【プレスリリース考察】エスクリ1号店の直営結婚式場『ア・ラ・モードパレ&ザ・リゾート』に新会場オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】エスクリがアラモードパレに新会場オープン_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、12/2に出た「エスクリ1号店の直営結婚式場『ア・ラ・モードパレ&ザ・リゾート』に新会場オープン」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。


プレスリリースの概要

発信者 株式会社エスクリ
配信日時 2019年12月2日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000025398.html
タイトル エスクリ1号店の直営結婚式場『ア・ラ・モードパレ&ザ・リゾート』に新会場オープン

挙式・披露宴の企画・運営を主たる事業として展開する株式会社エスクリ(本社:東京都港区、代表取締役長:渋谷守浩、東証一部:証券コード 2196 以下、エスクリ)は、『A LA MODE PALAIS & THE RESORT(ア・ラ・モードパレ&ザ・リゾート)』に新たな会場「LA MAISON DE ANGES(ラ・メゾン・デ・アンジュ)」をオープンいたします。

ア・ラ・モードパレ&ザ・リゾートは、大阪・新神戸から約30分の好立地・好アクセスの六甲アイランドエリアに、2005年3月エスクリ初となる直営結婚式場としてオープンしました。スケール感あふれる白亜の大聖堂の他、2017年夏に誕生した森のチャペルやガーデンチャペルなど、好みに合わせてお選びいただける3つのチャペルに、ガーデン併設の豪華邸宅を2棟備えており、非日常的な空間でのプライベート感にこだわった貸切ウエディング、ガーデンパーティーがご好評をいただいています。

この度、昨今ますますニーズの高まる、少人数制や親族のみでのウエディングニーズに応えるべく、予備の待ち合わせロビーとしていた稼働率の低かった待合スペースを全面リニューアル、30名様まで収容可能なパーティ会場「LA MAISON DE ANGES(ラ・メゾン・デ・アンジュ)」としてオープンをし、今春よりご案内をスタートいたします。

ウエディング会場としてはもちろん、平日は少人数様での貸切パーティの利用も見込んでおります。また、指定時間より早く来館されたゲストのための待合ロビーとしては、施設内の余剰スペースにエスクリのグループ会社、株式会社渋谷の取り扱うオーダーメイドの建築用コンテナ「コンテナバンク®」を設置し、古材やマテリアルなど渋谷社の特色を存分に生かしたオリジナルのアレンジを施し、斬新かつ快適な空間を創りました。

年間約8,000組の結婚式を手掛けているエスクリは、多様化する結婚式のニーズやモチベーションに応えるとともに、市場の活性化に取り組んでまいります。

■A LA MODE PALAIS & THE RESORT(ア・ラ・モードパレ&ザ・リゾート)公式URL
https://alamode-palais.jp/

—ここまでリリースから抜粋—

サービス内容、会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

エスクリの新会場オープンのリリースについて考察

と、上記のように新しい会場をオープンします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

新会場オープンの概要と狙い

リリースには新会場オープンとありますが、実際はバンケットの新設ではなくロビーのリニューアルですね。なので、そこまで大規模にコストをかけているわけではなさそうです。

バンケットを新オープンする場合、一般的には以下の目的が考えられます。

  • 施行枠の稼働率が高いため、新しくバンケットを作ることで受け皿を増やし成約数を伸ばす
  • これまでのバンケットとは異なるコンセプトやデザインのバンケットを追加して集客力・成約率を向上させる

今回の狙いは「少人数制や親族のみでのウェディングニーズに応えるべく」とあるので、後者だと思います。

新会場オープンの期待効果は?

今回の新会場オープンが目的を達成すると仮定すると

  • これまでのバンケットでは広すぎる(またはデザイン等が気に入らない)という理由で未決に終わっていた少人数婚希望のカップルが、新しいバンケットがあることで成約できるようになるため成約率が向上した
  • これまでは自分たちの希望のパーティスタイルと会場が合わない

ということが起こるはずです。おそらくこの意思決定前に、上記の裏返しの課題を会場として感じていたまたは定量的なデータとしてあった、ということでしょう。

増えているとはいえ30名未満を検討しているのは多くて全体の20%程度です。月間の来館数を60組と仮定すると30名未満は約12組、通常の成約率を40%でまぁだいたい5組くらいの成約ですよね。これがバンケ追加で10%向上すると1組/月、単価200万円くらいだと年間2,500万円くらいの売上向上、利益ベースだと1,000万くらいでしょうか。

新会場の投資がいくらかは分からないですが、ざっとこんな回収計画で成り立つと踏んだから意思決定したのかなと思います。

 

エスクリの新会場オープンのリリースについてまとめ

ちょっと特殊な新会場オープンのリリースだったので紹介してみました。これから新会場をがっつり建設というのは減っていくとは思いますが、M&Aやリニューアルなどは増えていくんじゃないかなと思います。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」配信中!

メールマガジン「ブライダル業界の”裏”知恵袋」では、毎回1つのテーマやトピックについてブログでは書けない内容をより深く・本音でお送りしています。

メルマガの講読は完全無料で、毎週配信しております。

  • 新しい角度からブライダル業界について見てみたい
  • ブライダル業界について深く学びたい
  • アナロジーにについて知りたい

などの方は、ぜひご購読ください。

 


無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*