更新日 2020年01月24日

【プレスリリース考察】ハナユメがエピソードコンテストを開催

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、1/17に出た「ハナユメが社内コンテストを開催」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社エイチーム
配信日時 2020年1月17日 16時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001597.000001348.html
タイトル 「第1回 ハナユメ エピソードコンテスト」を開催

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームブライズは、結婚式場情報サイト「Hanayume(ハナユメ)」のウエディングアドバイザーとコンシェルジュを対象とした「第1回ハナユメ エピソードコンテスト」を開催いたしました。
■「ハナユメ エピソードコンテスト」とは
本コンテストは、全国のウエディングアドバイザーとコンシェルジュの約80名が1年間を振り返り、接客を通じてお客様へ”理想の結婚式”のきっかけを最も提供できたと感じたエピソードを提出します。
その中から、社内審査を通過したノミネート者が、当社全社員にエピソードを発表してグランプリ獲得を目指します。対象者は、当社が運営する全国11店舗のハナユメデスクに勤務するウエディングアドバイザーと、お客様との電話やLINEを通じ接客応対を行うコンシェルジュです。
「ハナユメ エピソードコンテスト」の狙い
・ウエディングアドバイザーとコンシェルジュの接客応対スキルの向上
・当社サービスの質向上
当社全社員にエピソードを共有し、より一層お客様のことを考えることで、ハナユメがさらにお客様に喜びを感じていただけるサービスへ成長することを目指します。
■「第1回 ハナユメ エピソードコンテスト」について
第1回のテーマは「全社員に紹介したい!“理想の結婚式”のきっかけエピソード」です。コンテスト当日は、日々の接客において、様々な“理想の結婚式”のきっかけを提供したエピソードが全社員に共有されました。
結果発表
全社員による投票を行い、ウェディングアドバイザーとコンシェルジュからそれぞれ1名のグランプリ受賞者が選ばれました。
グランプリのエピソードでは、「ハナユメ会員様・結婚式場様・ハナユメ」の三方よしを実現しただけではなく、「新郎・新婦のご家族」の理想を叶えるご提案ができたことが評価されました。
全社員からは「エイチームグループが大切にしている三方よしが体現されていて素晴らしかった」「会員様のみでなく、会員様のご家族まで幸せにできるか考えてサービス向上に努めたい」といったコメントが寄せられました。
※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

ハナユメのエピソードコンテストのリリースについて考察

と、上記のようなコンテストを実施しました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

コンテスト開催の概要

Good Wedding Awardの社内版、というイメージでしょうか。
ブライダル業界は外から見ると華やかな世界にも見えるのですが、実際は業績など数値もきちんと見なければいけません(業績が良くない会社が多いという背景もありますが)。
そんな中で媒体運営企業が顧客満足をテーマにした社内活動を実施しかつ広報しているというのは意味が大きいなと個人的には思います。

コンテスト開催の目的

過去取り上げた事例だと

というのと近いような気がします。リリース内ではサービスの質の向上、スキルの向上と書いていますが、これは対外的な理由であって、社内的には従業員満足度の向上、社内文化の醸成、などマネジメント観点での目的も含まれていると思います。
ブライダルの仕事はいい意味では安定していますが悪い意味ではお客様が違うだけでやることは同じ、なので、始めてから数年すると飽きや慣れが出てきてしまう方も多いんですよね。
売上や送客数、成約数など定量的な指標でのランキング発表でモチベーションを上げるのも有効な方法ですが、必ずしもそういうのが刺さる社員だけではないので、そういった状況を打破するにこういう取り組みは意味が大きいんじゃないかなと思います。
 

ハナユメのエピソードコンテストのリリースについてまとめ

社内の取り組みのリリースで、媒体運営企業が開催&顧客満足にフォーカス、という点で珍しかったので取り上げてみました。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事