【プレスリリース考察】「ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西」を9/14(土)・15(日)大阪国際会議場で開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】「ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西」を914(土)・15(日)大阪国際会議場で開催_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、8/30に出た「人気式場が大集結!「ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西」を9/14(土)・15(日)大阪国際会議場で開催」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社エイチーム
配信日時 2019年8月30日 15時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001542.000001348.html
タイトル 人気式場が大集結!「ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西」を9/14(土)・15(日)大阪国際会議場で開催

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームブライズは、ウエディングイベント「ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西」を2019年9月14日(土)・15日(日)に開催いたします。

「ブライダルフェスタ by Hanayume 関西」概要

「ブライダルフェスタby Hanayume」とは

「ブライダルフェスタby Hanayume」は、当社のミッション『一組でも多くのカップルに“理想の結婚式”のきっかけを』を実現するため、2013年より全国の主要都市で開催されてきたウエディングイベントです。本イベントでは、人気結婚式場を同時比較できるほか、リングショップや二次会、エステなどの関連情報もまとめて収集することができ、結婚式場を探しているカップルへ、今までにない新たな式場探しの形(手段)を提案いたします。

「ブライダルフェスタby Hanayume」開催の背景

国内人口は少子化の影響により減少傾向にあり、さらに晩婚化や未婚化により婚姻届出数の低下が進んでいます。また、入籍のみで挙式披露宴を行なわない「ナシ婚」層の拡大もあり、挙式実施数が減少傾向にあります。当社は、ブライダル関連市場と共に成長する存在でありつづけるために、このマーケットに対して新しい価値観を提案し、活性化を図ることが重要であると考えております。

「ブライダルフェスタby Hanayume関西」とは

イベント名 ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西
出展企業 大阪・神戸・京都各エリアと国内・海外リゾートで人気の80以上の結婚式場リングショップ・二次会・エステなど10社の結婚式関連企業
WEBサイト https://hana-yume.net/event/bridalFesta/201909Kansai/
SNSアカウント https://www.instagram.com/hanayume_brafes/
日時 2019/09/14(土) 10:30-19:00 (最終受付18:00)
2019/09/15(日) 10:00-17:00 (最終受付16:00)
場所 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)イベントホール
住所 大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51
アクセス ・電車でお越しの方
京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」(2番出口)すぐ
・バスでお越しの方
大阪(梅田)駅よりシャトルバス有り
その他 入場無料、入退場自由
主催 株式会社エイチームブライズ

「ブライダルフェスタ by Hanayume 関西」来場者のメリット

過去ご来場者の満足度97%

これまでにご来場いただいたお客様に実施したアンケートで97%の満足度(※)を獲得。「結婚式を挙げるきっかけになった」などの感想も多数いただいております。
※2018年9月 自社調べ、2018年開催来場者アンケート(662人分)

プロのウエディングアドバイザーに無料で相談できる

オリコン日本顧客満足度ランキング『結婚式場相談カウンター』において、2017年より3年連続で第1位を受賞した、ハナユメウエディングデスクに所属するプロのアドバイザーから、あらゆる結婚式の提案を無料で受けることができます。結婚式場をお探しの方へ式場比較にまつわるご相談だけではなく、結婚式を挙げること自体に不安をお持ちのお客様に最適な提案をいたします。

多数の限定コンテンツを体験できる
(※一部事前予約のみ対象となります。詳しくは当社Webサイトをご確認ください。)

■無料体験コンテンツ
・ドレス試着体験
・DIY体験
・引菓子試食@ハナユメカフェ ※一部有料

■ステージコンテンツ
・ウエディングドレスファッションショー
・スイーツ試食会
・出展社PRタイム

■参加特典
・花嫁特典BOOK
・当日式場見学フェア予約特典
・QUOカード(事前来場予約者に限る)

■カップルご来場特典
・オリジナル婚姻届
・フォトプロップス台紙

(株)エイチームブライズは、『一組でも多くのカップルに“理想の結婚式”のきっかけ』を提供するべく、これからも邁進してまいります。

—ここまでリリースから抜粋—

エイチームブライズが運営する他サービスや会社概要など、詳しくはリリースをご覧ください。

 

ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西のリリースについて考察

と、上記のようなイベントをスタートします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

出展する結婚式場や企業の観点

こういったイベントは今回のハナユメに限らず、ゼクシィや関西ならLei Weddingのウエディングマルシェなど開催数もかなり増えてきていますが、出展する目的はシンプルに来館予約の獲得です。

イベントのウェブページを見る限り、以前と変わらず結婚式場のブースもあるみたいなので、

  1. お客さんがイベントに来場する
  2. 自社の会場のブースでお話をさせてもらう
  3. 会場の見学予約を獲得する

これが基本の流れになります。それぞれのKPIは、イベント来場者数、ブース着席率、アポ獲得率、この3点になるので、これらをどうやって高めていくかが成否を分けるポイントとなります。詳しくは以前以下の記事にまとめていますので、参考にご覧ください。

ただし、以下の2点は注意が必要です。

  • イベント出展時のレギュレーションを守ること
  • あまりに温度感の低いお客様はアポにしないこと

1つ目は、声をかけていい範囲やアポの取り方、インセンティブなどイベント主催者が規定している事項を守った上でアポ取りをするようにしましょう。普通に怒られます、隣や近隣ブースの会場からクレーム来ます。

2つ目は、ハナユメは来館報酬で契約している会場も多いと思うので、イベントだからと張り切りすぎて期待度の低いお客さんも来館させてしまうとコストが膨大にかかってしまいます。他のゼクシィなど成約ベースの成功報酬であればとにかくアポ取るべし!でいいのですが、来館報酬の媒体が主催するイベントの場合はその点に注意が必要です。

イベントを主催する側の観点

ハナユメのブラフェスは初めての開催から数年たっており、開催回数も多くハナユメの中でも安定したコンテンツの1つになっていると思います。他のメディアやサービスでもブライダルイベントを開催することが増えてきていますが、出展する結婚式場数や他業界の出展社を見ても、高い集客力を維持できていることは明らかでしょう。

また、イベントコンテンツを見ても、数年前は加藤夏希さんなど芸能人を呼んでトークショーをしたりしていた時期もあったのですが、今回のイベントでは基本に沿ったブライダルコンテンツを酔いしており(すみません、いい表現が思い浮かばず)、なんだかんだで「結婚式に関わる内容を一日で網羅的に体験できること」これがユーザーにとって一番大きなメリットなんだと思います。

そのため、今後イベントを開催する場合は以下の2点を抑えることが集客上は重要になると思います。

  • イベントに参加することでユーザーが得られる情報の網羅性が高いこと
  • 体験できるコンテンツの質と量が高いこと

ただ、これを開催する条件としてしまうと資本力が大きい会社しか開催できなくなってしまうので、もしそうじゃない場合は網羅性の逆を突いたコンセプトを企画することが必要になるでしょう。

  • 和に特化している
  • ゲストハウスに特化している
  • リゾートに特化している

などです。これであれば、結婚式場運営企業が主催になっても可能だと思いますし、バリューマネジメントなども開催していますね。

 

ブライダルフェスタ by Hanayume(ハナユメ)関西のリリースについてまとめ

リリースの内容自体はイベント告知の内容ですが、主催者側と出展者側でこのイベントを通じて何を目的とするかは変わってきますので、しっかりと準備して挑みたいところです。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル企業の課題を解決する!法人向けソリューションサービス一覧はこちら

ブライダル業界の課題を解決する様々な法人向けサービスをご紹介しています。

 ●集客改善ブライダルコンサルタント

 ●総合ブライダルコンサルタント

 ●ITシステムソリューション

 ●新規/打合せの担当・接客代行

など、今後も随時追加予定です。業績改善や新規事業の企画などにぜひご相談ください。


ブライダル業界の法人向けサービス一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*