更新日 2020年04月16日

【プレスリリース考察】ボンアートがウェディングブーケを『絵画』に変身させるサービスをスタート

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、4/10に出た「【日本初】挙式後のウェディングブーケを『絵画』に変身。​感動の一瞬を、一生に残すウェディングサービスをスタート​」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 ボンアート株式会社
配信日時 2020年4月10日 9時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000055090.html
タイトル 【日本初】挙式後のウェディングブーケを『絵画』に変身。​感動の一瞬を、一生に残すウェディングサービスをスタート​

ボンアート株式会社は、​2020年4月10日(金)より、ウェディングサービス<ハナノエ>をスタートします。
◇ ハナノエの3つの特徴​
◇ 制作アーティスト
◇ サービス開始の経緯​
ハナノエの3つの特徴
⒈ ウェディングブーケから色素を抽出した絵の具を使用
結婚式で使用したウェディングブーケの花びらから、色素を抽出。抽出した色素と通常の絵の具とを、希望のイメージに再現できるよう弁用し、一点一点オリジナルで制作します。
2. 実績・経験豊富なアーティストによる制作
絵画は、ボンアート株式会社に所属するプロのアーティストが描きます。デザインプランは、当日に使用したブーケを描く3つのプランに加え、似顔絵やその他希望イメージのご要望にも対応可能です。
3. 飾るシーンに合わせて選べる3つのサイズ
サイズは飾るシーンに合わせ以下からお選び頂けます。
・S(20.3〜25.5cm)
・M(34.9~44.0cm)
・L(42.5〜51.7cm)
制作アーティスト
所属アーティスト 大森美瑠​(絵本画家)
1990年・石川県生まれ。多治見市在住。岐阜大学大学院美術教育学専攻卒業​。教育現場での出会いや課題感から、人を育てる環境づくり・心の居場所づくりをテーマとして制作活動を開始。これまでの作品に絵本「ぼくからみたら」や「ききあいの木」、「マイルの謎解き大冒険」などがある。絵本以外にも壁画、絵画の受注制作を行なっている。
▼Instagram:
https://www.instagram.com/ohmori.mille
▼HP
https://www.ohmorimille.com
3.サービス開始の経緯
ボンアート株式会社は、アートによる社会課題解決「Art for good 」を指針として活動を展開しております。これまで花を扱った装花や空間づくりにも力を入れ活動を行なって参りました。花業界の流通過程において、日々大量に廃棄される花に対して課題感を持ったことから、本サービスの立ち上げに至りました。
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

ボンアートの「ハナノエ」スタートのリリースについて考察

と、上記のようなキャンペーンを実施します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

サービスの概要と目的

結婚式で使用したお花(ブーケ)から色素を抽出して絵画を制作し、販売するという商品です。おそらく新郎新婦と直接契約になるのかなと思います(間に結婚式場が入ることはリリースを読む限りなさそう)。1つ1つ手作りということで対応数は限られていそうですが、これまででは初めて見た商品でした。

ウェディングアイテムのマネタイズ

リリースを出した企業の本意かどうかはわからないですが、個人的には結婚式で使ったアイテムの「結婚式以外での」マネタイズはもっと企画して言ったもいいと思います。
ビジネス構造上、結婚式場が仕入れて結婚式当日にお客様に提供して提供価格と仕入れの差額が利益になるという一方向の取引ですが、実は式後も物理的に残っているものもあるので、それを商品化することで結婚式以外のマネタイズポイントを増やし、結婚式そのものの価格を抑えることで経済的理由で結婚式をあきらめる人が少しでも減ったら…という思想です。アフターブーケなどもその思想の中の1つかもしれませんが…。
今回の商品の価格がいくらなのかはわからないですが、今後もこれまでとは異なる視点での商品企画が進むといいなと思っています。
 

ボンアートの「ハナノエ」スタートのリリースについてまとめ

こういった商品は今までなかったなぁと思ったので取り上げてみました。ブライダル関連の商品開発って実は業界外からの方が新しい発想で生まれやすいのかな?と最近思っていますが、結婚式で使う新商品だけではなく、結婚式を起点にした商品開発も今後は考えていけるとメリット多いですよね。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事