更新日 2020年06月30日

【プレスリリース考察】ハナユメが新型コロナウイルス感染症による結婚式ヘの影響を調査

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/25に出た「『Hanayume(ハナユメ)』が新型コロナウイルス感染症による結婚式ヘの影響を調査!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社エイチーム
配信日時 2020年6月25日 14時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001683.000001348.html
タイトル 『Hanayume(ハナユメ)』が新型コロナウイルス感染症による結婚式ヘの影響を調査!

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームブライズは、新型コロナウイルス感染症が挙式予定のカップルにどんな影響を及ぼしているのか、アンケート調査を実施しました。

新型コロナウイルス感染症は、ブライダル業界においても大きな影響を与えています。多くのカップルが、少人数での挙式や延期・中止のご判断など様々な対応を迫られました。
ブライダル関連の各事業者は新型コロナウイルス感染症に関して、政府のガイドラインや各社の方針に沿った感染予防対策を順次進めながら、お客様へサービスを提供しています。
不安や迷いを感じられるカップルにおかれましては、感染拡大予防に取り組んでいる各式場および式場プランナーにご相談いただくことを推奨いたします。
ハナユメは、生活文化の継承・発展に貢献するブライダル市場とともに成長するための情報提供を心掛け、発信してまいります。

■調査サマリ

  1. 6月~7月に結婚式を予定していたカップルの約30%は挙式実施の判断に迷っている。10月に結婚式を予定していたカップルの約37%が挙式を決行予定
  2. やむを得ず、結婚式を延期された方の中で最も多かった延期後の挙式日程は、10~12月が最多で全体の約3割
  3. 一度、結婚式を延期・キャンセルされた方で再度延期やキャンセルをしたのは約13%
  4. 約19%の方がオンラインで結婚式の準備を進めている

■アンケート結果

1. 予定していた結婚式はどのような対応をされましたか?
【6月~7月】
6月~7月に結婚式を予定したカップルは、いずれの月も1割弱が「決行する」と回答しました。「まだ迷っている」と回答したカップルは6月が約19%に対して、7月は約45%と差が出る結果となりました。

【8月~10月】
8月に予定していたカップルと10月に予定していたカップルを比較すると「決行する」と回答したカップルの割合は約14ポイント回復していることがわかります。6月と比較すると約29ポイント回復していることから、徐々に挙式を決行されるカップルが増えてきていることがわかりました。

2. 結婚式をいつに延期しましたか?
2020年10〜12月に結婚式を延期した方が約30%と最も多く、続いて2021年4月以降という結果になりました。

3. 最初に変更した結婚式の日程から再度変更しましたか?
結婚式の日程変更をした方を対象に「再度延期」したかどうか聞いたところ、最初に変更した日程で行う方が半数以上いらっしゃいました。緊急事態宣言が解除されたこともあり、今後の挙式実施に対して前向きなカップルも増えてきたのではないでしょうか。ただし、約30%のカップルはまだ迷われているという結果になりました。

4. オンラインで結婚式準備を進めていますか?
結婚式準備に関するオンライン化については、特に何もしていないという方が81%と多数ですが、オンラインでの打ち合わせや指輪の購入などを進めているカップルも約19%という結果となりました。

5. オンラインでブライダルフェアに参加したいですか?
緊急事態宣言は解除されたものの、ブライダルフェアにオンラインでの参加を希望するカップルが約8割を占める結果となりました。
ハナユメの「結婚式準備ガイド」では、結婚式と新型コロナウイルス感染症に関するアンケート調査を公開しています。
上記のアンケートについて、より詳細を知りたい場合は下記のページよりご確認ください。

▼ハナユメ:結婚式と新型コロナウイルス感染症に関するアンケート調査
https://hana-yume.net/howto/hanayume-information/

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

ハナユメ新型コロナウイルス感染症の調査結果リリースについて考察

と、上記のような調査結果を公開しました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

調査結果の概要

詳細な結果は冒頭にあるリンクのリリースをご覧ください。

秋以降の結婚式は決行する方もいるものの全体の30%程度で、延期またはキャンセルしたまたは検討している方が思っていたより多いのが印象的でした。

オンライン結婚式場準備は浸透するのか?

もう1つ気になったのがオンライン準備についてなのですが、思ったより何も進んでいないんですね…。この調査は新郎新婦側の意識調査なので、実際に契約している結婚式場側でどれだけオンラインの準備をしているのかにも結果が依存するのですが、それでももうちょっと多いかと思いました。

特に3月~5月は各社ともオンライン接客などに関するリリースを出していたので(ハナユメも出していましたね)この機会に進むものかと思っていましたが、難しいんですかね…。というかこのタイミングでも進まなかったらどうやったら進むだろうって感じですが…。やはり企業側のシステム導入をはじめとしたオペレーション側の設計がハードル高いのかなと思います。

 

ハナユメ新型コロナウイルス感染症の調査結果リリースについてまとめ

色々な企業がオンラインや結婚式延期についてのリリースを出しているので、また今度まとめてみようかと思います。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事