更新日 2020年11月12日

【プレスリリース考察】結婚式場情報サイト「ハナユメ」が提供エリアを拡大

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、11/4に出た「結婚式場情報サイト「Hanayume(ハナユメ)」の提供エリアを拡大!広島・岡山・香川で新たにサービスを開始」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社エイチーム
配信日時 2020年11月4日 17時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001767.000001348.html
タイトル 結婚式場情報サイト「Hanayume(ハナユメ)」の提供エリアを拡大!
広島・岡山・香川で新たにサービスを開始

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームブライズは、同社が運営する結婚式場情報サイト「Hanayume(ハナユメ)」の提供エリアを拡大し、2020年11月4日(水)より「広島・岡山・香川」の3県でのサービスを開始いたします。

■新エリアでの「Hanayume(ハナユメ)」提供サービス
「Hanayume(ハナユメ)」はこれまで、お客様に「理想の結婚式のきっかけ」を提供できるよう業界とともにサービス提供価値の向上に努めてまいりました。
2008年に「すぐ婚navi」としてサービス提供を開始し、2016年8月のリニューアルを経て、現在はオンライン・オフラインを問わず、お客様へ様々な価値を提供しております。
我々が培ってきたノウハウを活かし、当社のミッションである『一組でも多くのカップルに、“理想の結婚式”のきっかけを』をよりたくさんのお客様に向けて実現するべく、新エリアでのサービス提供を開始いたしました。
今回拡大する新エリアでは、『WEBサイト・アプリでの式場検索サービス』『ハナユメオンライン相談』を提供いたします。

なお、既存のエリアでは、引き続き下記のサービスをお客様に提供いたします。
・ハナユメウエディングデスクでの対面接客
・LINEやチャットを利用した非対面接客
・WEBサイト・アプリでの式場検索サービス
・HIMARI
・ハナユメフォト
・結婚式関連サービスの紹介
・ブライダルフェスタ(ブラフェス) など

■プロに相談できる「Hanayume(ハナユメ)」のオンライン接客
​ハナユメは2020年3月8日(日)より、店舗にて行っていた接客をオンライン上で受けられる「ハナユメオンライン相談」を開始しました。結婚式場探しはもちろん、挙式費用、前撮り、指輪、二次会に至る様々なご相談を実店舗の「ハナユメウエディングデスク」同様にお受けいたします。
※ハナユメオンライン相談:https://hana-yume.net/landing/online/

■ハナユメはこれからも、業界とともにサービスの提供価値向上に努めてまいります
withコロナの時代、従来通りの結婚式を開催することに不安を感じるお客様がいらっしゃいます。ハナユメでは、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた結婚式にまつわるお役立ち情報をご提供しています。
今回の新エリアでのサービス開始により、「一組でも多くのカップルに“理想の結婚式”のきっかけを」お届けできると考えています。今後も市場の活性化を図り、ブライダル業界のさらなる発展に寄与することで、サービスの提供価値向上に努めてまいります。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

「ハナユメ」が提供エリアを拡大のリリースについて考察

と、上記のようにエリア拡大をします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

エリア拡大の概要と目的

概要はリリースにある通りですが、「広島・岡山・香川」で『WEBサイト・アプリでの式場検索サービス』『ハナユメオンライン相談』を提供するようになるようです。

また絶妙なエリアですが、現時点の掲載式場数を見ると(いずれも有料掲載)

  • 広島:4
  • 岡山:5
  • 香川:3

となっていて、まだ本格的に掲載が増えるのは先だと思います。

エリア拡大のメリット・デメリットを考える

今夏のリリースのようにエリアは拡大するけどカウンターデスクを出さないなら、初期投資の固定費はかなり抑えられると思います。法人営業拠点も置いているかどうかわからないですが、もしそれもなくオンラインで法人営業しているのであればほぼ初期投資無くエリア展開できていると思います。

そう考えると、これまでよりも新規エリア開拓工数が下がるので、まだ全国展開していないハナユメやマイナビウエディングなどはエリア拡大をする可能性が高まりますね。

エリアを拡大するメリットは

  • 掲載できる式場数が増えるのでウェブ集客で強みが出せる
  • 新規契約した式場から収益を獲得できる

が主なところでしょう。一方のデメリットは

  • 現地のマーケットについて詳しい人材が必要になる(でないとうまく営業できない)
  • 新規開拓時に式場数が少ないと集客につながりにくいので掲載式場が離れがち
  • その結果、集客力のない媒体としての噂が立ちやすい

等があります。エリア拡大はクライアントがあって初めて成り立つので「とりあえずやってみよう」「やっぱやめた」が簡単には通じないものです。

とはいえ、これまで大きなデメリットの1つだっと「初期投資コスト」はかなり抑えられるようになってきているので、このようなメリットとデメリットを理解して拡大していくのは攻めている証拠かなと思います。

 

「ハナユメ」が提供エリアを拡大のリリースについてまとめ

このリリースは正直想定外で驚きました。エイチームブライズも業績的にはかなり厳しいと思うので、ここで攻めの姿勢はすごいなと。もしかしたら前々から決まっていたのかも知れませんが…。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事