更新日 2020年04月16日

【プレスリリース考察】プラコレが「#おうちで花嫁チャット相談」をスタート

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、4/10に出た「【コロナで苦しんでいる花嫁さんにプラコレができること2つ目】全国にいるプラコレチャットアドバイザーが無料でお話相手になる「#おうちで花嫁チャット相談」をスタートします。」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 冒険社プラコレ
配信日時 2020年4月10日 11時15分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000021126.html
タイトル 【コロナで苦しんでいる花嫁さんにプラコレができること2つ目】全国にいるプラコレチャットアドバイザーが無料でお話相手になる「#おうちで花嫁チャット相談」をスタートします。

ウェディングプランナー登録数日本最大!結婚式業界唯一のweb相談プラットフォーム「PLACOLE WEDDING」を運営する、冒険社プラコレは、新型コロナウイルスで結婚式が延期・中止になってしまった花嫁さまの無料相談サービスとして、4/9(木)リリースのウェデイングドレスプレゼントに続き、「#おうちで花嫁チャット相談」をスタート致します。
この度の新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う外出自粛要請を受け、ご結婚式やフォトウェディングなど特別な1日を諦めざるを得ない方が増加しております。プラコレにも、結婚式の延期やキャンセルについて悩み、葛藤されている花嫁さまの声が多く寄せられています。本来であれば、ご結婚式に向けて、ご結婚式を夢みて世界で1番幸せな気持ちで満たされているこの時期に新型コロナウイルス感染拡大により、悲しまれたり苦しんでいる方がたくさんいるのが現状です。また、そうした悩みを、誰に相談すればいいか分からない花嫁が増加し、Instagramの #結婚式延期というハッシュタグでは、1人で抱え込んでしまったり、行き場のないストレスを抱えるコメントが相次いで投稿されています。
昨日のウェデイングドレスプレゼント企画に続き、悲しい思いをする花嫁さまを1人でも笑顔にできるよう、プラコレが「#私たちにできること」を広めていきたいと考えていきます。
▪ウェデイングドレスプレゼントに関して
https://dressy.pla-cole.wedding/dressyonline2/

  • #私たちにできること

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ブライダル業界以外にも ネガティブな悲しいニュースが多くみられます。今は、誰かを批判するのではなく、一人一人ができる事を自ら考え行動することを大切にし、「#私たちにできること」というハッシュタグを広め、少しでも明るいニュースを発信していきたいと考えています。
「#私たちにできること」というこの運動が私たちプラコレや、ブライダル業界だけでなく、日本全体を盛り上げる運動に、新型コロナウイルスが収束した後の経済活動を活性化するためにも、一過性で終わらない運動にしたいと考えています。

  • プラコレチャットアドバイザーとは?

2015年12月より「PLACOLE WEDDING」をスタート、ブライダル業界で初めて「チャット相談サービス」を開始し、現在では全国でweb相談サービスを展開。従来の結婚式場を検索するサービスとは一線を画し、プランナーさんとweb上でつながる「web相談プラットフォーム」として、SNSや口コミを中心に広まり2020年4月現在では、会員登録数が12万組を突破しました。
具体的には、カップルは式場検索ではなく、ウェディング診断からスタート。その診断結果をAIが分析し情報を配信、それに対するカップルの反応やアクションを学習し、最適化な情報を再配信します。また、AIでは解決できないお悩みは、全国在住のご当地アドバイザーや、1811名の結婚式場に所属をするウェディングプランナーに、直接チャットで質問や相談をすることが可能です。
チャットひとつで全ての悩みが解決できる「PLACOLE(プラコレ)」には、ご利用者様の50%が他媒体を利用せずプラコレのみ利用、また、NPS調査でも70%以上のユーザーが友人に勧めたいと回答いただきました。運営側が驚くほど、毎日たくさんの”ありがとう”の声を頂けるサービスになりました。

  • 「#おうちで花嫁チャット相談」とは?

今回、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プラコレアドバイザーが花嫁さまの為に何かできることはないかと考え、ご結婚式の延期、中止をご決断された花嫁さまや、今後ご結婚式をしたいと考えながらもなかなか先が見えずご不安な思いをしている花嫁さまなど、花嫁であれば誰でも利用できる 無料チャットサービス「#おうちで花嫁チャット相談」をスタートすることを決定しました。
こんなときだからこそ、誰にぶつければいいか分からないモヤモヤや苦しさ、ネットで調べてもなかなか出てこないこと結婚式キャンセル時のマナーや対応、どんな些細なことでもご相談いただくことが可能です。少しでもお気持ちが軽くなりますように、プラコレアドバイザーが親身に、一緒に考え回答をさせていただきます。お気軽にチャットやLINE、お電話で、アドバイザーにご相談いただけます。
【利用方法】
※PLACOLE WEDDING アプリのダウンロード後、
「トーク一覧」より チャットアドバイザーと会話することが可能です。
ios:https://apple.co/2XoSWCq
Android:http://bit.ly/2Exi6DR
※webの場合こちらよりご登録ください。
https://pla-cole.wedding/sign_up
 
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

プラコレが「#おうちで花嫁チャット相談」をスタートのリリースについて考察

と、上記のようなキャンペーンを実施します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

サービスの概要と目的

結婚式場探し以外のことでもチャットで気軽に相談できるサービスを開始しましたという内容で、運営側の事業観点での目的はアプリDL数の増加とDL済ユーザーのエンゲージメントの向上でしょう。営業面での狙いというよりPR的な側面が大きいという印象を受けました。

お客様に何が提供できるのか?

  • 直近で結婚式予定のお客様はほぼ延期かキャンセル
  • いつ再開できるかの見通しは不明

このような状態であることは間違いないですが、式場、プランナー、媒体、他サービス各社がリリースを出したりガイドラインを出したりと動きを見せています。正直、何が正解かもわからないですし、むしろ正解などないのかも知れません。
ですが、今回のプラコレのリリースのようにわからない中でも何ができるか考えて実行し発信していくことがまずは重要じゃないかなと思います。ポジティブな反応もあればネガティブな反応もあるでしょうが、またそれを踏まえて次のアクションをすればいいだけの話なので、自分お含めて引き続き行動していこうと思います。
 

プラコレが「#おうちで花嫁チャット相談」をスタートのリリースについてまとめ

第一弾のドレスプレゼントの企画と合わせて、積極的に動いている企業だと思いました。感想のような記事になってしまいましたが、各社からのリリースは今後もこのブログでも取り上げていこうと思います。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事