更新日 2020年05月02日

【プレスリリース考察】drerichが”おうち”で本格的にオシャレな前撮りができる『宅婚式BOX』をリリース

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、4/27に出た「”おうち”で本格的にオシャレな前撮りができる『宅婚式BOX』が誕生!全国へ発送開始。 ♯ENJOYHOME」について、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社drerich
配信日時 2020年4月27日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000052893.html
タイトル ”おうち”で本格的にオシャレな前撮りができる『宅婚式BOX』が誕生!全国へ発送開始。 ♯ENJOYHOME

レンタルドレス&コーディネートサロンを運営する株式会社drerichは、自宅でのウエディングフォトを実現するアイテムすべてがセットになった「宅婚式BOX」を2020年4月27日にリリースしました。
『drerich』は、これまで東京の青山本店をはじめ、表参道店・大宮店・横浜店・名古屋店・大阪店・福岡店と全国に展開してきました。
「宅婚式BOX」は、新型コロナウィルス感染症拡大防止による「STAY HOME」期間だからこそ自宅で安心して楽しめるウエディングフォトのまったく新しい形です。(http://www.drerich.jp/
プロポーズ後の婚約記念や結婚式をあげる予定がないカップル、フォトウェディングをしようと思っているカップル、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う外出自粛要請を受け、ご結婚式やフォトウェディングなど特別な1日を諦めざるを得ない新郎新婦、自分にぴったりのウェディングドレスを納得がいくまで選びたいプレ花嫁など、どなたでも気軽な価格で、安全安心にご自宅でご利用頂けるサービスです。
ウェディングドレス小物セット・タキシード小物セット・撮影用背景布・ブーケ・スマホ用三脚・ライトがセット内容です。他撮影小物はセットに含まれません。
今回、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う外出自粛要請を受け、結婚式やフォトウェディングなど特別な1日を諦めざるを得ない新郎新婦が増加しております。そんな悲しい思いをする新郎新婦さまが、少しでも明るい気持ちになっていただけるように、ご自宅で楽しみながらも安全にウェディングフォトを撮影して、大切な人たちに向け、結婚の報告ができるものです。
憧れのドレスやタキシードを着て、
いつもとは違う家の中でセルフで前撮りをし、
大切なひとたちへ華やかな写真とともに感謝をお伝えしましょう。
そして季節が訪れたら、素敵なウエディングパーティーを迎えましょう。
宅婚式BOXの魅力1
≪プロポーズの直後に電話一本で実現できる手軽さ≫
気持ちの高鳴りがおさまらないうちに、ご自宅にウエディングドレスが届く喜びは、何物にも代えがたいでしょう。
ドレリッチに揃う国内のみならず海外ブランドのウェディングドレス・カラードレスやタキシードの中からオンライン電話で、プロスタイリストがアドバイスしてお二人の全身をコーディネート!あなたの美しさを最大限に引き出します。
ウェディングドレス小物セット・タキシード小物セット・撮影用背景布・ブーケ・スマホ用三脚・スマホ用ライトがセット内容です。
宅婚式の魅力2
≪衛生面への配慮≫
ご自宅から1歩も出ることなく全ての工程が完了するのも、STAY HOME期間において大きな安心材料になるはずです。
衣装や小物、撮影機材セットは、ご自宅まで郵送にてお届けさせていただきます。衣装の受け取り日の翌々日の午前中までに同封の返送用伝票を貼ってご返送ください。サイズが合わない場合のために、新郎新婦様の衣装は、各2着ずつをお送りします。
※サイズが合わない場合の衣装変更は別途郵送料として片道3,000円を頂戴致します。
【セット内容】
・ドレスセットウェディングドレス2着
パンプス・イヤリング・ヘッドアクセ
・タキシードセット
ジャケット・パンツ・ベスト 各2着
シャツ・シューズ・タイ
・ブーケ
・撮影用背景布
・撮影用背景布固定テープ・スマホ撮影用ライト
・スマホ用三脚
・Bluetoothのシャッターボタン
・返送用伝票
【価格】
・ベーシックプラン(国内・海外インポートドレスなど) ¥19,800
・プレミアムプラン(ヴェラウォン・プロのビアスなどの有名ブランドなど) ¥49,800
(価格は税抜・別途送料¥6,000)
プランは選んだドレスによって決定します。
【宅婚式の流れ】
①メールもしくはお電話でDrerichまでお問い合わせ
②お電話にてお打ち合わせ ≪ビデオ通話にも対応≫
15分から20分程度、専属のドレススタイリストとお打ち合わせをしていただきます。
国内、海外からオーナースタイリストが買い付けた500点以上の衣装や小物から、ドレスやタキシードのサイズやお好みのテイスト、ご希望のイメージ等をスタイリストにお伝えいただき、ご衣裳や小物、壁紙、ブーケ等をチョイスしていただきます。
③事前にお支払い
お振込みにてご入金をお願いしております。
④アイテムのお届け
箱を開けた瞬間から宅婚式のスタートです。
お二人で、心ゆくまで素敵な作品をクリエイトしていただきます。
セルフでかわいいヘアセットの方法などもスタイリストよりご提案いたします。
⑤大切なひとたちへのご報告
お写真を撮り終わったら、婚約のお知らせをしましょう。
プロポーズからタイムラグなく、素敵なお写真とともに婚約のお知らせができるのは宅婚式ならではです。
⑥アイテムのご返却
お届けの際の箱にすべてのアイテムをパッキングしたら、同封された伝票を荷物に貼り、集荷の依頼のお電話をかけていただきます。
ご使用後のクリーニングはもちろん、伝票はご用意頂く必要はありません。
STAY HOME期間であっても、二人の永遠の愛を写真に残す喜びや、結婚のご報告は自粛すべきではありません。
ウエディングはおうちの中であっても十二分に楽しむことができます。#enjoyhome#おうち時間#stayhome
これまで徹底的に低価格にこだわり、すべての花嫁にもっと手軽にオシャレやウエディングを楽しんでほしいと願い続けてきたDrerichから生まれた、この“0次会”が多くのときめきに繋がることを願っています。
ウェディングドレス小物セット・タキシード小物セット・撮影用背景布・ブーケがセット内容です。
■drerich
公式URL
http://www.drerich.jp/
■drerich collection 表参道
公式URL
http://www.drerich.jp/salon/omotesando/ 
■『drerich』とは?
*『drerich』(ドレリッチ)は、結婚式、2次会ゲスト用のドレス、パーティードレス、ゲストスーツ、ウェディング ドレス、タキシード、キッズドレス、キッズタキシードのレンタルサービスに加え、ヘアメイク、ネイルまで全身トータルでプロのスタイリストがコーディネートするサロンで、レンタルサービス以外にもマタニティフォト、ウェディング フォトサービスにも力をいれており、日本国内で実店舗を青山・表参道・横浜・大宮・名古屋・大阪にて展開。
■「宅婚式BOX」サービス取り扱い店舗一覧
青山本店:http://www.drerich.jp/spshop-aoyama/ 
drerich collection 表参道店:http://www.drerich.jp/salon/omotesando/ 
横浜店:http://www.drerich.jp/spshop-yokohama/ 
大宮店:http://www.drerich.jp/spshop-oomiya/ 
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

drerichの『宅婚式BOX』リリースについて考察

と、上記のようなサービスを開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

宅婚式BOXのサービス概要の目的

とても丁寧に詳しく書いてあるのでリリースの内容を見てもらえれば概要は分かりますが、簡単にまとめると

  • 家にフォトウェディングセット一式が届いて好きに写真が撮れるサービス

だと言えます。家から出なくてよく、他人との接触もなく、価格も安く、でもウェディングドレス姿の写真が撮れる、というのがこれまでにはなかった特徴だと思います。もともと衣裳を営んでいる企業の新規事業なので、配送さえ構築できれば既にある商品を活用することでスタートできるのも立上げの背景にはあるのかなと思います。

宅婚式BOXの今後の展開と衣装店のサービス展開について

このサービスが今のコロナウイルスの外出自粛背景からの短期的なサービスとして考えているのか、ニーズがあれば将来的にs-アビスラインナップの1つとして継続していくことを前提としているのかはわからないですが、もし事業として伸ばすなら

  • 売上=申込数×単価

で、単価を上げるより申込数を増やしていくことが必要になるでしょう。初期はほぼサイト経由での申し込みになるのでウェブマーケを駆使してCVを獲得していくことを目指しますと思いますが、よく考えると仮に結婚式が再開しても競合関係にはならないんじゃないかと思います。特にすでに提携している取引先であれば前撮りと同じような位置づけで提案することも可能ですよね。
結婚式の実施組数は年々減っていますが、「ウェディングドレス」というコンテンツの強さが下がっているとはあまり思わないので、今回のようなサービスが生まれて収益源が1つでも増えると経営的にも助かる企業は多いのではないかと思います。
 

drerichの『宅婚式BOX』リリースについてまとめ

キャッチーなタイトルでどんなサービスかなと思ってみた見たのですが、発想としてなかったなぁというサービスだったので取り上げてみました。1つ気になるのは「ドレスやタキシードって素人がスタイリストなしでちゃんと着られるのか?」という点ですが、そこは動画とかマニュアルとかを充実させることで解決していくのかなぁ?いずれにせよ、既にあるリソースを活用して別のマネタイズ方法を確立する、というのは今後のブライダル企業にとって重要な視点だと思うので、こういう事例が増えてくるといいなと思います。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事