更新日 2020年02月29日

【プレスリリース考察】CRAZY WEDDINGと星野リゾートが結婚式に代わる新サービスを開始

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、2/20に出た「「ドレスなし」「ゲストなし」「打合せなし」「ナシ婚」を選択する方に向け、結婚式に代わる新サービス開始」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社CRAZY
配信日時 2020年2月20日 15時21分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000030858.html
タイトル 「ドレスなし」「ゲストなし」「打合せなし」「ナシ婚」を選択する方に向け、結婚式に代わる新サービス開始

星野リゾートとCRAZY WEDDINGは、再婚層をはじめとする「ナシ婚層」と言われる従来の結婚式を行わない層に向け、結婚式には欠かせない「ドレス」「ゲスト」「打ち合せ」を全て不要とした新しいサービス「IWAI 旅」の提供を2020年4月1日(水)よりスタート致します。
「IWAI 旅」は従来の結婚式において、費用と手間がかかると言われている「ウエディングドレスの用意」「ゲストのご招待」「数回にわたる打ち合わせ」の三要素を全て省きました。3時間の挙式披露宴とは異なり、2泊3日のプログラムを通して、お互いの想いを知り、想いを伝え合うことができます。
<背景>
「IWAI旅」を両社が共同企画した背景には、1990年頃には全体の約18%ほどであった再婚入籍者が、2015年には約3割まで増加し、その中でも結婚式をやらない選択をする「ナシ婚層」が7割を超えているという現状があります。(*星野リゾート調査)再婚層が結婚式をあげない主な理由は「準備が面倒」「招待客を考えると人間関係が面倒」「集まってもらうのは申し訳ない」「恥ずかしい、目立ちたくない」「なんとなくやるべきではない」「必要性を感じない」など。そこに両社は着目し、今まで結婚式を諦めることで「新しい家族の門出を祝う機会」や「両家がひとつになるきっかけ」を断念してきた「ナシ婚層」に向け、本サービスを提供することにいたしました。
「IWAI 旅」特徴
・本当に大切なものだけ
参加するのは大切なご家族だけ。チャペル使用料、ドレス、装花、テーブルコーディネート、プロカメラマン撮影、写真、引き出物の用意はいりません。
・3時間の結婚式ではなく2泊3日の家族の時間
たった3時間の挙式+披露宴に費用をかけるのではなく、2泊3日かけてゆっくりと両家の親睦を深めることに費用をかけてみてはいかがでしょうか。IWAI旅の基本料金には滞在中の食事やおすすめのプログラムが全て含まれています。
・事前打ち合せなし、準備なし
WEBにてお申込み可能ですので、打ち合わせは不要です。事前準備は新郎新婦それぞれの写真アルバムをご用意いただくだけ。ご友人との旅行を楽しみに待つように、旅までの期間を過ごすことができます。
・竹富島という環境
竹富島には、昔から変わらない大自然や街並みや島の人たちが助け合い、家族のように生きる「家族の原風景」が残っています。原風景が残る竹富島に身をおくからこそ、ゆっくり自分の想いを知り、想いを伝えることができます。
滞在スケジュール例
<1日目>
15:00 チェックイン、プランナーからのご挨拶
15:30 思い思いの場所で家族を想う時間 ——「IWAI プログラム」
18:00 両家でご夕食
<2日目>
7:00 お部屋にてご朝食
10:00 それぞれのご家族で誓いの前のひと時 ——「IWAI プログラム」
10:30 ご両家が集まって はなむけの時・誓いの時 ——「IWAI プログラム」
11:30 ご昼食(祝膳)——「IWAI プログラム」
12:30 フリータイム(水牛ツアーなど)
19:00 両家でご夕食(BBQ)
<3日目>
7:00 ダイニングにてご朝食
9:00 フリータイム
12:00 チェックアウト
「IWAI TABI」概要
期間:2020年4月1日~受入れ開始
料金:1組620,000円(税・サービス料別)*6名様の場合
予約:ホームページにて21日前までに予約(ウエディングサロンでのご相談やお電話での申込も可能)
場所:星のや竹富島
含まれるもの:準備キット、IWAIプログラム、2泊3日滞在中の食事(夕食2回 昼食1回 朝食2回)
対象:宿泊者限定
備考:宿泊費、航空費は別途必要となります(例:お1人様 宿泊費6万円、航空費4万円)
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

CRAZY WEDDINGと星野リゾートが結婚式に代わる新サービスを開始のリリースについて考察

と、上記のような新サービスを開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

なし婚層向けのサービス開発

サービスの概要はリリース内で詳しく説明されているので、そちらをご覧ください。
今回の新サービスは明確に「結婚式を行わない層」をターゲットにしています。これまでCRAZY以外にも多くの企業がなし婚層向けの商品開発をしてきていますが、IWAI旅のようなコンセプト・スキームのサービスは初めてなんじゃないかなと思います。
顧客側の価値観の多様化、情報へのアクセスがいつでもどこでも誰でもが可能になりチャネルも多様化、などマーケットの背景から「何がなし婚層に刺さるのか?」の予測が難しい中、こういったサービスがどんどん生まれてくるのは業界にとってもいいことだと思います。

サービス内容について考えてみる

で、IWAI旅はどんななし婚層に支持されそうか、についても考えてみます。ちなみに私が得ている情報はこのリリースのみなので、実際とは異なる可能性もあります(もし相違あればご指摘ください)。

IWAIの介在価値

IWAIプログラムに含まれるもの、申込後に届くIWAIキットにて簡単な案内あり、とはあるものの、公式ホームページを見てもこれ以上の情報はありませんでした。なので、詳細はちょっとわからないのですが、家族で過ごす時間や誓いの時など「IWAIがいないと作れないであろう両家の時間を過ごせること」これがこの商品の付加価値なのかなと思います。

価格

リリースにもあるように宿泊費と航空費は別途かかるので、プログラム+食事で62万円(6名)、総額だと120万円強、といったところでしょう。現地でのオプションアクティビティなどをするともう少し行きそうです。国内結婚式の平均単価360万円と比較すると安いですが、フォトウェディングや少人数格安婚と比べると高い、というレンジです。なので、なし婚の理由はいくつかありますが、先ほどの価格を考えると「予算の都合でなし婚」という層は対象外になると思います。

ターゲットは誰?

「お金はあるけど今のスタイルの結婚式だったらやる意味ないよね、という考えでなし婚」がメインで、あとは人前で目立つの苦手、とかゲストにご祝儀払ってもらって幸せな自分たち見せつけるのもなんかちょっと違うな、とか。リリース内にもあるように再婚入籍者は特にこのように考える方が多いので、そこを狙ってのサービスですよね。

リリース後の展開

サービス認知→WEBサイト来訪→予約完了→実行→売上、となるので、ビジネス的に見ると認知獲得と予約完了率をどこまで高められるか、が事業成長のキーになるはずです。ただ、そんな爆発的な成長とかはあんまり見込んでないんじゃないかなー。年間1000組受注するぞ!みたいなテンションではない気がします(超個人的な意見で何の根拠もないですけどね)。
星野リゾートとタッグを組めたこと、これまでのノウハウや経験値を活かした新しい切り口でのユーザーへの付加価値提供の第一歩(IWAI出店を考えると第二歩)、などが社内の事業創造価値なのかな。
 

CRAZY WEDDINGと星野リゾートが結婚式に代わる新サービスを開始のリリースについてまとめ

あと、なんでIWAI旅なんだろう、CRAZY旅じゃないんだろう、とは最初に思いました(たぶん私が2つのコンセプトの違いを理解していないだけだとは思うんですが…)。それと、星野リゾートがなぜCRAZYと組んだのかな?とも。やろうと思えば施設を持っている星野は自分たちでも商品開発はできるはずなので。
提供開始は2020/4/1からということで、まだこれくらいしかわからないですが、「なし婚」がキーワードになって久しいブライダル業界において、新しい切り口が出てくることは既存式場にとっても歓迎だと思うので、またこういったサービスが各社から出てきたらこのブログでも紹介しようと思います。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事