更新日 2020年11月06日

【プレスリリース考察】ポジティブドリームパーソンズが長崎 “初” 完全屋外結婚式プランをリリース

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、10/27に出た「長崎 “初” 完全屋外結婚式、アウトドアウェディングプランをリリース
」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社ポジティブドリームパーソンズ
配信日時 2020年10月27日 13時05分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000424.000010391.html
タイトル 長崎 “初” 完全屋外結婚式、アウトドアウェディングプランをリリース

全国でホスピタリティビジネスを展開する感動創出企業の株式会社ポジティブドリームパーソンズ が長崎で運営するウェディングのゲストハウス、「ザ ヴィラズ 長崎」では、 “アットホームで自分らしさを大事にしながら、屋外空間で安心して心の底から自由に披露宴をあげられる環境”という昨今の披露宴ニーズに応えるべく、この度、長崎エリアにおいては“初“の屋外での貸切パーティが叶う「OUTDOOR WEDDING ~VILLAS –NO-NIWA~」プランをリリース致しました。

  • 市場動向~自分らしさを表現でき、屋外で実施する披露宴にニーズが高まっている~

2020年10月出典の「ゼクシィ 結婚トレンド調査2020年調べ」によると、日本における挙式・披露宴で、新郎新婦がパーティを決定する際の重要項目をのうち割合が最も高い項目は、「アットホームなムードになること」、そして二位は「自分らしさを表現できること」です。これはここ数年変わらず上位を占めているニーズで、「ザ ヴィラズ 長崎」がある九州エリアにおいては特に「自分らしさの表現」に関し、2019年が55.9pt、2020年が58.0ptと2.1ptUPtしており、継続して増加傾向にあります。

また、「実際に実施した演出内容」のうち、「庭やテラスなど、会場の外に出て自分たちと招待客が会話を楽しむ」という項目は、九州エリアで2019年と比較し2020年は3.8ptUP(10.3pt→14.1pt)しており、屋外での結婚式ニーズが高まっていると言えます。

一方で2020年に入り今だ続くコロナ禍において、新郎新婦自身が、都心への移動や限られた空間に大勢の人が一度に集まるリスクを懸念し、実際に披露宴を実施すると決めた方の数は昨年の5割程度に留まってしまっている現状があります。

「ザ ヴィラズ 長崎」では、この「アットホームなムードの中で自分らしさを表現しながら」、「テラスや広大な芝生エリアで大切な人との会話を楽しみ」「地元長崎のオープンエアな空間で、結婚式を諦めることなく安心して実施できる環境」のニーズに応えるべく、長崎エリアにおいては”初“屋外での貸切パーティが叶う「OUTDOOR WEDDING ~VILLAS-NO-NIWA~」をリリース致しました。

  • 新プラン「OUTDOOR WEDDING ~VILLAS-NO-NIWA~」 の特徴

「ザ ヴィラズ 長崎」は長崎駅から車で15分の海辺リゾート、圧巻の360度パノラマビューのサンセットマリーナに佇むゲストハウスです。これまで、挙式やウェルカムパーティのみ屋外で実施することはありましたが、挙式から披露宴まで通して屋外で催すことはありませんでした。エリア特性上、クラシカルな挙式披露宴スタイルを選ばれる傾向があったためです。近年のニーズの変化を捉え、本来「ザ ヴィラズ 長崎」最大の強みであるロケーションやガーデンテラスの魅力を生かした唯一無二のプランが、「OUTDOOR WEDDING~VILLAS-NO-NIWA-」です。

■特徴1:「選べる2つのスタイル×2タイプ」
長崎エリアでは結婚式会場自体の数も限られるため、既に新郎新婦自身が参列経験のある結婚式場で、おふたりが挙式されるケースも少なくありません。だからこそ“今まで体験したことがない結婚式”にしたいというニーズは高くあります。「OUTDOOR WEDDING」プランでは「ラグジュアリースタイル」「グランピングスタイル」という2つのスタイルと、昼夜の時間帯に最適な2つのタイプをご用意致しました。ただ屋外で披露宴をするだけでなく、おふたりの希望や、大切にしたいことにあわせ自由に組み合わせていただくことで、「これまで誰も体験したことの無い独創的な披露宴」を創り上げることができます。

●ラグジュアリースタイル
ご家族・ご友人のおもてなしはしっかりしながら、おふたりらしい装飾や演出にこだわりたい方に最適なスタイルです。館内の披露宴をそのまま屋外に持ち出したような、海外ウェディングのような贅沢な挙式・披露宴が可能です。お料理は地元野菜を使用した炭火焼グリルでライブ感溢れる空間を演出。屋外でのクラス感溢れるコース料理とスタッフが取り分けるブッフェの形式が選べます。昼間は太陽の光が注ぐ中バブルシャワーでの入場体験が、サンセット後はキャンドルに囲まれながらダイナミックなシャンパンタワーの演出がおすすめです。

●グランピングスタイル
肩肘張らず、自由でカジュアルな結婚式を希望している方にこそ選んでいただきたいスタイルです。
レイアウトも演出のタイミングも自由自在。夜はウッドテラスで焚き火に囲み、テントで大切なゲストに囲まれながらお手紙の朗読をしたり、布のプロジェクターを使用した映画上映やグランピングテントなど、アイテムの質感にもこだわったアウトドアウェディングを存分に味わっていただけます。お料理はまず前菜をシェフが目の前で調理し、その後のBBQはゲスト参加も可能。広大な芝生エリア貸し切りのバルーンリリースやサンセット後のフォークギターの生演奏など、空と海に囲まれているからこそ実現できる演出も満載です。

■特徴2:ゲストも調理に参加!?OUTDOORならではのライブ感溢れるお料理
前菜はゲストの目の前で調理前の食材をシェフがその場で調理。屋内では絶対に不可能なBBQはゲストに焼いていただくことも可能です。おふたりの希望にあわせてカスタマイズ可能なライブ感溢れるお料理は、このプランならではです。

■特徴3:遊び心溢れるオリジナル演出
「ザ ヴィラズ 長崎」のコンセプトは「UNIQUE&JOYFUL(ユニーク&ジョイフル)」。先鋭的な感覚を持ち合わせた大人が、大切な人とまるで子供のように、心の底から自由に、楽しい時間をとびきりの笑顔でお過ごしいただける施設です。気の利いた遊び心のある独創的なサービスを通して大切な人とともに味わう初めての体験と驚きが、大人達の時間を自由なものへ変化させ、「ザ ヴィラズ 長崎」ならではの、温かく喜びに満ちた時間を提供します。そのコンセプト通りの数々のオリジナル演出をご提供いたします。

(OUTDOOR WEDDING オリジナル演出一例)
・ふたりのためだけに打ち上げる花火
・海をバックに上映するエンドロールムービー
・「焚き火」を囲みながら感謝を伝える「手紙の朗読」
・LIVEキッチン演出
・クルージングで入退場
・ドローンによる空撮記録

「OUTDOOR WEDDING~VILLAS-NO-NIWA」プラン内容詳細:https://nagasaki.villas.jp/20200916/25782

  • 「ザ ヴィラズ 長崎」について

「ザ ヴィラズ 長崎」は、2002年にPDPが始めて出店したハウスウェディング施設です。長崎県よりサンセットマリーナの一部を借り婚礼事業を運営、その後の実績が評価され、”工夫力とソフト力“というPDPの価値をサンセットマリーナ全体にインプットすることによる直営化を実現しました。
婚礼やイベント等宴席の事業以外に、2020年9月より更に地元食材に特化したモダンイタリア料理へ刷新した「レストラン アズロマーレ オン ザ ベイ」や、夏期限定で手ぶらでBBQを楽しめる「サンセットマリーナ BBQ ガーデン」等、日常でも地域の皆さまにご利用いただける施設として、地域の価値向上に貢献しています。

【施設名】 ザ ヴィラズ 長崎
【住所】〒850-0068 長崎市福田本町1892長崎サンセットマリーナ ザ ヴィラズ 長崎
【TEL】 095-834-4722(ウェディング直通)
【営業時間】※10月27日現在、当面の間営業時間を12:00-19:00(平日)、10:00-19:00(土日祝)に変更させていただいております。最新情報はホームページご確認くださいませ。
【公式WEBサイトURL】https://nagasaki.villas.jp/wedding.html

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

PDPの「ザ ヴィラズ 長崎」が長崎 “初” 完全屋外結婚式プランをリリースについて考察

と、上記のようなプランの販売を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

販売プランの概要と目的

挙式から披露宴までを完全屋外で開催するプランで、2つのスタイルから選ぶことができるようです(ラグジュアリースタイル、グランピングスタイル)。

価格は「100名様 2,700,000円~」と公式HPにありますが、実際にかかる金額がいくらなのかはわからないですね。プランに含まれる内容で気になったのは

  • 屋外でフルコースって可能なのか?
  • やはり屋外なのでお色直しは無しが前提
  • 写真・ムービーは含まれていない(オプション?)
  • 花火やクルージングはさすがに別料金かな?

といったところですが、詳細に関するレポートなどが出てくるとよりクリアになってくると思います。

このプラン販売の目的は集客効果で、コロナ環境下での感染防止が背景にあります。ニーズの根拠としてゼクシィ結婚トレンド調査のデータも出ていますが、現状の商圏内でどこまで顧客数を集められるかはふたを開けてみてから、といったところでしょうか。

式場運営企業が屋外結婚式プランを販売する流れは続くのか?

式場があるにもかかわらず、挙式から披露宴までを完全に屋外で実施する、というプランはかなり珍しいと思います(少なくとも公式のリリースで私は見たことがないです)。

もちろん理由は感染防止(密回避)だと思いますが、今後も特に郊外型の式場は同様の流れが続くのでしょうか?

個人的にはあんまり進まないんじゃないかなぁと思います。プランとして用意する会場は増えそうですが、多バンケの会場だと他会場の施行との兼ね合いがあるの物理的に難しいですし、1日複数回転を基本としているオペレーション設計だとゲストの入れ替えやどんでんどの時間が組めるかがポイントになりそうです。

そう考えると、1チャペ1バンか2バンまでの規模の会場。かつ施行枠稼働率がそこまで高くなく損益分岐になる稼働率も高くないことが条件、となるので対象となる式場が限られるから、というのが理由です。

ただ、どちあえずプランとしては用意しておいて(集客の引きの1つとして)、どの日取りで受注するかは営業のタイミングで考えるというのもありな気がするので、公式HPやブライダル媒体で掲載する式場は増えそうです。

 

PDPの「ザ ヴィラズ 長崎」が長崎 “初” 完全屋外結婚式プランをリリースについてまとめ

企画の発想としては面白いですよね。あわよくば普段の商圏を超えてリーチできるようになるとかなりの集客につながると思うので、このプランンー集客施策は重要になりそうだなと思います。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事