更新日 2020年06月23日

【プレスリリース考察】結婚式場18社らが発起人、「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」を策定

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/22に出た「結婚式場18社らが発起人、全国1,350会場が賛同を表明 ウエディング業界一丸でwithコロナ時代の祝福の場、実現を目指す「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」を策定」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
配信日時 2020年6月22日 13時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000313.000025184.html
タイトル 結婚式場18社らが発起人、全国1,350会場が賛同を表明 ウエディング業界一丸でwithコロナ時代の祝福の場、実現を目指す「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」を策定

発起人19社は、新しい生活様式の中で、共に人生の一歩を踏み出すおふたりが、少しでも早く、安心して、笑顔あふれる結婚式を実現するため、業界一丸となった取り組みを始動、その象徴として、独自ガイドライン「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」を策定し、全国の1,350式場が本宣言に賛同するに至りました。併せて、コンセプトムービー等の啓発活動にも取り組んでいくことをお知らせします。

1.安心して、笑顔あふれる結婚式を迎えていただくためにNEW NORMALな対応を積極的に行い、情報を発信します
2.大切な一日の延期・キャンセル対応について、事前に、丁寧にご説明します
3.準備のサポートにおいても、オンライン相談など安心できる距離感を保つ取り組みを実施します
4.式当日を安心して迎えていただくために、全スタッフの体調管理を行います
5.おふたりと、大切なゲストをお守りするために、施設・備品の衛生管理に取り組みます
6.「おめでとう」「ありがとう」を存分に伝えあっていただけるよう
館内移動・席次配置・その他プログラム提案を通じて、ソーシャルディスタンスの確保に取り組みます
7.さまざまな年代のゲストが集う特別な一日を、みなさまで心置きなく楽しんでいただくために列席者の方々へも感染拡大防止にご協力をお願いしてまいります

結婚式業はホテル、式場、ゲストハウス、レストランなど様々な業態で形成されています。その中で、新郎新婦と式場・スタッフが一体となり、新郎新婦のおふたりとゲストにとって最もふさわしい、祝福と笑顔が溢れる場を作り上げていくものです。そのためには、約10か月もの期間、おふたりの衣裳や会場装飾など、様々な形で多くのスタッフがお客様に寄り添っていくことになります。
今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響拡大に伴い、4、5月に結婚式を挙げられるご予定だったおふたりのうち、7割以上が日程延期の判断をされています。また、ゲストに対するアンケートでは、7割がオンライン等ではなくおふたりが当初予定していたスタイルでの結婚式への列席を希望されています。一方で、列席にあたり、事前案内などを通じた安全面の不安払しょくを望んでいる方が7割を占めることも分かりました。(※)

公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会(Bridal Institutional Association、以下BIA)および一般社団法人 全日本冠婚葬祭互助協会は5月14日、緊急事態措置の解除に伴う結婚式場の運営に際し「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」を策定、指針を示しました。

このBIAのガイドラインをふまえ、新しい生活様式・ニューノーマルな時代に安心・安全な結婚式を挙げる土台を築くための検討を開始。様々な立場の方が一同に会し、多くの方の人生に幸せな感情と共に刻まれる一日の維持、進化に向け、日々お客様を接遇する結婚式場が主体として宣誓する「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」(以下、本宣言)を策定、すでに6月18日時点で1,350の結婚式場が賛同を表明するに至りました。本宣言の発起人には株式会社リクルートマーケティングパートナーズも加わっており、またBIAも支援団体として支持しています。

今後、本宣言の共同発起人一同および賛同式場は、本宣言賛同への明示的な意思表示と具体策の推進、全国の式場における実現支援等に取り組んでまいります。
※「ゼクシィ編集部」調べ(対象:結婚式に招待されていたが、新型コロナウイルス感染症の影響拡大により結婚式が中止または延期となった20~59歳男女、期間:2020年5月27日、28日)

■2020年6月22日時点の本宣言賛同式場:1,350

賛同式場名については、以下のホームページまたは各式場ホームページにて、随時発表いたします。
https://zexy.net/xy/nnhw/pr/

■NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言  メッセージ
これまでとは違う環境のもとで
結婚式を検討すること 実施することに
心配や不安を抱いている方もいらっしゃることと思います
そんなおふたりが そして おふたりの大切なご家族やご友人が
少しでも安心して 最高に幸せな一日を迎えることができるように
ウエディングに携わる仲間と共に
日々知恵を絞り、経験を紡ぎ合わせ、協力しあいながら
この非常事態から解き放たれるその日まで
最大級の努力を重ねることを ここに宣言いたします

■発起人企業一覧 ※順不同
アイ・ケイ・ケイ株式会社(佐賀県伊万里市、代表取締役社長:村田 裕紀)
アニヴェルセル株式会社(東京都港区、代表取締役社長:松田 健一)
株式会社アルカンシエル(愛知県名古屋市、代表取締役社長:前田 昇作)
株式会社エスクリ(東京都港区、代表取締役社長:渋谷 守浩)
株式会社グッドラック・コーポレーション(東京都品川区、代表取締役:堀田 和宣)
株式会社ディアーズ・ブレイン(東京都港区、代表取締役社長:小岸 弘和)
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(東京都品川区、代表取締役社長:岩瀬 賢治)
株式会社ノバレーゼ(東京都中央区、代表取締役社長:荻野 洋基)
株式会社八芳園(東京都港区、代表取締役社長:長谷 晴義)
藤田観光株式会社(東京都文京区、代表取締役兼社長執行役員:伊勢 宜弘)
株式会社ブライダルプロデュース(神奈川県横浜市、代表取締役社長:今野 竜太)
株式会社ブラス(愛知県名古屋市、代表取締役社長:河合 達明)
株式会社Plan・Do・See(東京都千代田区、代表取締役:野田 豊加)
株式会社ベストブライダル(東京都渋谷区、代表取締役:塚田 正之)
株式会社ポジティブドリームパーソンズ(東京都渋谷区、代表取締役社長:杉元 崇将)
明治記念館(東京都港区)
株式会社目黒雅叙園(東京都目黒区、代表取締役社長:深澤 正生)
ワタベウェディング株式会社(京都府京都市、代表取締役 社長執行役員:花房 伸晃)
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(東京都品川区、代表取締役社長:柏村 美生)

■結婚式場各社の取り組み具体策(抜粋)
宣言1.安心して、笑顔あふれる結婚式を迎えていただくために
NEW NORMALな対応を積極的に行い、情報を発信します 

感染症対策に配慮しながら、ゲスト全員で一体感を生み出す演出や、距離を十分に確保するソーシャルディスタンス様式の会場レイアウトを会場ごとに数パターンご用意。「対面に配置しない」「メッセージが書けるアクリルパーテーションの設置」など、楽しみながら感染症対策にもなるレイアウトを、ご人数やご要望にあわせてご提案いたします。(株式会社ベストブライダル)

宣言2.大切な一日の延期・キャンセル対応について、事前に、丁寧にご説明します

全てのお客様に対し、婚礼申込前に必ず「挙式・披露パーティ規約」の確認を行います。規約には、婚礼のキャンセル・日程変更について明記しており、必ずご理解をいただいてからお申し込み手続きとなります。
また、災害などの異常現象発生時に関する規約やガイドラインを設け、適宜対応できるよう対策を講じてまいります。(株式会社アルカンシエル)

宣言3.準備のサポートにおいても、オンライン相談など安心できる距離感を保つ取り組みを実施します

お客様と従業員の安全を第一に考え、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、オンラインでの接客を承っております。専任のブライダルアドバイザーが挙式の空き状況やプランのお見積りなどをご案内し、お二人の理想の結婚式の準備をサポートいたします。(明治記念館)

宣言4.式当日を安心して迎えていただくために、全スタッフの体調管理を行います

施行に関わる全てのスタッフの検温を行います。
また、1時間に一度、手洗い・うがい・手指の消毒を行うことを徹底いたします。(株式会社Plan・Do・See)

宣言5.おふたりと、大切なゲストをお守りするために、施設・備品の衛生管理に取り組みます

・館内での接客の際のマスク着用、食材の取り扱い、
お客様へお料理を提供する際の手袋着用を徹底します。
・美容スタッフはお客様に触れる備品もアルコール洗浄を行うことを徹底します。
・マイク、ドアノブ、椅子、食器類など、館内でお客
様が触れる備品や会場からのお貸し出しする物のすべてを消毒することを徹底します。
・ピンマイクの使用や適切な距離を保つことで、飛沫感染
防止を行います。

(株式会社ポジティブドリームパーソンズ)

宣言6.「おめでとう」「ありがとう」を存分に伝えあっていただけるよう
館内移動・席次配置・その他プログラム提案を通して、ソーシャルディスタンスの確保に取り組みます

披露宴会場の最大収容人数を半数以下に、各卓最大 8名掛けだった座席は4名掛けを基本とするご案内。大人数の場合は、二部制ウエディングなど希望に沿ったご提案をします。(株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ)

リゾート挙式の様子をライブストリーミング配信、遠くにいる大切な方々にも参加してほしい、そんなおふたりの想いを形にした新プランを今夏から開始予定です。(ワタベウェディング株式会社)

宣言7.さまざまな年代のゲストが集う特別な一日を、みなさまで心置きなく楽しんでいただくために
列席者の方々へも感染拡大防止にご協力をお願いしてまいります

非接触体温計に関する体温チェックや体調管理に関するアンケート回答へのご協力を依頼するなど、コロナウイルス感染拡大予防と防止対策を強化しており、ご来館いただくお客様ならびにスタッフの健康と安全を考慮し衛生管理に努めております。(株式会社エスクリ)

■NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言のコンセプトムービー ~制作にあたって~
今、結婚式を挙げることに不安や心配を抱いているふたりの気持ち。ご家族・ご友人そして式場スタッフ等、ふたりを心から祝福したいと願う人々の想い。ふたりと、ふたりの幸せを願う多くの人々の想いに心を馳せながら、制作したコンセプトムービーです。今を乗り越えたからこそ、最高の一日になると信じて、新たな一歩を踏み出す、すべてのふたりに心からの祝福を。少しでもふたりの安心や励みにつながることを願っております。
コンセプトムービーは、こちらのページからご覧いただけます。是非ご覧ください。
https://zexy.net/xy/nnhw/pr/

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」のリリースについて考察

と、上記のような宣言を出します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

宣言内容と目的

宣言で書かれていることはこのリリースおよびリンク先のサイトで確認することができるのでそちらをご覧ください。内容としては具体的なことは特に書かれておらず個別会場ごとにこのポリシーにのっとって運営しますということでしょう。書いてあることも多く言われていることなので内容について特に触れることはありません。

この宣言を出すことでコロナ対応で業界全体に向けられた不信感に対して明確な姿勢を示し、ユーザーを戻し業界全体も変わっていくことが狙いかと。

この宣言から見る業界の動き

一方で注目したいのは、上場非上場含めて大手結婚式場運営企業が共同発起人となっていること、リクルートマーケティングパートナーズも入っていることはかなり歴史的なことなんじゃないかと思います。少なくともこの規模で業界内の企業が手を取り合っている取り組みを私は見たことないです。

これまではゼクシィの中でも掲載順位を競ったろ顧客を奪い合う中でしたし、マナーの悪い式場は新規営業で競合潰し(他の式場の悪口を言うこと)をしたりと企業間の仲が悪い業界でした。

今回の宣言が各社でどの程度スタッフレベルで浸透しているかは定かではないですが(もちろん各社ごとに思惑はありそうです…)、少なくともこういった業界としての宣言を大きく出したのでこの機会に少しずつでも変わっていくとよいなと思います。

 

「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」リリースについてまとめ

久しぶりに驚いたリリースでした。繰り返しですがこの機会に業界が変わっていくといいなと思います。

 

おわり

 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事