更新日 2020年09月14日

【プレスリリース考察】「HAKU wedding online」が、ARでゲストをおもてなしできるオリジナルフィルターの提供を開始

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、9/3に出た「オンライン結婚式プロデュースの「HAKU wedding online」が、ARでゲストをおもてなしできるオリジナルSnapchatフィルターの提供を開始!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社スペサン
配信日時 2020年9月3日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000019069.html
タイトル オンライン結婚式プロデュースの「HAKU wedding online」が、ARでゲストをおもてなしできるオリジナルSnapchatフィルターの提供を開始!

オンライン結婚式のプロデュースサービス「HAKU wedding online(https://weddingonline.haku-cb.com/l)」を運営する株式会社スペサンは、port W. LLCと共同で、スマートフォンアプリ「Snapchat」上で使用できるオリジナルARエフェクトを開発し、HAKU wedding online のお客様への提供を開始致しました。

なお、port W.は、米Snap Inc.の出資先 Wabisabi Design, Inc. のAPAC独占パートナーであり、Snapchatで表現できる最先端、かつ高性能なARエフェクトを柔軟に作成することが可能です。

  • HAKU wedding onlineとは

HAKU wedding onlineは、スペサンが2020年5月1日にリリースしたオンライン結婚式プロデュースサービスです。「#結婚式を諦めない」をキーワードに、様々な事情から結婚式の延期が難しい新郎新婦様が結婚式を諦めなくて済むよう、Zoomなどのビデオ通話システムを活用し、物理的に集まらなくても行えるオンライン完結型の結婚式をプロデュースしています。従来からHAKUが提供していたサービス内容をベースに、オンラインでも「あなたの大切な人たちに 心から喜んでもらえる結婚式」を提供しており、新型コロナウィルスの状況下でも安全に結婚式を挙げられる方法を検討されているお客様から、多くのお問合せを頂いております。

  • ARエフェクト開発の背景

HAKU wedding onlineは、オンラインで結婚式をプロデュースするサービスですが、これまで多くのオリジナルウェディングをプロデュースしてきた強みを活かし、オフラインのツールを用いた演出を取り入れていることが特徴です。「ウェディングキット」と呼ばれる箱の中に、新郎新婦様のプロフィールブックや乾杯用のドリンク、ゲスト一人一人へ宛てた手紙などを入れ、事前にゲストの手元にお送りします。

こういった、新郎新婦様からゲストの皆様へ、離れていても想いを届けられる様々なツールや演出方法を検討する中で、ただ物理的なアイテムが届くだけでなく、そこにARエフェクトを組み合わせることで、より自由度が高く、さらにゲストに驚きや喜びを与える演出が提供できると考えました。そして、その想いに共感して頂いた port W. の皆様の協力を頂きながら今回の開発に着手しました。

  • ARエフェクトの概要

今回開発したARエフェクトは米Snap Inc.が開発・提供するアプリ「Snapchat」上で使用できるものになります。送付されたウェディングキットの表面に印刷されたARマーカーを、Snapchatを起動したスマートフォンのカメラで読み込むことによって、ARエフェクトが出現します。

ゲストは、自身のスマートフォンにアプリをインストールするだけで簡単にエフェクトを楽しむことができ、エフェクトが出現した状態の写真を撮影することで、SNSなどにも投稿できます。結婚式当日までの期間や、当日のパーティー中など、ゲストがSNSに写真をアップすることで、新郎新婦のおふたりへの祝福の気持ちを届けることができます。

新郎新婦のおふたりにとっても、オンラインでの結婚式という新しいスタイルを、ゲストのSNS投稿を通じて多くの知人・友人に知らせることができ、それをきっかけにして懐かしい友人と連絡を取り合うなど、改めて周囲との絆を深めることに繋がると考えています。

1. カウントダウン
ARマーカーを読み込むと、画面上にパーティー当日までのカウントダウンが表示されます。ウェディングキットを受け取った瞬間から当日までの期間を、ワクワクしながら過ごして頂ける演出です。当日までキットを開けずに待っていて欲しい場合などはその旨を記載して、開封までのカウントダウンとして使うことも可能です。

2. ウェルカムメッセージ
カウントダウンが残り10秒を迎えた時点から、マーカーの周囲に新郎新婦のおふたりからのメッセージが1つずつ出現します。メッセージの内容は自由に変更することができ、最大9種類まで出現させることが可能です。

​3. オープニングメッセージ
カウントダウン終了後、新たなメッセージが出現します。パーティー開始時刻に合わせてカウントダウンを設定していた場合は、このメッセージの出現と合わせてオンライン上で司会がパーティーをスタートするといった演出が可能です。

今後も、お客様のご要望を踏まえながら、より想いが伝わる、よりゲストに喜んでもらえるエフェクトを継続的に開発していく予定です。

  • 今後の展望

HAKUでは、コロナ禍でも安全に想いを伝えることができる結婚式のプロデュースを、オンライン・オフラインともに行って参ります。オンラインかオフラインの二者択一というわけではなく、両者を掛け合わせたハイブリッド型のウェディングなどを希望されるお客様も増えており、お客様の想いに寄り添えるオーダーメイド型の結婚式は今後ますます重要になると考えています。

そうした状況において、HAKUがこれまでに培ってきた様々な場所で自由な演出を実現するプロデュース力は、大きな強みになると感じており、実施の方法を限定せず、お客様のご要望と安全性を両立させられる結婚式のプロデュースを引き続き行えるよう、邁進していきます。

今回のARエフェクト開発のような、新郎新婦様からゲストの皆様への想いがより届きやすく、感動や喜びを分かち合えるサービスの開発には引き続き注力し、新しいチャレンジを続けて参ります。

■お問合せ先
本サービスについての取材やお問い合わせは、以下よりご連絡ください。
お問い合わせを頂きましたら、順次弊社担当よりお返事致します。

TEL:(原則リモートワーク中に付き、お電話での問合せをご遠慮頂いております)
MAIL:contact@sp-thanks.com
PR担当宛て

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

「HAKU wedding online」のオリジナルフィルター提供開始のリリースについて考察

と、上記のような機能提供を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

新機能の概要と目的

リリースの中で機能について触れられていますし、PRtimesの記事内には実際のARの動画もあるので気になる方はリンクからそちらをご覧ください。

目的はオンラインウェディングのコンテンツ拡充、というか商品開発の一環としてというのが背景だと思います。もともとHAKUはオンラインウェディングの商品開発にいち早く取り組んでいましたし、このカテゴリの商品の可能性に勝負をかけているのかなという印象はありました。

まだマーケットも未成熟でプレーヤーも揃っていない状態なので、まずはそこでの第一走者になり、さらにもし今後オンラインウェディング市場が伸びれば期待も大きい、という背景からかなと思います。

ブライダル×テクノロジーの今後

オンラインウェディングという商品そのものもそうですし、ARのような機能もそうなんですが、今後ブライダル企業でも技術的な要素を取り入れていく企業は増えると思います。

これまではハードのデザインや見栄えのするアイテムなどリアルな領域での商品開発や研究がメインで行われてきましたが、同時配信など幅広い意味でのオンライン化の流れが加速していくと予想される今後はテクノロジーも取り込んでいくことが必要になるでしょう。

最初はすべてのブライダル企業が取り組むというよりは、一部企業からという感じで始まっていくと思い、製品化、市場認知が取れてきたら次の大手プレーヤーも投資を開始する、というように進んでいくのではと考えています。

社風や企業のバックグラウンドなども大きく関わるので、個人的にはアカツキとか力入れるのかなぁとは思っていましたが…、まぁこの辺りはよくわからないですね。

 

「HAKU wedding online」のオリジナルフィルター提供開始のリリースについてまとめ

オンラインウェディングも半年前に比べると少しリリースなども落ち着いてきた感じがします。1つのウェディングカテゴリとして浸透するか、一時のブームとして終わるのかはこれからだと思うので、またこういったリリース出ればチェックしていこうと思います。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事