更新日 2020年08月20日

【プレスリリース考察】The Place of Tokyoが新生活様式に対応した全4皿婚礼料理フルコースを開発

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、8/7に出た「〈東京タワーの目の前の結婚式場The Place of Tokyo〉新生活様式に対応した全4皿婚礼料理フルコースを開発」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社一家ダイニングプロジェクト
配信日時 2020年8月7日 13時21分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000174.000020880.html
タイトル 〈東京タワーの目の前の結婚式場The Place of Tokyo〉新生活様式に対応した全4皿婚礼料理フルコースを開発

飲食事業とブライダル事業を手掛けるおもてなし集団、株式会社一家ダイニングプロジェクトは、運営する結婚式場The Place of Tokyoで、少ない皿数でも満足度を落とさずに、参列ゲストと会場スタッフの接触回数や接客時間などを削減した全4皿婚礼料理フルコース(17,800円/おひとり、税サ別)の販売を開始いたしますのでお知らせいたします。

全4皿婚礼料理フルコース「シェフズプレミアム」
【全4皿婚礼料理フルコースの開発に至った経緯】

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、結婚式を予定していた新郎新婦様やゲスト様が、開催することや参列されることへ不安を抱かれるケースが多くあります。ただ、このような状況下でも、2020年5月以降、当館で結婚式を検討している新郎新婦様の披露宴実施予定人数は、40名以上が約7割を占めており、通常通り披露宴を開催したいと考えている新郎新婦様が多くいらっしゃると認識しております。
そこで、新型コロナウイルスの主な感染経路だと考えられている「接触感染」と「飛沫感染」について、結婚式で最もゲスト様と会場スタッフに接点が生まれる「料理提供時間」に着目し、皿数を4皿に絞った婚礼料理フルコースを開発することで、接触回数や接客時間などを削減し、新郎新婦様や参列ゲスト様に安心してお過ごしいただけると考えました。

【全4皿婚礼料理フルコースの特徴】

・注文率が最も高い人気コースをベースに開発
 当館で最も注文率が高い※コース「CHEF‘s SELECTION(17,800円/おひとり、税サ別)」をベースに、安心安全で新生活様式に対応した全4皿婚礼料理フルコースを作成いたしました。皿数はベースのコースから3皿減ですが、品数、食材数はベースのコースと同等の食材、数を使用しております。皿数は少なくても、質、ボリューム感ともにご満足いただける内容となっております。※約6割の新郎御婦様が注文(2019年度実績)

・接触回数、接客時間を削減
 コース料理を提供する際に、参列ゲスト様と会場スタッフが接触する回数や時間は、コースの皿数や内容によって変動するため、皿数が少ないほど回数や時間を削減することができます。また、目の前で出汁を注ぐなど、パフォーマンス性があるメニューをなくしたことで、そこに係る回数や時間を削減しました。また、当館のメニューはすべてお箸で召し上がっていただけるようになっており、この全4皿婚礼料理フルコースにはオプションの「祝箸」をもともとプランインし、ナイフやフォークを下げるなどの工程も削減しました。

・披露宴時間短縮のご提案が可能に
一般的に披露宴時間を短縮することが難しい理由として、選ばれたコースの皿数が多いと、全てのお料理を提供し終えるまでに時間がかかってしまうため、物理的に披露宴の時間短縮ができないケースが多いですが、この全4皿婚礼料理フルコースは約1時間7分ほど※で提供を終えることが可能になるため、披露宴を2時間以内に収めたいなどのご要望にお応えできるようになります。

※進行内容によって左右されます

・少ない皿数でも満足度、満腹度が下がらない工夫
 満足感、満腹感を感じるために重要な「咀嚼の回数」に着目し、品数や食材数を決定しております。
また、皿数が少なくなっている分、1皿1皿の提供間隔を長く取ることができるため、ゆっくり時間をかけて召し上がっていただくことにより満足度、満腹感が得られやすい構成になっております。

当式場ではこれからも、一生に一度のかけがえのない時間を喜びや感動に溢れる素敵な時間を過ごしていただく為に、今回の全4皿婚礼料理フルコースの開発をはじめ、感染拡大防止策の徹底、オンラインを活用したご相談、オンライン結婚式や最短2週間前でも申し込み可能な挙式プランの導入などを通して、お客様に安心してご利用いただけますよう努めてまいります。

【全4皿婚礼料理フルコース概要】
コース名称:CHEF’s PREMIUM(シェフズプレミアム)
コース金額:17,800円(お一人様/税サ抜)
販売開始 :2020年9月以降に結婚式を挙げるお客様
コース内容:全4皿

①前菜 〜秋の八寸〜
フォアグラのソテーお寿司仕立て 豊岡産コウノトリ育むお米
京鴨低温ロースト塩麹漬け 焼き葱と里芋田楽
水牛モッツァレラチーズと季節のフルーツ 生ハムを添えて
鮪の御造り 泡醤油と共に
ずわい蟹と京生湯葉
海老のフラン 菊花餡
バイ貝の磯煮
②魚料理 〜カナダ産オマール海老の雲丹味焼き〜
③肉料理 〜黒毛国産牛フィレ肉の網焼きと大葉味 の焼き御飯〜
イタリア産トリュフ塩と本山葵、徳島産酢橘をお好みで
④デザート 〜ドルチェ3種盛合せ〜
プティモンブラン
林檎の焼きたてマドレーヌ
金木犀薫るオレンジのジェラート

※祝箸/プチブレッド5種/食後のコーヒー・紅茶が付きます

【当式場でのウイルス感染拡大防止対策について】
当式場ではお客様に安心して施設をご利用いただくため、公益社団法人日本ブライダル文化振興協会、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会により策定された結婚式場業「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」に基づき、独自の感染拡大防止策を実施しております。(https://place-tokyo.com/news/detail.html?id=4419

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

The Place of Tokyoの新生活様式に対応した全4皿婚礼料理フルコースについてのリリースについて考察

と、上記のようなフルコースを提供します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

フルコースの概要と目的

コースメニューの概要はリリースに記載の通りで、目的はウイルス感染拡大防止対策についてです。

内容はこれまで最も人気の高かったコース料理と同様で皿数を減らしたものとなるようですが(もともと何皿だったものかはわからないですが)、サービスのオペレーションはキッチンとの往復回数は間違いなく減るんじゃないかなと思います。

キッチン側のオペレーションは大丈夫なのかな?とは思いますが、販売開始の9月までの間に(直近は施行もないと思いますしね)整えていくのだと思います。

コロナをきっかけにしたウェディングアイテムの変化

今回のリリースでは料理が変わりましたという内容ですが、それ以外のアイテムでも各会場工夫をしながら新しい様式に変更しているところも多いですね。

また一般のウェディングアイテム以外でも、フェイスマスク婚礼用オリジナルパーテーションなど、これまでにはなかったアイテムも生まれており、結婚式そのものの執り行われ方が変わっていきそうです。

 

The Place of Tokyoの新生活様式に対応した全4皿婚礼料理フルコースについてのリリースについてまとめ

秋施行のお客様もかなりの割合で来春への延期またはフォトウェディング等への規模縮小を検討しているようですが、この状況下でもこのタイミングでしか挙げられない方もいるので、こういった取り組みは必要だと思います。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事