更新日 2020年08月20日

【プレスリリース考察】スマ婚を運営するメイションが「マイクロウェディング」を開始

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、8/7に出た「ドレス着放題!憧れの会場!ゲストは無限にOK!全てをあきらめない次の時代の結婚式「マイクロウェディング」のご提案」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社メイション
配信日時 2020年8月7日 15時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000217.000014716.html
タイトル ドレス着放題!憧れの会場!ゲストは無限にOK!全てをあきらめない次の時代の結婚式「マイクロウェディング」のご提案

株式会社メイションは、2020年8月1日より、結婚式プロデュースサービス「スマ婚」(https://smakon.jp)におきまして、「マイクロウェディング」のご提案を開始いたしましたのでお知らせいたします。

■背景

新型コロナウイルスの感染拡大により、先行きが不透明な情勢の中、多くの結婚式を挙げる予定である新郎新婦に影響が出ております。結婚式の延期や、実施そのものをあきらめてしまう新郎新婦がいらっしゃる一方、家族や親族のみで行う少人数の結婚式のニーズが急激に高まっております。
当社においても、2020年7月度には、昨年同期と比較し少人数結婚式へのお問い合わせが約2倍になっております。
また、フォトウェディングの需要も急増しており、当社グループ会社において展開している「Studio LUMINOUS」のお問い合わせも昨年同時期の10倍を超えております。
こういった状況において、結婚式を望む新郎新婦に、まずは安心して結婚式ができるよう、かつ、「何かをあきらめる」のではなく、「やりたい」を叶えていただける結婚式をご提供させていただきたい、との思いから、本ご提案を開始いたしました。

■「マイクロウェディング」とは
「マイクロウェディング」とは、withコロナ期における結婚式の在り方として、移動距離を最小にして上質な時間・空間・体験を味わう「マイクロツーリズム」のように、参列者を最小にして、大切な人と上質な時間・空間・体験を味わっていただける結婚式のことです。
海外では、一部セレブの間で新しいウェディングの形として認知され始めています。

■スマ婚が提案する「マイクロウェディング」

1.ドレス着放題+写真撮り放題の前撮り
マイクロウェディングには、ドレス着放題+写真撮り放題の前撮りがセットになっております。
従来の結婚式では難しかった、「あれも着たい」「これも着たい」というニーズ。
そのニーズにお応えできるよう、好きなドレスを何着でも着て、自由に写真をお撮りいただけます。
記念として、また、ご友人への報告用にご活用ください。

2.あこがれの会場
ホテル雅叙園東京や名古屋東急ホテル、ヒルトン大阪など、少人数だからこそのハイクオリティな会場での挙式が可能です。
上質な食事やドリンク、エレガントなブーケなど、こだわりたいものだけをより贅沢にお選びいただくことも出来ます。

3.参列者は最小単位、ゲストは無限のライブ配信
当日参加いただくのは、新郎新婦お二人からご親族までとなります。
一方で、より多くのゲストと大切な一日をご共有いただくため、人数の制限なく参加いただける仕組みをご用意しました。
Instagramのライブ配信機能を用いて、式の様子をリアルタイムでご友人に配信するお手伝いや、
Instagramアカウントをお持ちでない遠方のご親族やご友人に向けたオンラインLIVEウェディング等、
従来の結婚式では参加できなかったゲストとも、時間を共有することができます。

4.家族の絆を深めるオプション
ご親族に参列いただくプランには、会食がセットになっております。
その際には、新郎新婦だけでなく、両家ご両親の生い立ちや馴れ初めを一つの映像にしたDVDの制作、上映も可能です。
少人数で実施するからこそ、両家の今までとこれからに思いを馳せ、新たな家族としての絆を深める一日として、また、ご両親を「ゲスト」としてお迎えする一日としてお過ごしいただけます。

■プラン概要
●基本パッケージ
・チャペルでの結婚式 (衣装・着付け・ブーケ・メイク等含)
・ドレス着放題+写真撮り放題の前撮り
・Instagramライブ配信

2名様  337,500円~
10名様 577,500円~ (会食費用込)
20名様 752,500円~ (会食費用込)

●オプション
・2世代プロフィールDVD
新郎新婦のご縁を生んだ、両家ご両親の生い立ち、馴れ初めを一つにした親族の思い出となる映像

・トータルコーディネート
骨格や肌色、お顔立ちや体型を元に、似合うドレス・ヘア・メイク・ブーケのトータルコーディネートをご提案

・メモリアルエクスプレス
SNSやメールを見るのが難しいゲスト向けに、最短3日間で写真をお届け

・ショートフィルム
タイミングが合わなかったゲストにも見てもらえるよう、当日の映像を約1分のダイジェスト版に編集したショートムービーを制作
SNSへのアップも可能

・オンラインLIVEウェディング
当日参列できなかったゲスト向けに、リアルタイムで結婚式の様子を中継

■スマ婚Webサイト
https://smakon.jp
■マイクロウェディング 特設サイト
https://smakon.jp/special/micro/

■ウェディングの今後について
新型コロナウイルスにより、テレワーク・時差通勤をはじめとして、生活様式に様々な変化が生まれました。
ただ、この変化は近い将来訪れるはずだったトレンドがコロナ禍によって現在に現れたとも考えられます。
会社にいなければ仕事ができないのか?ラッシュアワーに揉まれても同じ時間に出社する必要があるのか?
社会全体が本質的な回答を求められています。
ウェディング業界においても同じことが言えます。
事実、少人数結婚式のトレンドは、コロナ禍以前から徐々に現れてきていたものです。
結婚式は本当に「大勢の人がリアルで集まらなければ成立しない」のか。
我々はこの命題と真摯に向き合い、自信と確信をもって「マイクロウェディング」をリリースします。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

スマ婚を運営するメイションが「マイクロウェディング」を開始のリリースについて考察

と、上記のようなサービスを開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

マイクロウェディングの概要と目的

概要はリリース内にも詳しく書かれていますが、簡単に書くと

  • 親族のみの挙式・会食+Instagram配信

これがパッケージ化されたプラン販売を開始しますよってことでいいと思います。

スマ婚ブランドとしてすでにリゾートウェディングや二次会、会費制ウェディングとあわせて「少人数挙式」を展開していますが、これの会食付きプランとは何が違うのかなぁ…?という点は気になるところです。

プラン内容を比べると会食の有無とライブ配信の有無あたりだとは思うものの、「マイクロウェディング」と1つのサービスとして切り出すことで集客効果を狙っているのではないかなと思います。

結婚式の少人数化は進むのか?

今回のスマ婚のマイクロウェディングのような「少人数会食+ライブ配信」をうたうサービスはここ3ヶ月くらいでかなり増えてきている印象があります。

現時点の状況から考えると年内いっぱいくらいは大人数での結婚式は控えるまたは延期すると考えるカップルが多そうです。物理的には可能ですし、国や地方自治体から規制されているわけではないですし、結婚式場各社も細心の注意を払ってはいるものの、世論的に万が一でも感染者が出てしまったときの非難の圧力が大きいことが背景です。特にこの地方ではこの傾向は顕著でしょう。

そうなるとやはり家族や親族のみで感染リスクを抑えて行う、という判断をする人は増えそうですし、そこに対象を絞ったプランやサービスを積極的に販促をかけていく会社は増えると思います。

問題はこれがいつまで続くのか、ということ。年内までなら何とかという会場でも(もともとはこの秋からは戻ると考えていた会場も多いと思いますが…)、来年の夏ころまで少人数傾向が続くと結婚式専業の場合だと経営的に厳しい会場がほとんどだと思います。

今の最適解は少人数向けのサービス拡充ですが、中期的な判断は難しいところですね。。

 

スマ婚を運営するメイションが「マイクロウェディング」を開始のリリースについてまとめ

スマ婚のように自社で会場を持たないプロデュース会社の場合、こういった結婚式の新しいスタイルのプラン販売を開始する際は、提携会場への伝達や交渉が意外と大変だと思いますが、このスピードでサービス実装は早いなぁと思いました。そんな悠長なこと言っていられる状況はないものの、臨機応変な対応が求められます。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事