更新日 2021年02月07日

【プレスリリース考察】コーディがカリスマヘアメイクが手掛けるフォトプランを発売

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、1/28に出た「インスタでカリスマ的人気のヘアメイクが手掛ける「自分史上最高に美しい瞬間」を残すフォトウェディング
撮影プランはCORDYコンシェルジュがコーディネート」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社ハイパードライブ
配信日時 2021年1月28日 16時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000043818.html
タイトル インスタでカリスマ的人気のヘアメイクが手掛ける「自分史上最高に美しい瞬間」を残すフォトウェディング
撮影プランはCORDYコンシェルジュがコーディネート

コロナ収束の見通しが立たない中、結婚を決めた多くのカップルが、やむなく結婚式の延期や中止を迫られています。ウェディングのほぼ全てが揃う結婚準備サイト「CORDY(コーディ)https://cordy.jp/」では、こうしたカップルの皆さまへ向けて、2月1日より花嫁美容にこだわったフォトプランを発売します。

■ 「自分史上最高に美しくなりたい」願望を叶える

2月1日、ウェディングのほぼ全てが揃う結婚準備サイト「CORDY(コーディ)」では、インスタグラムやテレビ・雑誌でも注目を浴びるカリスマヘアメイクが花嫁美容を手掛けるフォトプランを発売し、「自分史上最高に美しくなりたい」という花嫁さまの願いにお応えします。

コロナ禍で多くのカップルが結婚式の延期や中止の判断を迫られる中、それでも結婚式を諦められない、家族にも晴れ姿を見てほしいといった方は少なくありません。本プランは、花嫁美容に注力するだけでなく、ウェディングチャペルを舞台に、挙式さながらの体験ができます。ご家族と一緒に挙式気分を味わいながら撮影していただくことで、こうしたカップルの皆さまに結婚の幸せな気持ちを取り戻していただきたいと考えています。

基本プランに含まれるものは以下の通り。

<基本プラン>
・ウェディングドレス、タキシード 1点ずつ
・ヘアメイク
・アクセサリー 1点
・ブーケ(アーティフィシャルフラワー)
・撮影データ100カット
・ ポストカードブック(期間限定:CORDY特典ノベルティ)
※この他、和装やお色直し、撮影時間延長、アルバムなどはオプションで承ります。

本フォトプランのポイントは以下の大きく3つです。

1.メディアにも引っ張りだこのカリスマヘアメイク

ヘアメイクを手掛けるのは、花嫁世代の女性から絶大な信頼と人気を集めるCEU、Serenoの2社。CEUはインスタグラムのフォロワーが10万以上に上り、Serenoも多くのウェディング雑誌などで取り上げられています。
女性なら誰しも「結婚式は自分史上最高に美しくありたい」と願うものではないでしょうか。本プランでは、こうした質の高いヘアメイクを基本料金内で提供いたします。

2.挙式の定番シーンを撮影できる

父にエスコートされながらバージンロードを歩く、誓いの言葉、指輪の交換、ウェディングキスなど。実際に結婚式も行われるウェディングチャペルで、挙式の定番シーンを体験していただきながら、撮影を進めていきます。撮影時間は約1時間。一般的な挙式時間は15~20分なので、本番以上にゆっくり、じっくり1カットずつにこだわりながら撮影できるのも魅力の1つです。

大まかな撮影スケジュールは、ウェディングプランナー経験のあるCORDYコンシェルジュが、お客様の結婚式のイメージなどをヒアリングした上で提案いたします。

当日の撮影を手掛けるのは、昨年、創業25周年を迎えたラヴィ・ファクトリー(本社:兵庫県神戸市)。年間4万件に上る、結婚写真の実績は業界No.1(2020年度)、日本全国にスタジオを展開する他、ハワイ・グアム・パリ・イタリアなど海外にも拠点を置く大手です。撮影当日は、結婚式の記録写真のノウハウを活かし、新郎新婦と家族の笑顔や涙など、一瞬の表情を逃さず押さえ、単に美しいだけではない、ライブ感あふれる写真を残します。

<撮影スケジュールの事例>

12:00 ベールダウン(母親から娘へ花嫁支度の仕上げ)
12:10    新婦入場(父にエスコートされながら)
12:20 指輪交換
12:30 ベールアップ/誓いのキス
12:40 結婚誓約書にサイン(婚姻届の証人欄などにサインをもらうこともできる)
12:45 ご家族と親族集合写真

3.約50万円相当のパッケージプランが19万8000円

先に紹介した人気のヘアメイク2社に加え、撮影を手掛けるラヴィ・ファクトリーもブライダルのプロが認める実力派。衣裳やアクセサリー、ブーケなどを組み合わせると、通常は50万円相当に上るプランを、平日限定19万8000円で提供いたします。

前撮り・後撮りなど「別撮り」にかける費用のボリュームゾーンは5万~10万円。(ゼクシィ 結婚トレンド調査2020 調べ)19万8000円は少し高めの設定ですが、追加料金なしでクオリティの高いアイテムやサービスをご提供します。

結婚式に必要なあらゆるアイテムを取り揃えるショッピングサイト「CORDY」は、ニーズの多様化が進む中、その全てに対応すべく商品ラインナップの充実を図っています。今回のフォトウェディングプランに限らず、結婚・結婚式に必要なアイテムやサービスのラインナップ拡充を図り、結婚式を検討される全てのお客様にご利用いただけるサイトを目指します。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

コーディがカリスマヘアメイクが手掛けるフォトプランを発売のリリースについて考察

と、上記のような新プランを発売します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

フォトプランの概要と目的

場所はどこで撮影するのか、フォトグラファーは誰が担当するのかなど細かい点は書かれておらず、またCORDYの本サイトを見てもこのリリースに関するページがなかったので詳しいことはわかりませんでした。挙式+フォトなのかなとは思います。あとはリリース内にあるようにカリスマヘアメイクの方が担当してくれることもメリットの1つです。

これまでCORDYはウェディングアイテムのECサイトとして運営されてきましたが、そこに実際の施行のプランを紐づけていくことでマネタイズの幅を広げていくことを目的としているのかなぁとは思いました。わかりませんが…。

ECサイトのこれからの戦略

ブライダル特化またはドレス特化、ペーパーアイテム特化のECサイトや、結婚式場運営企業が自社で取り扱う商品を販売するECサイトなど、かなり増えてきている印象です。

BASEやSTORES.jpなどの浸透によってECサイトを手軽に作れるようになったことや、昨年のコロナの影響で結婚式以外のマネタイズが必要になったことなどが背景と言えるでしょう。

ECサイトを作ること自体の工数が下がり、基本的なUI/UXで差が付きにくくなると、

  • 商品量と質
  • 紹介する商品に関する専門性
  • その商品を使う付帯する商品ラインナップの拡充
  • EC運営の基本的なウェブマーケティング力

この辺りが独自性を左右するポイントになってくると思います。それを踏まえると、CORDYは商品量がブライダルの中だと圧倒的ですし、その他のサイトは専門性の高さで勝負しているところも多いと言えます。

これから先はただサイトつくれば売れるというわけではないので、どの領域でどのような独自性を出し、どのように集客していくのか、この戦略をしっかり考えていくことが求められるようになるでしょう。

 

コーディがカリスマヘアメイクが手掛けるフォトプランを発売のリリースについてまとめ

一番の売りであるカリスマヘアメイクの部分にはほとんど触れない記事になってしまいましたが、ECサイトの次の展開ってやはり気になるなぁと思ったので取り上げてみました。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事