【プレスリリース考察】ブラスが2020年春オープン予定の結婚式場「アトールテラス鴨川」、2019年8月31日より開業準備室スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】ブラスが京都鴨川に「アトールテラス鴨川」を2020年春オープン_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、8/22に出た「京都初出店!2020年春オープンの結婚式場「アトールテラス鴨川」、2019年8月31日より開業準備室スタート【株式会社ブラス】」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社ブラス
配信日時 2019年8月22日 15時40分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000018084.html
タイトル 京都初出店!2020年春オープンの結婚式場「アトールテラス鴨川」、2019年8月31日より開業準備室スタート【株式会社ブラス】

ブライダル事業を展開する株式会社ブラスは、2020年春に京都府京都市に結婚式場「アトールテラス鴨川」のオープンを予定しています。それに先がけて、2019年8月31日(土)より「アトールテラス鴨川」開業準備室でのブライダルフェア・結婚式の予約受付をスタートします。

【京都駅5分】東山を望む絶好のロケーション

2020年春、「アトールテラス鴨川」がオープンするのは京都駅から車で5分、最寄り駅の清水五条駅から徒歩2分の好立地。遠方ゲストにも喜ばれる抜群のアクセスでありながら、鴨川の畔で東山を望む絶好のロケーション。目の前に流れる高瀬川や、歴史ある木屋町の街並みなど、京都の風情を感じることができます。

また、店名の由来になっている「アトール(ATOLL)」はフランスの伝統色で、温かみのあるオレンジピンクの色合い。川沿いの桜や、夕日に染まる東山・鴨川の景観をイメージしています。

鴨川を望む絶景テラス付きの一軒家を1組で貸切に

祭壇正面の窓から四季の彩り豊かな鴨川や東山を望むチャペルは、120名まで収容可能。木の質感を活かした壁面が清楚で落ち着いた雰囲気を演出します。

オープンテラスに面した明るく開放的なパーティ会場は、120名着席可能なゆとりある広さ。会場内にはオープンキッチンを併設予定で、出来立ての料理を提供できます。結婚式のおもてなしの要である料理は、地元厳選食材を使った京フレンチ。料理長と新郎新婦が直接打ち合わせをして細かく相談ができるのも魅力。鯛めしやお茶漬けなど和の要素を取り入れるのも人気です。

また、アトールテラス鴨川でも、ブラスが創業当時から大事にしているオリジナルのウェディングスタイル「完全貸切ゲストハウス・ウエディングプランナー一貫制・オープンキッチン」が叶うので、1組のお客様で一軒家を貸切にすることができ、ふたりらしさを最大限に生かした結婚式が可能です。

出店の経緯

ブラスとしては、初進出となる京都エリア。当出店予定地の京都市は、同府の過半数となる人口約150万人を誇ると同時に、全国の市区町村でも有数の婚姻数のある都市です。当出店は、当該エリアにおけるドミナント戦略に則った出店で2017年3月開業の「ブランリール大阪」、2019年4月開業の「ブルーグレース大阪」に続く、関西3店舗目となります。県内外だけではなく、海外からも注目を集める古の街、京都。初進出エリアでも、当社の理念である「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」とともに、地域の方に永く愛される結婚式場を目指していきます。

施設情報

  • 結婚式場「アトールテラス鴨川」施設情報 ※2020年春開業予定
  • 施設名 :アトールテラス鴨川(ATOLL TERRASSE 鴨川)
  • 施設概要:結婚式場(1チャペル・1バンケット・1キッチンの一軒家貸切型ゲストハウス)
  • 収容人数:挙式人数~120名・パーティ会場着席~120名(予定)
  • 所在地 :京都府京都市下京区木屋町通五条上る下材木町448
  • アクセス:京阪清水五条駅から徒歩2分・JR京都駅からタクシーで5分・阪急河原町駅から徒歩6分
  • 公式サイト:https://www.atoll-terrasse.jp/

~開業準備室~

2019年8月31日(土)より開業準備室でのブライダルフェアや結婚式の予約受付をスタートします。
週末には【オープン記念特典付】【試食付】のブライダルフェアも実施します。この機会に、ぜひ「アトールテラス鴨川」開業準備室にお越しください!

開業準備室住所:京都府京都市下京区木屋町通五条上る下材木町448(現在建設中のアトールテラス鴨川内にて、ブライダルフェアを実施いたします)

フェア情報:https://www.atoll-terrasse.jp/

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要などについては、詳しくはリリースをご覧ください。

 

ブラスの新規出店・開業準備室オープンのリリースについて考察

と、上記のように新しい店舗・開業準備室をオープンします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。10年前と比べると結婚式場の新規出店もかなり落ち着いてきているので、新規出店関連のリリースが珍しかったので取り上げてみました。

新規出店時に考えること

一番に考えるべき(というか考えなければいけないの)は「投資回収できるのかどうか?」ですね。

新規出店をすると意思決定したときの投資回収期間は、一般的には7年~10年くらいじゃないかなと思います。以前の勢いのある時代であれば5年とか3年とかで考えていた会社もいるかもしれませんが、ここ数年の地価や建築費の高騰などに伴う開業コスト負担増と、マーケットシュリンクの影響によるなどを鑑みると、現実的には7年~10年くらいじゃないかなと。逆にそれ以上長い期間を考えて決めるのもどうかと思います。

ちなみに投資回収期間とは、例えば10億円で会場を造ったとして、毎年1億円の利益が出ると、

  • 10億円の投資÷1億円の回収/月=10年

このように計算します。つまり、開業にかかった費用を何年分の利益で回収するのか?の期間をどれくらいと想定しているか、ということですね。もし毎年の利益が2億円だったら回収期間は5年、利益が5億円だったら2年となります。なお、毎年の利益が1,000万円だと改修に100年かかるので、実質的には回収不能案件となります。

いざ造ると決まったら、どういうコンセプトにしようか、内装どうしようか、デザインは?導線は?などいろいろなことを具体的に考えていくのですが、その前に本当に投資分回収できるのか?をしっかり検討することが必要です。

これまでの10年とこれからの10年

今回のリリースの新規出店がどのような背景から決まったものなのか、どのような試算をして決まったものなのかは分からないですが、仮にこれから10年で回収すると踏んで決めていたとした場合に、おぉ、けっこうどうなるかわかんないなぁと思ったので、未来予測についても少し、書いてみます。

今から10年前に出店した会場があったとして、開業時はこんな感じでした。

  • ゼクシィは紙面がメイン
  • ハナユメは存在していない
  • プロデュースはほとんどない
  • スマホはほぼない、ほとんどみんなガラケー
  • LINEもない、インスタもない
  • リーマンショック直後

他にも上げればキリがないですが、10年前はこんな時代でした、この間、例えば結婚式場集客であればに雑誌からネットへ、媒体からSNSへと変わってきましたし、接客も即決主流が浸透、トレンドはオリジナルウェディングへなど、かなり大きく変わってきました。これらの変化を10年前に予測することはほぼ不可能だったと思います。だってSNS=mixiだった時代ですからね。

そして、これから先の10年はこれまでの10年よりも変化スピードのはない時代になると言われています。これはブライダルに限った話ではなく社会全体に言えることで、ほぼ間違いなくそうなると思います。つまり、予測不可能な時代です。

投資回収期間10年という投資をする場合(くどいですが、今回の新規出店がそうであるという話ではないです)、そういった時代の変化が起こったとしても、本質的なユーザーベネフィットを提供し続けられることが求められます。表面的なトレンドはめまぐるしいスピードで変わっていくことが予想されるからです。なので、新規出店に限らず回収期間の長い投資をするのであれば、見通しや予測の立て方はこれまでとは違うものであると認識して考えなければいけないのかなと思います。

 

ブラスの新規出店・開業準備室オープンのリリースについてまとめ

久々の新規出店に関するリリースの解説でした。京都は昔から結婚式場激戦区と言われていて、そもそもの数も多くかなり競争も激しいエリアなので、どういった展開をしていくのか楽しみです。

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界のお役立ち資料集 無料ダウンロード

ブライダル業界で働く方にとって役に立つ資料を公開しています。無料ダウンロードできます。

 ●ブライダル媒体からの集客攻略法

 ●SEO施策の概要とブライダル業界のメディア事例集

 ●ブライダルビジネスの業績管理の方法(勉強用資料)

 ●ブライダルビジネスの基礎(勉強用資料)

 ●ブライダルサービス全25種のビジネスモデル図解集

 ●結婚式場の予算フォーマット(エクセル)

など、今後も随時追加予定です。業界知識の習得や新規事業の企画などにぜひご活用ください。


ブライダル業界のお役立ち資料集を無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*