【プレスリリース考察】リクシィがブライダルイベントWedding Select Fes(ウエディング セレクトフェス)を6月8日に開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】リクシィがプレ花嫁向けのイベント開催

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、5/24に出た「自分たちらしいスタイルの結婚式が発見できるブライダルイベントWedding Select Fes(ウエディング セレクトフェス)を6月8日に開催」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社リクシィ
配信日時 2019年5月24日 11時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000027297.html
タイトル 自分たちらしいスタイルの結婚式が発見できるブライダルイベントWedding Select Fes(ウエディング セレクトフェス)を6月8日に開催

自由な結婚式をサポートするWebサービス“Choole(チュールウエディング)”と提案型の結婚式相談カウンター“gensen wedding”を運営する株式会社リクシィが、2019年6月8日(土)にこれから結婚を予定している方々へ向け、今までになかった新しい形のブライダルイベント"Wedding Select Fes(ウエディング セレクトフェス) ~ gensen wedding vs Choole~"を開催。

結婚式に対する価値観も大きく変化し、自分たちらしい結婚式を重視するユーザーが増加する中、リクシィでは、ウエディングドレス、ヘアメイクなどの必要なアイテムを自分の好みで選んで結婚式場を利用できる業界初の自由な結婚式をサポートするWebサービス「Choole(チュールウエディング)」や、元プランナーが結婚式場探しをサポートする、ハイクオリティな提案型の無料相談カウンター「gensen wedding (ゲンセンウエディング)」の提供を行っています。

その中で、結婚式に対する固定概念に縛られすぎていたり、自分たちらしさを求めながらも具体的なイメージを持てずに不本意な結婚式場選びをされるケースを多く見てきました。リクシィは結婚式の在り方は既に大きく変化しており、様々なスタイルを知った上で、自分たちにあうものを選ぶべきだと考えています。業界経験10年と、累計400組の結婚式をサポートしてきたノウハウを活かし、自身の価値観が整理され、結婚式の準備をスタートできるような選択肢を提供する場をつくるため、この度"Wedding Select Fes(ウエディング セレクトフェス)~ gensen wedding vs Choole~を開催いたします。「gensen wedding=ハイクオリティで伝統的な価値観のウエディングスタイル」、「Choole=自由で革新的なウエディングスタイル」の両者を一覧で見て、その中から本当に求めるスタイルやサービスをイメージしやすくする従来になかったウエディングイベントを目指します。

また、twitter上でハッシュタグキャンペーンを実施し、「#結婚式こうしたい」の意見を集め、結婚式に対する意見をまとめたレポートを後日発信いたします。

※イベントの開催概要や内容の詳細については、上記プレスリリースのリンクにてご確認ください

 

リクシィイベントのリリースについて考察

と、上記のようなイベントを開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

提携している結婚式場側の視点

イベントページを見ると、イベント内のコンテンツは体験系のものが多く、ゼクシィやハナユメなどのイベントと違って結婚式場相談ブースのようなものが見当たらないので(会場の規模的にも無理でしょう)、送客目的というよりは認知拡大やイベント後のリレーション構築からのマネタイズが主目的なのではないかと思います。

なので、このイベントに関しては結婚式場側で意識することや準備することなどは特に何もないと思います。

イベント主催者の視点

toC向けのイベントを開催するときの成否を分けるポイントは、イベント開催目的にもよりますが集客とオペレーションです。

このイベントの集客導線は、

  • gensen weddingからのバナーリンク
  • chooleからのバナーリンク
  • ウェブ広告経由の直接のランディング

この3つ(他にもあるかもしれませんが確認できたのはこれ、交通とかもあるかな?)なので、組定員200組400名分の事前予約+当日来場を獲得していくことが必要になります。ただ、(あまり喜ばしくないことだと思いますが…)同日同時間帯しかも同じ渋谷ヒカリエでゼクシィイベントが開催される予定なので、その辺はかなり厳しい戦いになりそうな気がします。

オペレーションの観点では、来場者の時間帯を区切っていないのでおそらく12時~14時くらいに来場者が固まることが予想されます。特に試着系コンテンツなど体験系コンテンツは渋滞が起こるとユーザーの参加満足度が下がるので、どんな感じになるのかなと思います。

最近のイベントのトレンド

数年前までは首都圏でのイベントはウエコレだけだったのですが、近年はハナユメのブラフェスやゼクシィプチフェスタなど、首都圏で開催される媒体主催イベントが増えてきています。開催回数が増えるとユーザーの奪い合いになるので、イベントごとの集客難易度は高くなっていきそうです。

 

リクシィイベントのリリースについてまとめ

自社で運営している2ブランドを同時にイベントで使う、というのはおそらく業界で初めてだと思います。ウェディングのトレンドも変わってきていますし、このイベントをきっかけに結婚式場や媒体のマーケティングの方法が変わっていくきっかけになるといいなと思いました。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界のお役立ち資料集 無料ダウンロード

ブライダル業界で働く方にとって役に立つ資料を公開しています。無料ダウンロードできます。

 ●ブライダル媒体からの集客攻略法

 ●SEO施策の概要とブライダル業界のメディア事例集

 ●ブライダルビジネスの業績管理の方法(勉強用資料)

 ●ブライダルビジネスの基礎(勉強用資料)

 ●ブライダルサービス全25種のビジネスモデル図解集

 ●結婚式場の予算フォーマット(エクセル)

など、今後も随時追加予定です。業界知識の習得や新規事業の企画などにぜひご活用ください。


ブライダル業界のお役立ち資料集を無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*