【プレスリリース考察】ラヴィ・ファクトリー「ウェディングフォトの世界」が大阪にて初めての開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】ラヴィ・ファクトリーが大阪で写真展を開催_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/25に出た「年間4万組の撮影実績を誇るラヴィ・ファクトリー「ウェディングフォトの世界」が大阪にて初めての開催」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社レック
配信日時 2019年7月1日 13時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000034730.html
タイトル 年間4万組の撮影実績を誇るラヴィ・ファクトリー「ウェディングフォトの世界」が大阪にて初めての開催

株式会社レックが展開するウェディングフォト事業「ラヴィ・ファクトリー」は、2019年7月27日(土)・28日(日)の2日間、これまで国内外で撮影してきた作品を展示する「ウェディングフォトの世界」を大阪市福島区のパインブルックリンにて開催いたします。

ラヴィ・ファクトリーは、1995年阪神大震災の年に神戸で誕生しました。創業より24年経った今では、国内・海外合わせて40以上の拠点を持ち、カメラマンの数は約500名まで拡大。 “ハートのある写真”をコンセプトに、日本国内をはじめ世界各国でもウェディングフォトを提供しています。

2019年1月に東京の中目黒で行い大盛況だった「世界ウェディング写真展」に続き、大阪では初めての開催となります。今回開催する「ウェディングフォトの世界」では、より多くの人に写真の価値・ウェディングフォトの素晴らしさを知ってもらうため、実際に撮影させていただいたお客様の中から、国内・海外を含め、新しい感性とウェディングフォトをミックスさせた、家族の絆やアイデンティティなどテーマごとに厳選した写真を展示します。

またフリーウェディングプランナーの遠藤佳奈子さんをお招きし、「結婚式より大事なもの」と題し、結婚式の本質に迫るスペシャルトークショーも予定しております。その他、実際にラヴィ・ファクトリーで活躍するトップカメラマンも来場し、現地フォトグラファーならではの視点でビーチリゾートや、海外旅行の行先として人気を誇るフランス・イタリアなどの魅力をお話しするトークショーも開催します。会場では、個別相談会の場も設けております。

ウェディングフォト業界のパイオニアである「ラヴィ・ファクトリー」が作り出す世界観・魅力が堪能できる本写真展にぜひお越しください。

◆「世界ウェディングフォト写真展」概要

  • 日時          : 2019年7月27日(土) 11:00〜20:00
  • 2019年7月28日(日) 11:00〜18:00
  • 会場          : パインブルックリン  (大阪府大阪市福島区福島1丁目2−35)
  • 入場料         : 無料
  • 写真展・トークショー : 参加無料、予約不要
  • 個別相談会               : 7月27日(土) 12:15~/14:30~/16:45~
  • 7月28日(日) 12:15~/14:30~/16:45~
  • ご予約なしでも当日の混雑状況により、
  • 個別相談会の受付ができる場合もございますが、ご予約のお客様優先となります。
  • 特設ページURL     : https://www.la-viephoto.com/feature/photoshow/

—ここまでリリースから抜粋—

詳しくはリリースをご覧ください。

 

ラヴィ・ファクトリーの展示会開催のリリースについて考察

と、上記のように写真展を開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

フォトウェディング市場の推移

以前こちらの記事でもまとめたように、縮小が続くブライダル業界の中でもフォトウェディング市場は堅調に(どちらかと言えば伸びている)推移しています。

ユーザー側のニーズには、

  • 予算をかけたくない
  • 目立つのが苦手、嫌
  • 必要性を感じない
  • 再婚なので2回目は気が引ける

といったところが主ですし、事業者側の参入理由としては

  • 挙式・披露宴マーケットが緩やかな縮小を続けており今後も見込まれないため別の収益源を作る必要がある
  • 一般的な結婚式場を新規で作ると数億円はかかるが、フォトウェディングの場合は新規投資がはるかに小さくても大丈夫
  • 一定知名度のあるカメラマンであればフリーランスでも活動しやすい
  • InstagramやFacebookなどSNSとの相性がよく、集客の間口が広い。うまくやれば集客コストが低く抑えられる

と言ったところがメインだと言えます。

写真展開催のイベントの期待効果

フォトウェディング事業を運営する場合、一般的には、

  • リスティングなどのデジマ、フォトレイトなどの媒体出稿で集客
  • サイト経由の来店後に成約、またはオンライン上で申込
  • オプションを少しでも売って組単価アップ

事業KPIを考えればこういったところが成長のポイントになるところだと思います。今回の写真展の概要を見ると、結婚式にまつわるトークショーや個別の相談会なども企画されているので集客目的も一部ありそうですが、それ以外にも、フォトグラファーの従業員満足度の向上や社内のモチベーションアップという意味合いも大きいのではないかと思います。普段は、フォトグラファー⇔顧客、の間の関係で完結してしまうものが、外部の一般の方にも公開されることで広く自分の作品を見てもらう機会にもなりますし、やりがいに感じる方も多いでしょう。

 

ラヴィ・ファクトリーの展示会開催のリリースについてまとめ

写真展、とても興味があるので大阪じゃなければ行ってみたいなぁという感じです。こういった展示会の場合、どちらかというとあまり一般的ではない(普段見ないような構図の)フォトウェディングの写真がフォーカスされやすいですが、どんな写真をチョイスしてて二人の背景とかも書かれているのかぁ、などいろいろ見てみたいです。お近くの方は今月末なのでぜひ。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界のお役立ち資料集 無料ダウンロード

ブライダル業界で働く方にとって役に立つ資料を公開しています。無料ダウンロードできます。

 ●ブライダル媒体からの集客攻略法

 ●SEO施策の概要とブライダル業界のメディア事例集

 ●ブライダルビジネスの業績管理の方法(勉強用資料)

 ●ブライダルビジネスの基礎(勉強用資料)

 ●ブライダルサービス全25種のビジネスモデル図解集

 ●結婚式場の予算フォーマット(エクセル)

など、今後も随時追加予定です。業界知識の習得や新規事業の企画などにぜひご活用ください。


ブライダル業界のお役立ち資料集を無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*