更新日 2020年04月22日

【プレスリリース考察】八芳園がオンラインウエディング相談会開催中

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、4/17に出た「【オンラインウエディング相談会開催中】ご結婚式の準備をオンラインでサポート」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社八芳園
配信日時 2020年4月17日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000119.000019559.html
タイトル 【オンラインウエディング相談会開催中】ご結婚式の準備をオンラインでサポート

株式会社 八芳園は、お客様の安全と従業員の安全、そして新型コロナウイルス感染拡大防止への社会的責任を第一に考え、お客様がご自宅から結婚式場探し・ご結婚式へのご準備を進められるよう、「オンラインウエディング相談会」を開催しております。
新型コロナウイルスの感染が広まる現在、八芳園では、現状の深刻さを真摯に受け止めると同時に、お客様の安全と従業員の安全、そして新型コロナウイルス感染拡大防止への社会的責任を第一に考え、緊急事態宣言発令期間中の営業を自粛しております。
「ご結婚おめでとうございます」と笑顔でお出迎えをするという当たり前のことが困難な状況にある今、私たち八芳園ができることは、ご結婚式をご予定されているおふたり、ご家族のご準備を、オンラインでサポートすることだと考え、「オンラインウエディング相談会」を開催しております。
ご結婚式を控えられたお客様が、外出をせずにご自宅から結婚式場探し・ご結婚式へのご準備を進められるよう、八芳園ブライダルチームがオンラインでサポートさせていただきます。
私たちの存在意義は、
こころを、ともに。
こころを、新たに。
おふたりを「ご結婚おめでとうございます」とお出迎え出来る日を目指して。
お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。
■オンラインウエディング相談会

  • 開催日:2部制 12時〜/14時~(毎日開催)
  • 所要時間:約20分~40分を予定しております
  • 相談方法:電話/メール/Skype/Zoomミーティング(音声のみも可能)
  • ウエディング施設:[八芳園]https://www.happo-en.com/ [壺中庵]http://www.kochuan.co.jp/
  • お申し込みはこちら:contact@happo-en.com

■営業自粛のご案内
◆営業自粛期間
2020年4月8日(水)~5月6日(水)
◆営業自粛施設
八芳園本館でのご婚礼及びご宴席/レストラン(スラッシュカフェ・Enjyu・VEGETABLE LIFE)/kiki-季季-/お茶室夢庵/壺中庵/八芳園施設内での撮影全般
◆要請期間中のお問い合わせ
・電話でのお問い合わせ(八芳園・壺中庵):03-3443-3111(代表)[受付時間:11:00~17:00]
※なお、最少人員で対応しております為、お電話がつながりにくい場合はメールにてご連絡いただくようお願い申し上げます。
・ご婚礼(お申込み・お下見予約)に関するお問い合わせ:contact@happo-en.com
【八芳園について】
八芳園は、昭和18年の創業以来、豊かな自然環境つくりと、食生活への奉仕を通して、社会に貢献する総合イベントプロデュース企業です。「日本のお客様には心のふるさとを 海外のお客様には日本の文化を」を理念に掲げ、「OMOTENASHIを世界へ」をミッションとして、MICE、結婚式をはじめとした、宴会・レストラン等の企画運営を展開。都心にありながらも江戸時代から続く約1万坪の由緒ある庭園を維持し、 お客様へ至福の時を提供しています。
2020東京大会期間に於いては、ホストタウン・ハウスアピール実行委員会に参画し、イベント及びフードプロデュースを担当しています。
〈八芳園公式ホームページ​〉https://www.happo-en.com/
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

八芳園がオンラインウエディング相談会開催のリリースについて考察

と、上記のような相談会を開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

オンライン相談会の概要と目的

八芳園のオンライン相談会は「八芳園対複数のお客様」という形式だと思います(違ったらすみません…)。これは就活で言うところの会社説明会のような感じで、あらかじめ開催日時を決めておいて、そこに参加してくれるお客様と集める、というスタイルですね。
他のブライダルサービスや結婚式場のオンライン接客だと基本的に1:1(式場とお客様が1人ずつ)のように、通常の式場やサロンでの接客をそのままオンライン化したスタイルを取り入れているところが多いと思いますが、八芳園のように規模が大きく一定数の集客が見込める場合はこのような形式の方がオペレーション側の負担が少なくていいですよね。

オンライン接客の在り方

コロナウイルスの影響がいずれ落ち着くにしろ、式場探しのオンライン化の流れは止まらないでしょう。もちろん、すべてがオンライン完結するとは思いませんが(やっぱりドレスやチャペルを見たいっていう希望は大きいでしょうし)部分的ではあったとしてもそのままオペレーションに取り入れる会社は増えそうです。
となると、どうやってそのフェーズを効率化して高い成果を残すのか?というこれまでとは全く異なるノウハウを磨いていく必要が出てくるわけですが、これまでブライダル業界だと先行者がいない領域だと思うので早く取り組んで試行錯誤した企業が勝っていくと思います。

  • 開催方法(参加人数、時間の取り方)
  • 予約の取り方の効率化
  • 接客のクオリティ(資料なども込み)
  • 接客後の誘導方法

具体的にはこんな感じですかね。本格的に始まったらもっとありそうですが、研究していく価値はありそうです(というよりしないと競争に負けそうです)。
 

八芳園がオンラインウエディング相談会開催中のリリースについてまとめ

これまでのオンライン接客のリリースは主にウェブサービス系のブライダル企業が多かったですが、八芳園のように今後は結婚式場でも導入していく企業は増えていきそうです。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事