更新日 2019年12月06日

【プレスリリース考察】リクシィが企業向けチャットコンサルの提供を開始!

【プレスリリース考察】リクシィが企業向けチャットコンサルを開始_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、12/3に出た「ブライダル業界初!月額5万円で質問無制限!企業向けチャットコンサルの提供を開始!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社リクシィ
配信日時 2019年12月3日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000027297.html
タイトル ブライダル業界初!月額5万円で質問無制限!企業向けチャットコンサルの提供を開始!

株式会社リクシィは、ブライダル企業の事業をサポートするブライダルコンサルティング事業において業界初となる企業向けチャットコンサルサービスを開始しました。
リクシィブライダルコンサルティング(https://consulting.rexit.co.jp/)は「ブライダルの事業レベルを異次元に高める」ことをコンセプトにし、ブライダルビジネス、インターネットビジネスで実績を残した、実務経験豊富なプロフェッショナルによる、コンサルティングです。過去のコンサル実績では赤字経営のV字回復に寄与し、新規契約200%以上の伸び率へと寄与して参りました。
■新サービス開始の背景
200会場以上のコンサル支援を通し、現場のリアルな課題とニーズをお伺いする中で喫緊の集客課題があるものの、課題解決に向けた業務支援を受ける為の時間創出が難しいケースが過半数にのぼっていることを受け、月額5万円の低価格にて質問無制限、場所や時間を選ばずにご相談いただけれる窓口としてチャットコンサルサービスを開始致しました。また本サービスは単月契約の為、「本格的なコンサルを導入する前にまずは試してみたい」というニーズにもお応えします。
■「チャットコンサル」サービス概要
【期間】2019年12月3日(火)〜
【料金】定額5万円/月
【担当例】
・富田竜介
新卒でCyberAgentの子会社に入社。入社後、営業にて社内最速でMVP,ギネス記録を樹立。その後化粧品DtoCベンチャー企業にて広告運用からチラシの制作などオンライン,オフライン両軸を経験。その後フィットネスのスタートアップにてマーケティング部署立ち上げを責任者とし、グロースを経験。Instagramは1年で10万フォロワーの拡大をした。2019年5月にリクシィに参画。
< 活用事例 >
・Webマーケティングの知識装着
・Facebook、InstagramのSNS運用強化
・オウンドメディアの運用強化
リクシィではブライダル事業者側・コンサルティング側の両面における数多くの実績とブライダルにかかわる幅広いネットワークを活かし、ブライダル産業の発展へ寄与すべく今後もサービスの拡充を進めて参ります。
—ここまでリリースから抜粋—
サービス内容、会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

リクシィのチャットコンサル開始のリリースについて考察

と、上記のように新しいサービスを開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

コンサルティング業の矛盾

いきなり個人的な話ですが、私のファーストキャリアはコンサルティングファームから始まっています。今から10年以上前になりますが、その時から変わらないことが2点あります。

  1. コンサルを必要としている会社ほどコンサルティングフィーを支払えない
  2. コンサルをどこまで有効活用できるかは発注者側の体制に大きく影響する

まず1つめですが、そもそもコンサルを依頼したいと思う会社は何かしらのことに困っています。万事順調であれば頼らないですからね。何かがやりたいけど出来ない、やり方がわからない、という場合に外部のコンサルを利用するわけですが、そういう会社は得てして業績が悪いことがほとんどです。一般的にコンサルフィーはそれなりに高額になるケースが多いですから、コンサルを必要とする会社=業績が良くない=コンサルフィー負担が大きい=結局他の方法を探す、となりがちです。
次に2つめですが、コンサルを業としてされている方は何かの専門家であることがほとんどですが、依頼企業のサービスや業界について専門家であることは稀です(業界専門のコンサルなどは除く)。コンサルティングプロジェクトでは、依頼企業の担当者とタッグを組んで進めていくことが多いのですが、キチンとディレクションせずに丸投げするとたいていは失敗します。なので、完全丸投げではなく1つの目的を達成するためのパートナーとして接したほうが良い結果になりやすいです。
この2つの特徴(というか業界的な課題)があるのですが、今回のサービスはこれをいい具合いに解決できるサービスだなと思います。
ちなみに、こういった一般的なコンサルティング活用を考える際の重要ポイントは下記の記事にまとめてありますので、参考にご覧ください。

新サービスのメリット

今回のリリースのサービスの特徴を簡単にまとめると

  • 月額5万円
  • チャット無制限

この2点。一般的なブライダルコンサルだと安くても20万円~、とかが多いですし、ヒアリング→要件定義→提案書→プロジェクト開始→定例MTG→改善施策実施…、となると発注者側の負担もそれなりです。これらのブライダルコンサルティングにおける課題を解決できるサービスなので、すごい需要はありそうですし、リクシィの知名度も高いので引き合いも多いんじゃないかなと思います。
気になるのは、レスポンスのスピード、相談できる領域、担当者、まとめるとチャット相談で課題は解決するの?というところですが、オンライン申込からの決済ではなく、一度サイト問合せからの開始なのでそのあたりの説明は問合せ後にあるのだろうと想定します。あと、ツールはたぶんチャットワークかなと思います。
 

リクシィのチャットコンサル開始のリリースについてまとめ

普通にいいですよね。実は同じようなこと始めようとしていたのですが、ブライダル業界初ではなくなってしまいましたので、ちょっと思考を変えて、弊社でもこういったサービスを提供していこうかと考えています。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事