更新日 2020年03月27日

【プレスリリース考察】ハナユメが「ハナユメオンライン」を開始

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、3/17に出た「オンラインで結婚式の相談ができる「ハナユメオンライン相談」を開始」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社エイチーム
配信日時 2020年3月17日 15時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001627.000001348.html
タイトル オンラインで結婚式の相談ができる「ハナユメオンライン相談」を開始

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームブライズは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、結婚式を検討中のお客様により安心してご相談いただけるように、ご自宅にいながらオンラインで結婚式の相談ができる「ハナユメオンライン相談」を2020年3月6日(金)から開始しました。ハナユメオンライン相談は「ハナユメウエディングデスク」のないエリアでも、ハナユメがサービスを展開しているエリアの結婚式場をお探しの方であれば、ご相談を承ります。
■結婚式の相談がオンラインでできる「ハナユメオンライン相談」の概要
ハナユメオンライン相談とは、これまで「ハナユメウエディングデスク」各店舗にて対面で行っていた結婚式の相談を、ご自宅などからオンライン上でできる無料サービスです。
結婚式場探しはもちろん、費用、前撮り、指輪、二次会に至るまで「ハナユメウエディングデスク」と同様にご相談いただけますので、お気軽にお問い合わせください。
■「ハナユメオンライン相談」開始の経緯
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ブライダル業界は結婚式の中止や延期などが相次いでおり、ハナユメにも新型コロナウイルス感染症に関連するお問い合わせを頂戴しております。
このような状況の中、当社が「ハナユメオンライン相談」を開始することは、お客様が安心して結婚式の準備を進められることにつながると考えています。
当社は引き続き、ミッションである「一組でも多くのカップルに”理想の結婚式”のきっかけを」の実現に向けて、ブライダル業界の発展に努めてまいります。
■ハナユメオンライン相談の流れ
(1)オンライン相談予約をする

Webの方はこちら →https://hana-yume.net/landing/online/
お電話の方はこちら→0120-791-317
※すでに「ハナユメウエディングデスク」への来店予約をしている方で「ハナユメオンライン相談」へ変更希望の方は、上記の問い合わせ窓口で変更を承ります。
(2)パソコンから専用ルームにアクセス
ご予約時間の直前になりましたら、オンライン相談で使用するURLをメールにて送信します。当日はURLから指定されたミーティングへ参加してください。
※現在スマートフォンには対応しておりません
(3)ビデオチャットでご相談開始
プロのアドバイザーがビデオチャットツール「Zoom」を利用してパソコン上で相談を承ります。お客様の希望から具体的な結婚式場のお探しをさせていただきます。
 ■「ハナユメオンライン相談」に伴う対応エリアの拡大
これまでは、関東(銀座、新宿、横浜)、東海(名駅、栄、浜松)、関西(梅田、心斎橋、神戸、京都)、九州(博多)の「ハナユメウエディングデスク」でご相談を承っておりましたが、本サービスの開始に伴い、他エリアのお客様のご相談も承ることができます。
「ハナユメウエディングデスク」から遠方にお住まいのお客様も、ハナユメがサービスを展開しているエリアの結婚式場を検討中であれば、ご相談を受け付けておりますので、結婚式に関してお悩みのある方は、お気軽にご相談ください。
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

ハナユメオンライン開始のリリースについて考察

と、上記のようにオンライン接客を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

ハナユメオンラインの概要

ウェブ予約して所定の時間にパソコンを使ってオンラインで接客して結婚式場を紹介という流れで、サロンへの来店時間が無くなるのがお客様にとってのメリットですね。また、オンラインで地理的な制約がなくなるのでこれまでウェディングデスクがなかった地域の方でも対応可能となります。

オンライン化の期待効果

昨今の不要不急の外出自粛の要請などの背景もあり、テレワークやオンライン接客を導入する企業が増えてきていますが、ハナユメがこのオンライン相談を導入した場合の期待効果はどれくらいあるでしょうか?
まずプラスの面では下記の点が挙げられます。

  • デスクの非展開エリアからの集客増加
  • コンバージョンの心理的ハードルが来店よりも低いのでCVR増加

などですね。一方、想定されるデメリットには次のような点が挙げられます。

  • 通常のサロン来店と比較して送客率が下がり、かかる工数に対してのリターンが減る(=費用対効果が下がる)
  • 来店予約に比べてキャンセル率が高くなる
  • これまで来店していた顧客がオンラインに流れて全体のKPIが悪化する
  • サロンがない地域でも接客可能になるのはメリットだが、紹介先会場がないのでそんなにメリットにならない

などです。全体で見ればどちらに触れるかわからないなぁというのが個人的な感想ですが、サイトを見た限りだと

  • スマホでの対応はできない(おそらくZoomの仕様)ので、対象がPCを持っている人に限られてしまう
  • 最終受付が18時までなので、平日の夜というこれまでのサロン来店では取れていなかったであろうゾーンを追加で取れるわけではない

このような点を突破できると集客増加効果はもっと期待できるかなぁとは思います。
 

ハナユメオンライン開始のリリースについてまとめ

結婚式場、ウェディングデスクなど続々オンライン化が進んでいますね。昨今の厳しい状況もいい意味で見ればこういったテクノロジーの活用を後押ししていると思います。今後の業務効率化やお客様の負担軽減につながっていけばなと思います。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事