更新日 2019年08月08日

【プレスリリース考察】maricuru✕chou chou『結婚式ムービー』に関するアンケート調査

【プレスリリース考察】maricuru✕chou chou『結婚式ムービー』に関するアンケート調査_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、8/1に出た「maricuru✕chou chou『結婚式ムービー』に関するアンケート調査」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社maricuru
配信日時 2019年8月1日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000038450.html
タイトル maricuru✕chou chou『結婚式ムービー』に関するアンケート調査

日本最大級の花嫁コミュニティを運営する株式会社maricuruと、結婚式ムービー制作を経営する株式会社シュシュは、結婚式ムービーのイマドキ事情を把握するため、共同で「結婚式ムービー」に関するアンケート調査を実施しました。
結婚式でやりたいことの中に必ず入っているといっても良いのが結婚式ムービー。
そのムービーで花嫁さんが一度は悩むのが、自分でつくるか依頼するかの選択。
花嫁さんが悩む理由はただ一つ。一生に一度の結婚式だからこそ、新郎新婦が楽しむことももちろん大切ですが、ゲストや両親にもかけがえのない一日にしてほしいという思いがあるからこそ。
maricuru花嫁ラボでは、結婚式ムービーについてたくさんの花嫁さんにアンケートをとりましたのでご紹介します。

  • 結婚式ムービーを用意している人ってどのくらい

結婚式ムービーを用意しましたか?に対して、『用意した』と回答した人は91%。
理由として、友人の結婚式で自分の写真や名前、新郎新婦からのメッセージなどを見てとても嬉しかったので、自分のときも絶対やりたい!という憧れがあったからと答えてくださった花嫁さんがほとんどでした。
実際に花嫁さんたちが結婚式で使った、もっとも人気だったムービーベスト3と先輩花嫁さんの体験をご紹介します。
1位 プロフィールムービー
2位 オープニングムービー
3位 エンドロール

  • イマドキ花嫁には外注が人気!

結婚式ムービーを外注で依頼した花嫁さんの満足度は95%。
DIYやオリジナリティのある結婚式の需要が増えていることもあり、ムービーも自作したいが、そこまで手が回らなかったり、専門的なことがわからず自信がない花嫁さんも多くいらっしゃいます。
そのため、写真を送るだけでクオリティの高いものができる、式場に頼むより手ごろな金額で依頼できるといった点が外注に依頼する花嫁さんが増えている理由のようです。

  • 花嫁さんたちが外注を選ぶ理由

*手ごろな価格なのにクオリティが高い
*丁寧な対応だけでなく完成までも早くて助かる
*オリジナルデザインのバリエーションが豊富
*公式サイトでデザインや価格、制作期間が明確にわかる
*使える写真の枚数が多い
*写真を送るだけで良いので他の準備に時間を割ける
*コメントを付けられるからオリジナリティのある映像に仕上る

  • まとめ

以前まで式場に依頼していたようなアイテムも、最近では簡単に作れるアプリなどが普及するも1から作るのは難しかったり、準備するものがたくさんあるため手がまわらないという花嫁さんのほうが多いのも事実です。
そのため、手ごろな価格でクオリティが高いだけでなく、新郎新婦それぞれに合ったオリジナリティのあるムービーをオーダーすることができる外注が選ばれています。
—ここまでリリースから抜粋—
ユーザーボイスの具体的な内容など、詳しくはリリースをご覧ください。
 

『結婚式ムービー』に関するアンケート調査のリリースについて考察

と、上記のようなアンケート調査の結果となりました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

結婚式のアイテムの選び方の変化

これまでの結婚式は、まず結婚式場を選び、申し込んでから打合せが始まる。打合せでは、結婚式場と提携する各アイテム業者から気に入ったアイテムを選ぶ、という流れが一般的でした。つまり、新郎新婦目線では、気に入ったアイテムを選ぶことはできるが、気にったアイテム業者を選ぶことはできない、ということですね。もし提携業者以外のアイテムを自分たちで探して持ち込む場合は別途持込料が必要になることが多いですね。
こういった「ブライダル業界の常識」に対し、最近では結婚式用のアイテムを手作りしたり、友人に依頼したり、気に入ったものを選んで持ち込んだり(持ち込み可能な会場をはじめから選んで)するカップルが増えてきていると思います。
結婚式場を決める時点で明確にこのアイテムを使いたい!と決めているケースもありますが、

  • 打合せをしていったら予想以上に見積りが上がってしまったので節約のために…
  • 式場と提携している業者の商品で気に入ったものが見つからなかったから…

といった理由もありますね。アイテムにもよりますが、式場と提携している業者から選ぶと高単価となることが多いので、自作したり友人に頼んだりする人が多いようです。
インスタグラムなども浸透し、結婚式に関する様々な情報に簡単にアクセスできるようになってきていますから、今後もアイテムは自分たちの気に入ったものを自由に選びたい、というユーザーニーズは大きくなってくると思います。

結婚式のムービーは今後どうなるか?

このようないわゆる自由競争な環境となっていくと予想した場合に、ムービーはどのようになっていくのかについても少し触れたいと思います。
リリース内に「結婚式でムービーを用意した:91%」とあるように、ムービーは結婚式の中の人気アイテムの1つですし、何かしらのムービーを用意するカップルは今後も多いと思います。
一方、一般的なムービーの価格は尺の長さやクオリティにもよりますが、数万円~10万円、当日の様子を収めたエンドロールだと10万円~20万円くらいするものもあるので、かなり高単価のアイテムだと言えます。となると、自作や友人に制作依頼をしたいと思う人はより増えていくのではないかと思います。
映像編集をできる人は多くないですが、最近ではそのノウハウや方法がyoutubeなどにもまとめられた動画がありますし、ココナラなど個人でも依頼できるサービスも増えてきていますので、そういったサービスを使ってより安価に外注(提携業者外で発注)する人が増えていくんじゃないかなと思います。
 

『結婚式ムービー』に関するアンケート調査のリリースについてまとめ

ムービーに関するアンケート調査ですが、結婚式のアイテムの選び方という観点でまとめてみました。10年前と比べて新郎新婦が手軽に得られる情報量は飛躍的に伸びてきています。様々な選び方をするカップルが増え、またその事例も自然発生的に広まっていくことでしょう。結婚式場もパートナーも、そういったユーザーの変化に対応していく必要がそろそろ出てきたのではないかなと思います。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事