更新日 2020年03月18日

【プレスリリース考察】プラコレが2020年最新版ウェディングプランナー/プロデュース会社ランキング大公開!

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、3/13に出た「実際にブライダルフェアに参加した新郎新婦が選ぶ!2020年最新版ウェディングプランナー/プロデュース会社ランキング大公開!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 冒険法人プラコレ
配信日時 2020年3月13日 9時50分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000021126.html
タイトル 実際にブライダルフェアに参加した新郎新婦が選ぶ!2020年最新版ウェディングプランナー/プロデュース会社ランキング大公開!

ウェディングプランナー登録数日本最大!結婚式のチャットコミュニケーションメディア「プラコレウェディング」を運営する、冒険法人プラコレは、2019年9月~2019年12月にプラコレウェディングに登録、実際にブライダルフェアに参加したお客様のアンケートより「ウェディングプランナー/プロデュース会社」の調査を実施いたしました。
■くわしい調査結果はコチラから
https://dressy.pla-cole.wedding/wedding-produce-ranking/
——————————————————————————————–
■まとめ
2019年9月~2019年12月にプラコレウェディングに登録、
実際にブライダルフェアに参加したお客様のアンケートより集計。
・プランナー部門ではCRAZYWEDDING所属の保倉冴子さんが1位。
・全体の90%が重視する「料理」はグローヴエンターテイメントが1位。
・プロデュース部門は全国に展開するアルカンシエルグループが1位。
・会場というハード部分でもアルカンシエルグループが1位。
——————————————————————————————–
プラコレは、「自由な未来をつくる」という経営理念のもと、新郎新婦のリアルな声を収集。その声から本当に知りたい情報を発信しています。ブライダル業界のSNSリーディングカンパニーとして「自由な結婚式をつくる人を増やす」をサービス理念に、ユーザーだけでなく、ブライダル業界で働く人たちのお給料をあげられるような業界改革を熱量もって推進しているチームです。
現在 プラコレウェディングでは、400社近くのウェディングプロデュース会社、1700会場を超える結婚式場と提携しています。結婚式場選びやウェディングプランナー選びに迷った際は、以下のランキング情報も参考にしてみてくださいね。
 

  • プランナー部門ではCRAZYWEDDING所属の保倉冴子さんが1位。

プラコレが展開している「ウェディングレポート」は、ウェディングプランナーが自身で作り上げた結婚式の様子を写真付きで紹介しています。会場コーディネートや演出など、式当日のイメージを膨らませることに役立ちます。そんなウェディングレポートは毎日、ウェディングプランナーが情報を発信してくれています。そのウェディングレポートは、新郎新婦が自由に「♡ステキ!」することができ、プラコレでは♡を集計し、ランキングにしています。各ウェディングプランナーが手掛けたウェディングレポートを見て、お気に入りのウェディングプランナーを見つけることができる機能です。
https://pla-cole.wedding/wedding_reports/
 

  • 全体の90%以上が重視する「料理」はグローヴエンターテイメント。

プラコレが行った調査では、90%以上のお客様が『料理が美味しい』会場で結婚式を検討しているという声が挙がっています。実際の新郎新婦のリアルなクチコミと評価によって選ばれた料理が美味しいプロデュース会社ランキングをぜひ参考にしてみてくださいね。
 

  • プロデュース部門は全国に展開するアルカンシエルグループが1位。

やっぱり重要なのはウェディングの中身。プラコレウェディングを使った新郎新婦のリアルなクチコミによって選ばれた、結婚式のプロデュース力・ウェディングプランナーの対応が良いランキングです。
 

  • 会場というハード部分でもアルカンシエルグループが1位

アクセスやロケーションも含め、当日過ごす結婚式場もやっぱり大切ですよね。プラコレウェディングの先輩花嫁の、リアルなクチコミによって選ばれた、評価が高い結婚式場の人気ランキングです。
——————————————————————————-
[調査概要]
表題:結婚式に関する実態調査
調査主体:プラコレウェディング
調査方法:フェア来館後のwebアンケート
調査期間:2019年9月~2019年12月
プラコレウェディングに登録、
実際にブライダルフェアに参加したお客様のアンケートより集計。
———————————————————————————
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

プラコレのランキング公開のリリースについて考察

と、上記のようなランキングを公開しました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

ランキングの結果の概要

プラコレユーザーからのアンケート結果をもとに作成、とありますが回答数が書かれていないので、10人?100人?1000人?10000人?どれくらい回答しているのかは気になりますね。また、ランキング結果に嘘偽りはないと思うものの、それぞれの集計方法の違いからなのか「なんでこの結果になったんだろう?」と思う部分はありますね。。
例えば、プランナー部門にCRAZY WEDDINGの方が4名ランクインしているにもかかわらず、プロデュース部門だと圏外とか。これだけ読むと、ウェディングレポートはめっちゃ素敵だけど実際のプロデュースはイマイチ、って読めるけど…、という感じです。
おそらくこのページは新郎新婦向けに書かれているのでそんなこと考える人は少ないと思いますが…。

「プランナーから選ぶ」のコンセプト

個人的に「プランナーから選ぶ」というコンセプトには賛成なのですが、式場やプロデュースに所属しているプランナーを「プランナーから選ぶ」スタイルで選ばせるのは、現状だと無理があると思っています。

  • プランナーから選ぶと業務や担当が偏るので結婚式場運営の生産性が下がる
  • 指名をとれたとしてそれが個人のリターンにならない(インセンティブなどを設定している会社少ない)
  • 指名で契約したお客様の担当を持っていると異動させられない

この辺りが実態とコンセプトがそぐわないと思う理由ですが、例えば美容師のように

  • プランナーのレベル感によってプロデュースフィーを変える(スタイリストとトップスタイリストでカットの金額が違うみたいに)
  • 指名料の何%かをプランナーにバックする仕組みを作る

など、プラコレを単なる集客装置の1つとして使うのではなく「プランナーから選ぶ」のコンセプトにオペレーションや組織設計を合わせていくともうちょっと可能性が広がるかなぁと思います。この辺りはまたいずれ別の記事でちゃんと書きます。
 

プラコレのランキング公開のリリースについてまとめ

ランキングの中身というよりはコンセプト的な話が多くなりました。あと、これは全然別件ですがブライダルのメディアが公開しているランキングっていくつかあるんですが、本当に一致しないですよね…。みんなのウェディングとウエディングパークも全然違うし、新郎新婦がどうやって比較検討しているのか気になります…。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事