更新日 2019年06月26日

【プレスリリース考察】maricuruが結婚式場経営者・企画担当者向けオウンドメディア「maricuruブライダル塾」を新たに開始!

【プレスリリース考察】maricuruが結婚式場経営者向けオウンドメディアをオープン_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/18に出た「日本最大級の花嫁クチコミコミュニティ「maricuru」、結婚式場経営者・企画担当者向けオウンドメディア「maricuruブライダル塾」を新たに開始!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社maricuru
配信日時 2019年6月18日 16時51分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000038450.html
タイトル 日本最大級の花嫁クチコミコミュニティ「maricuru」、結婚式場経営者・企画担当者向けオウンドメディア「maricuruブライダル塾」を新たに開始!

日本最大級の花嫁クチコミコミュニティ「maricuru」を運営する株式会社maricuruは、結婚式場経営者・企画担当者向けに、式場集客に役立つコンテンツを盛り込んだオウンドメディア「maricuruブライダル塾」(https://academy.maricuru.com/)を本日より公開・開始いたします。
晩婚化、少子化などの影響で結婚式数は年々減少している状況の中、ウェディング業界では、従来の広告媒体を中心とした集客だけではない、新たな集客方法が求められています。maricuruは、ウェディング業界全体が既存の広告依存のみでの集客に頼るのではなく、SNSを活用による新たな集客方法を確立することを目的とし、このたび結婚式場向け集客方法を発信するオウンドメディア「maricuruブライダル塾」を開始いたしました。

maricuruブライダル塾

maricuruでは今後も、自社が持つ、花嫁コミュニティを軸とするネットワークを活かし、ウェディング業界の集客支援を強化し、業界の活性化・発展に貢献してまいります。

オウンドメディア「maricuruブライダル塾」誕生背景

SNSの普及に伴い、Instagramのハッシュタグ経由などから、等身大の花嫁さんのリアルなクチコミ・写真を検索し、自分の結婚式準備の際に参考にする女性が増えています。今年4月にmaricuruが行った結婚式準備中の女性向け調査からも、約半数がSNSなどを利用し、結婚式準備情報を取得していることが分かりました。
結婚式情報取得のためSNSを利用する花嫁の数が拡大する一方、その花嫁たちにリーチしたいと考える結婚式場側もキャンペーンの告知や広報の場をSNSへと広げ、式場見学やブライダルフェアへ足を運ばせようとする動きが活発化しています。今後もその流れは強くなるものことが予想されますが、実際には現時点ではこれまで行っていた広告出稿を中心とした既存の集客手段以外のSNS活用集客方法を知らず、ノウハウを持たない式場も多くあることに気づきました。
私たちは、「maricuruブライダル塾」を通じ、SNSを活用した集客術やアンバサダーマーケティングなどについての情報を配信することで、式場経営者・企画担当者がSNS集客ノウハウやイマドキ花嫁のリアル等身大なクチコミなどの情報をキャッチし、結婚式成約へと繋げられるよう、式場の集客を支援してまいります。
 
詳しい内容はリリースをご覧ください。
 

maricuruのオウンドメディア開始のリリースについて考察

と、上記のように新しいメディア運営を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

maricuruブライダル塾の位置づけ

ターゲットは「結婚式場の経営者や企画担当者」なので限りなくこのブログと近い気がしますが、運営目的は異なると思います。このブログは半分趣味と自分の勉強用&ブライダルコンサルの引き合いを獲得することが目的、maricuruブライダル塾は他の自社サービス(maricuruや相談カウンター)のアカウント開拓用の法人認知獲得が主目的だと思います。
このメディアを見る・知る→ファンになる→maricuruのサービスに興味を持つ→リードを獲得、だと思います(違ったらすみません)。リクルートのように潤沢な営業組織があれば卓越した力業でアカウントを開拓していくことも可能ですが、ほとんどのスタートアップのはそんなの無理なので、このように飛び道具を使いつつBtoBマーケティング施策を展開していくのが一般的です。
今後どれくらいの頻度でどれくらいのボリュームの記事をアップしていくか次第ではありますが、ブライダルの特定の領域においてはこのメディア!という立ち位置になれる業界内の認知度も上がっていくので施策としてはありな気がします。

メディアの内容

まだ記事数少ないので何とも言えませんが、instagramを使ったブライダルマーケティング系の記事が多いですね。また、リリース内容を見る限りこの領域のコンテンツがメインになるようです。僕はSNSが使い方わからないのでその点でもかぶらなくてよかったと思います笑。
 

maricuruのオウンドメディア開始のリリースについてまとめ

C向けのオウンドメディア運営はブライダル業界でもよく見かけるのですが、B向けのメディアはほとんどないと思います。Sozoのあつみさんのブログくらいでしょうか。B向けのメディアは他の業界だとけっこう数多くあったりするので、式場経営ノウハウがもっと手軽にアクセスできるようになればいいなと思います。最近リリース解説記事ばかりですが、このブログでも書こうと思います。。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事