【プレスリリース考察】Web招待状サービス「Weddingday(ウェディングデイ)」の全サービスを完全無料化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】Web招待状サービス「Weddingday(ウェディングデイ)」の全サービスを完全無料化!_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、7/16に出た「累計利用者数450万人突破に伴い、全サービスを完全無料化!ゲストへのメールの一括送信&出欠データのダウンロードが無制限に」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社canonica
配信日時 2019年7月16日 17時19分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000034335.html
タイトル 累計利用者数450万人突破に伴い、全サービスを完全無料化!ゲストへのメールの一括送信&出欠データのダウンロードが無制限に

結婚式・1.5次会・2次会のWeb招待状サービス「Weddingday(ウェディングデイ)」を運営する株式会社canonica(カノニカ)は、Web招待状サービス「Weddingday(ウェディングデイ)」(https://weddingday.jp/)のフルブランドリニューアルを行い、2019年7月16日よりサービスを完全無料化し、さらに決済手数料軽減およびWeb招待状のデザインを一新いたしました。

Weddingday(ウェディングデイ)は、スマホだけで簡単にかわいくおしゃれなWeb招待状が作れるサービスです。2014年から他社に先駆けてWeb招待状サービスを展開し、ウェディングテックを推進してきました。今回のリニューアルに伴い、これまで有料で提供していた4つの機能を無料化いたします。

【こだわりのWeb招待状デザイン】

Web招待状のデザインテンプレート全18種類を、よりおしゃれでかわいいデザインにリニューアルしました。Feminine、Traditional、Naturalなどお好みのテーマからお選びいただけます。

【決済手数料を業界最安値の4%に】

ゲストが会費を事前にクレジットカードで支払える「事前クレカ払い」の決済手数料を5%から業界最安値の4%に変更しました。決済手数料を最大限抑えてユーザー様にご利用いただくことで、結婚式・1.5次会・2次会の事前クレカ払いの文化を普及してまいります。

—ここまでリリースから抜粋—

具体的なデザインイメージや会社概要など、詳しくはリリースをご覧ください。

 

Web招待状サービス「Weddingday(ウェディングデイ)」の完全無料化のリリースについて考察

と、上記のようにサービスを無料化します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

Web招待状について

以前、別のプレスリリース考察記事で書きましたが、ウェブ招待状は徐々にですが結婚式でも浸透してきています。

【プレスリリース考察】オリジナルライフが結婚式や二次会の「ウェブ招待状」の現状を調査

2014年から累計利用者数が450万人ということは、結婚式1回の利用が平均70名だとすると、約6.5万施行で利用されてきた。かつ毎年均等ということもないでしょうから、直近1年だと年間2万施行くらいで利用されているのかなと思います。年間結婚式のシェア5%くらいでしょうか。

ユーザーがこのサービスにたどり着く導線が、直接見つけるのか結婚式場のプランナーから紹介されるのかはわからないですが、これくらいのシェアがあると、けっこう浸透しているサービスと言えますし、WEB招待状はこれから伸びていくと思うので、そのトップシェアのポジションは持てるかなと思います。

Web招待状サービスからの拡張の可能性

ユーザー側からの利用料を取らないとなると(完全無料化なので)、このサービスでどうやって儲けているのかなと考えてしまいますね。

  • オプション機能を利用するときに有料にする
  • 結婚式場から手数料を取る

などがマネタイズの方法かな?とかいろいろ考えたのですが、

  • Weddingdayでユーザー情報を獲得し、別のサービス(会費の事前クレカ払いサービス)で稼ぐ、そのための集客装置として使う

これが正解な気がします(確証はないですが、出ている情報を集めるこれが有力)。正直なところ、Web招待状で稼ぐというのはけっこう難しいと思っていて、年間500万人が仮に利用したとして、1人当たり100円課金しても、5億円にしかなりません。狙うポジションにもよりますが魅力的…というにはちょっと難しいと思います。

  • ウェブ招待状に広告掲載場所を作り、広告出稿料金で稼ぐ
  • 登録された個人情報をDMPなどと連携して広告配信料金を稼ぐ

など、マネタイズの方法はなんらか考えられるのですが、どれもあまりしっくりこないので、どうしたものかと思ってしまいます。

 

Web招待状サービス「Weddingday(ウェディングデイ)」の完全無料化のリリースについてまとめ

これから間違いなく伸びていくであろうWeb招待状に関するリリースでした。Web招待状サービスの差別化は機能ベースだと結構難しいと思うので、参入障壁が低い反面、先行者有利も大きいと思います。Weddingdayは現時点のシェアではかなり大きい方だと思うので、ここから今後どのように事業を進めていくのか気になりますね。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界のお役立ち資料集 無料ダウンロード

ブライダル業界で働く方にとって役に立つ資料を公開しています。無料ダウンロードできます。

 ●ブライダル媒体からの集客攻略法

 ●SEO施策の概要とブライダル業界のメディア事例集

 ●ブライダルビジネスの業績管理の方法(勉強用資料)

 ●ブライダルビジネスの基礎(勉強用資料)

 ●ブライダルサービス全25種のビジネスモデル図解集

 ●結婚式場の予算フォーマット(エクセル)

など、今後も随時追加予定です。業界知識の習得や新規事業の企画などにぜひご活用ください。


ブライダル業界のお役立ち資料集を無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*