から、これまで結婚式の定番であった大人数のゲストを招待して披露宴や二次会を行うスタイルから、家族中心のリッチな少人数婚へ、コロナ禍を転機として新郎新婦が求める結婚式のイメージが大きく変わっていることが分かります。

さらに、「Q.結婚式のどの部分にこだわりたい(お金をかけたい)ですか?」という質問に対しては、「1位 家族との時間が充実」「3位 会場の雰囲気が上質」と、家族水入らずの時間を贅沢に過ごしたい新郎新婦が多数という結果に。また、これまでの結婚式の定番スタイルであった「ゲストが多数参加できる」という部分に関しては、わずか3.5%の回答率にとどまり最下位でした。

2021年の結婚式は少人数婚、そしてキーワードは”家族ファースト”。新郎新婦の大切な家族と向き合い、水入らずの時間を贅沢に過ごすことで、両家に一生の絆をつくる新しい結婚式のスタイルがトレンドになると予想されます。

いま、この時代の結婚式で大切なことをお伝えします。
今回のClubhouseのトークルームでは、コロナ禍で結婚式についてお悩みのカップルへ、それぞれの事情に合った「答え」が出せるように。カップルの「いま」に寄り添います。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

サトミノワールがClubhouseでトークルームを開催!のリリースについて考察

と、上記のようなトークルームを実施します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

Clubhouse活用の概要と目的

Clubhouseについてはリリース内にも書かれていますが、1月後半から急速にはやりだしたSNSのようなものです。ググればいろいろ出てきますので、気になる方は調べてみてください。今回のリリースはそのClubhouseを使って、結婚式の相談を受け付けますよという内容です。

ふらっと通常の相談予約やLINEでの相談と比べて、アプリ内でフラット立ち寄れる、挙手すれば質問することができる、アーカイブが残らないなどかなりライト参加できるので、相談する心理的なハードルが低いのも特徴の1つです。

ブライダル業界でのClubhouse活用の可能性

私個人でいえばClubhouseを始めて2週間くらいですが、ブライダル業界の人が話す部屋だけでなく、プレ花の方と事業者の相談ルームも最近よく出てきているように思います。スピードの速い企業はもうどうやって使おうか具体的なところまで検討を進めているように思います。

今はまだAndroidは使えないですが、いずれリリースされたとして、結婚式場やブライダルで活用の可能性はあるのでしょうか?私はあると思っていて、式場というよりはむしろフリーランスなど個人で活動されている方の方が相性はいいかもしれません。

フォロワーを増やすためにのテクニック論などもtwitterなどでちらちら出始めていますが、話が得意な方はぜひ取り組み始めるとよいんじゃないかと思います。

 

サトミノワールがClubhouseでトークルームを開催!のリリースについてまとめ

このリリースで出ているroomは見たことがないですが、ブライダル関連のC向けroomは増えているように思います。Instagramのようにより早く活用できた企業が勝つのかなぁと思って見ています。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事