" />

【プレスリリース考察】”式場から”ではなく”内容から”選ぶカップルが増加する中、プラコレがリリースしたインスピレーション検索が話題に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、11/19に出た「変わる結婚式の探し方、新時代へ突入か。”式場から”ではなく”内容から”選ぶカップルが増加する中、プラコレがリリースしたインスピレーション検索が話題に。」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。


プレスリリースの概要

発信者 株式会社プラコレ
配信日時 2019年11月19日 13時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000021126.html
タイトル 変わる結婚式の探し方、新時代へ突入か。”式場から”ではなく”内容から”選ぶカップルが増加する中、プラコレがリリースしたインスピレーション検索が話題に。

・なし婚層46.1%に、結婚式離れ加速
・その中でも81.9%が”本当は結婚式をしたい”と回答
・カップルの結婚式への価値観の変化
・ニーズの多様化で結婚式難民増加
・プラコレの新検索機能が話題
・”式場より内容”重視ニーズに対応

ウェディングプランナー登録数日本最大の結婚式のチャットプラットホーム「プラコレwedding」を運営する、 冒険法人プラコレは、 2019年11月19日(火)に”式場”からではなく”内容”から選ぶ『インスピレーション検索』を正式リリース致します。 本機能は約1ヶ月前よりテスト配信しており、 数万サンプルの検索結果と行動履歴をAIに学習、最適な検索結果が表示されるようになり、正式リリースの発表に至りました。 結婚式への価値観の多様化や変化に寄り添った検索結果が表示できるよう、AIが学習し続けることで進化し続ける検索システムです。

  • なし婚層46.1%に、結婚式離れ加速
  • その中でも81.9%が”本当は結婚式をしたい”と回答

現在、 2人に1人は結婚式、 披露宴ともに『ナシ婚』を選ぶ時代に。
プラコレがInstagramで実施した調査では、 結婚が決まった夫婦のうち、 『挙式、 披露宴をともに実施』したと回答したのは53.9%となり、いまや2人に1人は結婚式、 披露宴ともに『ナシ婚』を選ぶという結果に。ナシ婚層が半数を占める中、全体の81.9%が “本当は結婚式を実施したい“と回答をしている。

回答者からは「ほんとはやりたいが、 派手にやりたくない。 」「どんな結婚式がしたいか分からない。 」「同じような結婚式は嫌だ」という声があがり、本当は結婚式をしたいが “やりたい結婚式” が見つからない新郎新婦が多く、結果、結婚式を諦めることになるという回答が多く見られた。

  • カップルの結婚式への価値観の変化
    結婚式を決める上で、内容を重視するカップルが全体の73.2%に。結婚式を場所や式場などハード面から決めるのではなく、実際の内容やウェディングプランナーとの相性などソフト面を重視するカップルが7割以上いることが分かった。結婚式は『お二人のお披露目の場所』から、『大切な人たちに感謝を伝える場所に』変わり、結婚式を実施するカップルの価値観が変わってきた傾向にある。

回答者からは「みんなに感謝の日」「ゲストへのおもてなし」「お世話になった方への挨拶の場」という声が上がった。

  • ニーズの多様化で結婚式難民増加
    SNSやインターネットが広く普及し、浸透した現代、”プレ花嫁” “卒花”と呼ばれる女性たちが自身の結婚式の情報を発信している。Instagramを始めとするSNSには結婚式に関する情報が多く発信され、多様化が進む一方で、「自分たちがどんな結婚式をあげたいのか」分からない新郎新婦が急増している。

新郎新婦の自分たちらしさや、やりたい結婚式をでどう探せばいいか、どう見つければいいのか分からず”結婚式難民”になってしまうのである。
結婚式には様々なスタイルがあり、演出が独特なオリジナリティ溢れる結婚式をプロデュースするウェディング会社が増えている傾向にある。例えば、二人の母校や思い出の場所で挙げる結婚式、キャップ場や浜辺で挙げるグランピングモチーフの結婚式、二人だけの結婚式や、写真で結婚式を残すフォトウェディング、2次元のキャラクターと挙げる結婚式、LGBTカップルの結婚式、一人で写真を撮影するソロウェディングなど、従来の結婚式に囚われず、現代の愛のカタチに合わせた多様化が進んでいるのが現状である。

  • プラコレの新検索機能が話題に。
    そんな中、プラコレは”実際の新郎新婦のウェディングレポート”を使用した次世代の新検索機能「インスピレーション検索」をリリース。

“二人にとってやりたくなる結婚式とはなにか”と悩む新郎新婦は、自身が検討・または住んでいるエリアと”なんとなく”のイメージだけでウェディングレポートを検索。そこで気になった結婚式、イメージと近い結婚式を手掛けるウェディングプランナーと実際にコミュニケーションをとることが出来るのである。

結婚式を挙げたいエリアはもちろん、#料理が美味しい #パパママ婚などのハッシュタグ、各結婚式場名、ウェディングプランナー名で実際のウェディングレポートを複数検索をすることが可能になった。

  • “式場より内容”重視ニーズに対応
    “式場”よりも”内容”を重視する新郎新婦が増える中、各結婚式場の宣材写真やモデルを使ったイメージ写真は多くの新郎新婦にとってそれほど重要ではなくなってきているのが現状である。それよりも多くの新郎新婦は「実際にその場所でどんな結婚式が行われるのか」ということに興味があり、自分たちが「その場所でどんな結婚式をする」ことができるのかを知りたい傾向にある。

今回プラコレがリリースした新機能は、検索した先に”実際の新郎新婦のウェディングレポート”を使用し、より「二人にとってやりたい結婚式」を見つけられるよう、結婚式場というハード面ではなく、実際のウェディングの中身を見ることが出来ることがポイント。多くの新郎新婦が求める”式場より内容”という重要ニーズに対応した。

  • 100人100通りの探し方が主流に
    とはいえ、ナシ婚層が全体の半数を占める傾向の中、ブライダル業界が新郎新婦にどのような働きかけ、提案をするのかが結婚式を増やす鍵となる中で、未だ多くの新郎新婦は、結婚式の種類が多種多様に存在することが伝わっていないのが現状だ。

上記でも述べた通り、「ほんとはやりたいが、 派手にやりたくない。 」「どんな結婚式がしたいか分からない。 」「同じような結婚式は嫌だ」と”やりたいの結婚式”に出会う前に結婚式を諦めてしまう。そんな新郎新婦がもっとカンタンに理想のウェディングを”発見”できる仕組みがプラコレの『ウェディング診断』。心理テストのように結婚式や結婚式場の簡単な質問に答えるだけで二人が理想とする結婚式の条件が見え、二人が思いつかなかったウェディングの提案、プランがたくさん届く仕組みになっているのである。

フォーマット化された “式場から” 選ぶ 結婚式探しではなく、おふたりにとって何が理想の結婚式なのかを汲み取り “内容から” 選べる時代へ。結婚式の探し方は変わり、新時代に突入している。

——————————————————————————-

[調査概要]
表題:「結婚式」に関する実態調査
調査主体:プラコレ
調査方法:Instagram storiesアンケート調査
調査期間:2019年11月14日(金)~11月16日(日)
有効回答:入籍済み、または婚約後の20代~30代の女性1374人

—ここまでリリースから抜粋—

サービス内容、会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

プラコレ新機能のリリースについて考察

と、上記のように新しい機能をリリースします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

なし婚層の増加?

本リリースの中にもあるように、「なし婚層の増加」というキーワードはブライダル業界において数年前(もっと前?)からささやかれ続けています。が、この「なし婚」についての定義が実はけっこうあいまいで、例えば今回では「挙式と披露宴の両方を挙げた人以外」という定義です。つまり、フォトウェディングをした人、海外リゾ婚をして披露宴を挙げなかった人、などはこの定義だと「なし婚」に分類されているのです。

この分類をどう思うかは人それぞれなのでここでの言及は避けますが、「なし婚層が50%に迫る!」というキャッチーな見出しだけをとらえてしまうと、実態を大きく乖離した認識をしてしまうことになります。ゼクシィ結婚トレンド調査によれば、リゾート地で挙式のみを挙げた人は10%弱、最近増えてきたフォトウェディングも数%はあり、また挙式のみで家族のみの会食をしているカップルも10%以上います。

となると、なんらかのウェディングセレモニーを実施している人は約80%近くいることになるので、「2組1人は結婚式をしない時代」はちと言いすぎなんじゃないかと思っています。結婚時に行うセレモニースタイルが多様化してきている、これが正しい表現なんじゃないかなと思います。

結婚式ニーズの多様化と新機能の期待効果は?

今回の新機能の優れいているところは、ウェディングレポートから探せるというところ。これまでのゼクシィをはじめとしたブライダルメディアではエリアと外観、価格条件などからしか探せなかったところに、新しい選択肢が生まれている、という点だと言えるでしょう。

個人的にはユーザーメリットはありそうかなぁ、どうかなぁというどちらともつかない感じなのですが、果たしてウェディングレポートを見比べると自分のイメージに近いかどうかがクリアにわかるものなのか?という点がどうかなぁという点です。

プランナーごとのプランニング要素の言語化が難しいというか、AプランナーとBプランナーにお願いしたときにどんな仕上がりの違いが出てくるのか?をユーザーの意思決定に足るレベルに訴求するのが難しいんじゃないかなってことです。それができるレベルのウェディングレポートが充実している、であればすみませんなのですが、会場所属のプランナーの場合は異動も退職も転職もあるので、ウェディングレポートをプランナー個人に紐づけて管理するのは難しいんじゃないかなと。登録している人がwecoみたいにみんなフリープランナーだったらできるんですけどね…。

あと3年くらいしたらフリープランナーも今より一般化しているでしょうし、AI技術発展しているでしょうから、サービスとして真に花開くのはそれくらいの時期になるんじゃないかなぁというのが私の予想です。

 

プラコレの新機能のリリースのリリースについてまとめ

リリースそのものというよりは、その背景にあるマーケットの変化などについての方がメインの考察記事になってしまいました。が表面的な言葉に影響されて誤った意思決定をしてしまうと取り返しのつかないことにもなりかねないですから、きちんとした情報を手に入れて考えていきたいものです。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」配信中!

メールマガジン「ブライダル業界の”裏”知恵袋」では、毎回1つのテーマやトピックについてブログでは書けない内容をより深く・本音でお送りしています。

メルマガの講読は完全無料で、毎週配信しております。

  • 新しい角度からブライダル業界について見てみたい
  • ブライダル業界について深く学びたい
  • アナロジーにについて知りたい

などの方は、ぜひご購読ください。

 


無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*