更新日 2021年03月17日

【プレスリリース考察】小野写真館が貸切りフォトウェディングプランをリリース

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、3/15に出た「結婚式場貸切の『挙式フォトプラン』をリリースしました。
茨城県内3会場 結婚式場で貸切りフォトウェディング」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社小野写真館
配信日時 2021年3月15日 17時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000062815.html
タイトル 結婚式場貸切の『挙式フォトプラン』をリリースしました。
茨城県内3会場 結婚式場で貸切りフォトウェディング

株式会社小野写真館が運営している、結婚式場「アレーズ」「バウム」「アルシェ」にて貸切りフォトウェディングプランをリリースしました。

結婚式場は【結婚式を挙げるための施設】という概念を一切無くし、新郎新婦様、そしてご結婚を迎えたご家族様の多くの方々に結婚式場のご利用の幅を広げることによって様々な結婚のカタチを創出しようと考えました。

結婚式場をフォトウェディングだけでも貸し切れるサービスの提供です。
当然チャペルもバンケットも全てが貸切可能ですので、チャペルで挙式風な撮影もバンケットを歩くシーンも撮影いただけます。

結婚式を素晴らしい感動的なものにすること同様に、フォトウェディングは今しかない幸せな瞬間、幸せな最高の笑顔を写真という色褪せないカタチに残すことが求められます。

コロナ禍のなかでも広い結婚式場を貸し切ることで完全に3密状態を無くし、安心した撮影に臨んでいただける環境を提供致します。

本来結婚式を挙げようと検討していた新郎新婦様、そしてそのご家族様に小野写真館が結婚式場を提供しフォトウェディングをご提案致します。 

■プランリリース店舗
アレーズ(ひたちなか市)
 https://alaise2015.com/
 プランhttps://alaise2015.com/plan/d_photowedding/
バウム(つくば市)
 https://baum2015.com/
 プランhttps://baum2015.com/plan/photowedding/
アルシェ(龍ケ崎市)
 https://arche-wedding.jp/
 プランhttps://arche-wedding.jp/plan/chapel/

【背景】
昨今の社会環境の変化により本来結婚式を挙げようと検討していた新郎新婦様、そしてご家族様の悩みを解決したいと考えました。

結婚を迎えたけれども、憧れのチャペルでの誓い、ウェディングドレスの着用を已む無く先送りしているカップル様も多いことを受け、この度小野写真館はそんなカップル様の要望にお応えすべく結婚式場を貸し切ってのフォトウェディングを叶えるプランを提案するに至りました。

結婚はお二人にとって人生一番の幸せなタイミングです。
一番幸せなタイミングの最高に幸せな笑顔を写真に残すことを小野写真館運営の3会場が叶えます。

【サービスの概要】
結婚式場を貸し切って、チャペルで挙式を挙げていただきフォトウェディングを存分に楽しんでいただけるプラン内容になっています。
貸切ですので、チャペルでの誓いはもちろん、撮影も他のお客様の目を気にすることなくお二人だけのプライベート空間を楽しんでいただけます。
ドレス・タキシード、または和装着物と衣装選びから一切妥協なくお二人の結婚式をプロデュースさせていただきます。

<3つの特徴>
1:結婚式場完全貸切
  チャペルもガーデンもバンケットも全てが貸切

2:ドレスショップ完備の衣装こだわり
  全800着の衣装の中からとことんこだわれる

3:自社のカメラマンによるクオリティ保証
  年間フォトウェディング1,000組の撮影実績からのクオリティ保証

【今後の展望】
コロナ禍で結婚式のカタチに変化が生まれた事実を受け、今回のプランリリースという弊社においても変化を致しました。今後もいかなる変化があるか分かりません。
大事なことは結婚式においては新郎新婦様、そしてそのご家族様、ご友人様に至るまでお祝い自体に変わりはないはずです。その時の世の中の情勢、社会環境の変化を捉え、祝いの方法に変化を与えることによって大切な祝いのカタチを継続していくのが小野写真館の使命だと考えています。
写真を通じて、かけがえのない感動体験を今後も創出していきます。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

小野写真館が貸切りフォトウェディングプランをリリースについて考察

と、上記のようなプラン販売を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

フォトウェディングプランの概要と目的

結婚式場を貸し切ってできるフォトウェディングプランで、小野写真館が運営している3つの式場でできるようです。貸切ることのメリットはリリースでも書かれていますが、様々なシーンの写真を撮影できるので、一般的なチャペルのみの撮影などと比較するバリエーションの豊富さが強みになるのだと思います。

ユーザー側からのニーズがあった、式場の空き稼働の割合を減らしたい、などの背景から考えられた企画だと思います。

結婚式場のフォトウェディング領域への展開

フォトウェディングニーズが高まったこと、挙式披露宴が減ってバンケットやチャペルの稼働率が低下したことなどの背景から、フォトプランを企画する式場は増えてきています。

ただ、単にプラン作って掲載したらいいというものではなく、

  • 業績の観点でどの程度の規模を想定しているか
  • 商品企画の観点でユーザーのどのようなニーズに応えるものなのか
  • 組織運営の観点で既存事業のメンバーとの役割分担をどのように設計するか
  • 施設稼働最適化の観点で既存事業のリスクを起こさないためにどうしたらよいか

など、事業企画をするうえで様々な論点があります。

特に最近は提供事業者が増えてきているのでチャペルで写真が撮れる程度ではなく、商品企画自体をかなり練る必要があると思います。逆に言えばそこで独自性の高い商品企画ができればうまく需要が取り込めると思うので、まずはその視点を持てるかどうかが重要ですね。

 

小野写真館が貸切りフォトウェディングプランをリリースについてまとめ

小野写真館は先日ガイアの夜明けも放送されましたね。様々な取り組みが展開されているので、今後もリリースはウォッチしていこうと思います。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事