更新日 2020年03月11日

【プレスリリース考察】人気フォトグラファーイルコの最新刊の全掲載作品の解説動画が視聴可能に

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、3/5に出た「YouTubeチャンネル登録者数11万人超の人気フォトグラファー光の魔術師イルコの最新刊『LIGHT IS THE KEY』なんとQRコード読み取りで全掲載作品の解説動画が視聴可能!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社玄光社
配信日時 2020年3月5日 11時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000053200.html
タイトル YouTubeチャンネル登録者数11万人超の人気フォトグラファー光の魔術師イルコの最新刊『LIGHT IS THE KEY』なんとQRコード読み取りで全掲載作品の解説動画が視聴可能!

YouTubeチャンネル登録者数11万人超!イルコが撮影した幻想的すぎるポートレート作品とテクニックを本と動画で楽しめる!!!
本書は、YouTubeで大人気の光の魔術師イルコのポートレート作品とテクニック解説をまとめたアートブックです。

  • 美しい作品はお手元で細部まで堪能するのがおすすめ!

現実世界とは異なるライティングによって創り出された独自の作品世界が魅力のイルコの写真たち。これらは写真集のようなコンセプトでまとめられた本書の前半部分で写真単体で楽しむことができます。これは是非印刷物でじっくり眺めていただきたい。

  • アイディア満載のライティングを大公開!

掲載作品のライティングは本書後半で丁寧に解説しています。
紙で確認しながら見られるは同じような写真を撮ってみたい方には参考になること間違いなしです。
動画とはまた違った利便性を感じられるはず。

  • 本書オリジナル!イルコ本人による解説動画が全60本

さらにイルコさんの真骨頂とも言える、楽しい動画コンテンツでも解説が見られるのが本書最大の魅力!
イルコさんの世界観を様々な角度から惜しげもなく体感できる1冊となっております。
動画を再生してみた!動画 → https://youtu.be/WRWuu3R33D0

  • 【著者について】 イルコ・アレクサンダロフ

ブルガリア出身、神戸在住のフォトグラファー。ファッション、ポートレート、ウェディングなどを中心に活動し、ストロボを使った独自の撮影スタイルがブレイク。YouTubeに撮影技術を紹介する動画を多く投稿し、Facebook、Instagram等のSNSでも多くのファンを獲得する。著書に『光の魔術師イルコのポートレート撮影スペシャルテクニック』『光の魔術師イルコのオフカメラ・ストロボライティング』(玄光社刊)がある。
【HP】 https://www.ilkoallexandroff.com
【YouTube】 https://www.youtube.com/user/ilkophoto
【Instagram】 www.instagram.com/ilkoallexandroff
【Twitter】 https://twitter.com/ilkoallexandrof

  • 本書について

タイトル:LIGHT IS THE KEY
発売日 :2020年3月6日発売
判型  : A4変型判 144ページ
定価  :定価:本体2,700円+税
ISBN   :978-4-7683-1300-8
URL  :http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=21248
出版元 : 株式会社玄光社
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

人気フォトグラファーイルコの最新刊の全掲載作品の解説動画が視聴可能のリリースについて考察

では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

リリースの概要

「LIGHT IS THE KEY」という本が発売される、さらに動画もついてくる、という内容。この本を執筆したイルコは多くのファンを抱える人気フォトグラファーです。シンプルにまとめるとこんな感じです。

個人の時代がくる

このリリースから私が思う重要なポイントは、これからは個人の時代が来るんだろうなぁという点です。
今回のフォトグラファーはyoutubeで11万人の登録、それ以外にもヘアメイクやドレススタイリスト、フォトグラファーなどウェディングアイテムに携わる方でInstagramやYoutubeで多くのフォロワーを抱えている人も少なくありません。これまでは

  • 結婚式場=発注者|アイテムベンダー=選ばれる人

という構図だったのが、

  • アイテムベンダー=集客者(選ぶ人)|結婚式場=選ばれる側

に変わる可能性がある、ということです。そんなことはない!と言う方もいると思いますが、現にそういった多数のファンやフォロワーを抱える人はいるわけで、その人の方が集客力も影響力もあるのです。もちろん誰もが個人で勝負できるとは思わないですが、そう遠くない将来、こういった構図に変わっていくと思います。
 

人気フォトグラファーイルコの最新刊の全掲載作品の解説動画が視聴可能のリリースについてまとめ

ほんとにダイレクトに新郎新婦や卒花プレ花とコミュニケーションを取れるチャネルが増えてきましたね。企業側としてはこれをいかに使いこなすか、会場や会社のファンを増やすか、こういったところまで気をつかわないといけないので、広報やマーケの方は大変ですね…。逆に個人としてはセルフブランドで固定のファンを獲得できればできることの可能性は多いに広がっていきますので、そういった働き方を目指したい人は今からでも勉強して実践するとよいでしょう。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事