【プレスリリース考察】「ララシャンス」を展開するアイ・ケイ・ケイが、結婚式場業におけるリサーチで3部門No.1獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】「ララシャンス」を展開するアイ・ケイ・ケイが、結婚式場業におけるリサーチで3部門No.1獲得_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、7/22に出た「全国に「ララシャンス」を展開するアイ・ケイ・ケイ株式会社が、結婚式場業におけるリサーチで3部門No.1を獲得!!(日本マーケティングリサーチ機構調べ)」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社アイ・ケイ・ケイ
配信日時 2019年7月22日 12時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000145.000033417.html
タイトル 全国に「ララシャンス」を展開するアイ・ケイ・ケイ株式会社が、結婚式場業におけるリサーチで3部門No.1を獲得!!(日本マーケティングリサーチ機構調べ)

日本マーケティングリサーチ機構が、2019年3-4月に結婚式場業におけるインターネット調査を実施した結果、アイ・ケイ・ケイ株式会社が『ゲスト満足度』『料理が美味しい式場』『先輩花嫁満足度』の3部門で第1位となりました。

株式会社日本マーケティングリサーチ機構公式サイト:https://jmro.co.jp/

【おもてなしの心を伝えるバンケット】

  • ゲスト満足度No.1
  • 料理が美味しい式場No.1
  • 先輩花嫁満足度No.1

全国16エリアに展開しているアイ・ケイ・ケイは、2019年7月に、ララシャンスKOBE(神戸)をグランドオープンいたします。神戸港を見渡すことができるオーシャンビューの披露宴会場があり、神戸らしさを存分にしきつめたゲストハウスです。一面ガラス張りの披露宴会場は、お二人を祝福するかのように輝かしい光が差し込む空間となっております。

また、2020年春にはララシャンスが東京出店も計画中です。これからも、お客さまの最高の幸せと喜びをプロデュースし続けていきます。

【自然に囲まれたウェディングスペース】

ララシャンスは、お好みに合わせた挙式スタイルから選んでいただくことができます。人気の教会挙式はもちろん、自然に囲まれたガーデン挙式や水上チャペルなどのスタイルもご用意しております。ゲストの皆様にも満足していただき、忘れられないセレモニーにできるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

大切な日のお料理にも、こだわりを尽くして提供しております。お二人の想いを、ゲストへしっかり届けるために、ララシャンスはその一皿に、すべての想いをこめてお作りしております。パーティーのお料理は、世界がその腕を認めたメダリストシェフが監修しております。
「感動の一皿」をシェフ達がゲストの目の前で仕上げます。

—ここまでリリースから抜粋—

リサーチの対象者や方法などの具体的な内容については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

アイ・ケイ・ケイのリサーチ結果のリリースについて考察

と、上記のようなリサーチ結果になりました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

アイ・ケイ・ケイの出店戦略

アイ・ケイ・ケイの運営する結婚式場は「ララシャンス」が有名ですが、他の大手ブライダル企業と比べえると出店地に大きな違いがあります。

テイクアンドギヴ・ニーズやベストブライダル、エスクリ、アニヴェルセルなどは東京・大阪などの大都市圏を中心に出店していますが(または大都市+地方都市)、アイ・ケイ・ケイは東京・大阪には出店しておらず、地方都市のみの出店となっています(詳しくは公式HPをご覧ください)

大都市圏中心に出店するメリットとして、人口減少スピードが遅いのでマーケット縮小が進みにくい、トレンド感度の高い人が多い、情報が入りやすいなどがある一方、デメリットとしては、土地や地代家賃・人件費が高い、競合会場が多い、などがあります。地方出店のメリットデメリットはその逆ですね。

結婚式場運営においてどのエリアに店舗を出店するのかは最も重要な戦略ともいえますが、1つの正解があるものでもありません。

アイ・ケイ・ケイこれまで地方中心の出店戦略を実行してきて、上場~売上拡大(しかも利益率も安定している)まで進めてきているので、この戦略は面白いなぁと思います。どういう判断で出店を決めてきたのか、いくらくらいの回収計画を立てているのかは興味ありますね。

ちなみに、2020年に東京出店を計画しているようなので、どのようになるのか気になるところです。

今回のリサーチ結果はどう活かせるか

上の出店戦略については、今回のリサーチのリリースとは直接関係ないですが、都市部の会場で働いている方とかには意外と認知度高くないかなと思い、ご紹介しました。

さて、こういったリサーチ結果は何に活かせるのでしょうか?

1つ目は、一番わかりやすいのは集客です。このリリース記事を見る→ララシャンスの評価が上がる→興味を持つ→見学予約へ、という流れですね。このリリースをどれくらいのメディアが取り上げるかはわからないですが、目にする人が増えればこういったことも期待できそうです。

2つ目は社員のモチベーションアップです。自分たちの仕事が第三者から評価されている、というのは働いている人のモチベーションアップに効果的です。仕事に自信も持てますし、この結果を維持したい、次も1位になりたい、という動機が起きやすいですね。

3つ目は採用です。ブライダル業界で働く人たちは多かれ少なかれ「いい結婚式をつくりたい」という気持ちがあります。どの会社もそういうことは言うのですが、今回のリサーチのように実行して評価されている、というのは就活や転職活動している人からすると魅力的に映ることもあると思います。

 

アイ・ケイ・ケイのリサーチ結果のリリースについてまとめ

リリースの内容自体は珍しいものではないですが、アイ・ケイ・ケイのリリースが珍しいなと思ったのでご紹介させてもらいました。

結婚式場の口コミや評価があまり安定しないのは、

  • 新郎新婦側の満足度はリピートしないから客観的な会場ごとの評価が難しい
  • ゲスト側の満足度は新郎新婦が発注した商品ランクの影響をかなり受けるので同じ基準で比べるのが難しい

というのが理由です。こういったリサーチ結果が出ることもあまり多くはないのですが、各社の取り組みが正しく評価されるような業界にしてけたらなと思います。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル企業の課題を解決する!法人向けソリューションサービス一覧はこちら

ブライダル業界の課題を解決する様々な法人向けサービスをご紹介しています。

 ●集客改善ブライダルコンサルタント

 ●総合ブライダルコンサルタント

 ●ITシステムソリューション

 ●新規/打合せの担当・接客代行

など、今後も随時追加予定です。業績改善や新規事業の企画などにぜひご相談ください。


ブライダル業界の法人向けサービス一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*